「顕微鏡」の版間の差分

2001:268:9434:CFAD:E4DF:A1A9:15DD:7148 (会話) による ID:85337998 の版を取り消し不要
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 差し戻し済み
(2001:268:9434:CFAD:E4DF:A1A9:15DD:7148 (会話) による ID:85337998 の版を取り消し不要)
タグ: 取り消し
 
'''顕微鏡'''(けんびきょう、{{lang-en|microscope}})とは、光学的もしくは電子的な技術を用いることによって、微小な物体を[[映写|投影]]し、[[肉眼]]で見える大きさの[[像]]を得る[[装置]]である。単に顕微鏡というと、[[光学顕微鏡]]を指すことが多く、絵文字では🔬で表される
 
光学顕微鏡は[[眼鏡]]屋の[[ヤンセン]]父子によって発明された。その後、顕微鏡は科学の様々な分野でこれまで多大な貢献をしてきた。その中で様々な改良を受け、また新たな形式のものも作られ、現在も随所に使用されている。顕微鏡を使用する技術のことを'''顕微鏡法(microscopy)'''、'''検鏡法'''という。また、試料を顕微鏡で観察できる状態にしたものを[[プレパラート]]という。