「AERA dot.」の版間の差分

→‎不祥事: バ美肉について追加
(→‎不祥事: 小泉環境相の発言を捏造)
(→‎不祥事: バ美肉について追加)
 
== 不祥事 ==
 
* [[2020年]]5月5日に「『マトリ』が次に狙うセレブタレント 昨年大麻逮捕の“元女優”と同ルートか」との見出しで、ある女性タレントをマトリ([[麻薬取締官]])が内偵捜査中で逮捕が近いという内容の記事を配信した。記事中の「彼女が住んでいるのは、東京都心にある超高級賃貸物件。それ以前は広さ200平方メートル以上で、家賃100万円以上の物件」などの記述から、タレントの[[ダレノガレ明美]]と特定可能であり、SNSで情報が拡散された<ref>{{Cite web|title=ダレノガレ明美が薬物疑惑報道で“法的措置”を示唆した「決定的な記述」とは?|url=https://www.cyzo.com/2020/05/post_240037_entry.html|website=日刊サイゾー|date=2020-05-06|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref>。7日、ダレノガレの所属事務所[[LIBERA (芸能事務所)|LIBERA]]は「今回のような虚偽のニュースを記事の削除をもって看過することはできないと判断し、内容証明で警告書の送付を行い、このような虚偽の記事が掲載された経緯の説明と訂正謝罪記事の掲載を求める所存です。万一、要求が通らない場合は断固として法的手段により対処して参ります」と公式サイトで表明した<ref>{{Cite web|title=ダレノガレ明美の所属事務所“虚偽報道”で抗議 内容証明で警告書送付「訂正謝罪記事の掲載を求める」|url=https://www.oricon.co.jp/news/2161570/full/|website=ORICON NEWS|accessdate=2020-05-17}}</ref>。12日、ダレノガレは、薬物疑惑の疑いを晴らすため、自ら毛髪検査を行ったことをTwitterで報告した<ref>{{Cite web|title=ダレノガレ明美、怒る きょう薬物検査、身の潔白証明へ(THE PAGE)|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200512-00010000-wordleaf-ent|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref>。14日、朝日新聞出版は「記事は関係者に対する十分な取材や事実確認ができておらず、ご批判を真摯に受け止め、記事を取り消し、ダレノガレ明美氏とLIBERA株式会社に深くおわび申し上げます」との謝罪文を公式サイトに掲載した<ref>{{Cite web|title=AERA dot.記事についてお詫び|url=https://publications.asahi.com/news/1370.shtml|website=朝日新聞出版 最新刊行物|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=AERA dot.配信記事でおわび|url=https://dot.asahi.com/info/2020051400078.html|website=AERA dot. (アエラドット)|date=20200514T190100+0900|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/14/kiji/20200514s00041000385000c.html|website=スポニチアネックス|accessdate=2020-05-17|title=ダレノガレ明美「本当にびっくり 薬物ですよ?」、ニュースサイトの謝罪に不満爆発|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|title=朝日新聞出版がネット記事で謝罪 ダレノガレさんに、確認不十分|url=https://www.47news.jp/culture/4815098.html|website=47NEWS|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref>。この謝罪文に対し、ダレノガレは不十分とし、「本当に謝罪する気持ちがあるのなら、訂正、謝罪文をしっかりネットニュースとして配信してもらいたい」などと述べた<ref>{{Cite web|title=ダレノガレ「正直納得できないです」朝日新聞出版が謝罪文掲載も憤る「本当に謝罪する気持ちあるなら…」|url=https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2020051402100161.html|website=中日スポーツ・東京中日スポーツ|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=ダレノガレ明美、怒り収まらず 謝罪文に元記事同様のインパクト持たす難しさ(THE PAGE)|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00010000-wordleaf-ent|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/05/17/kiji/20200517s00041000143000c.html|website=スポニチアネックス|accessdate=2020-05-17|title=ダレノガレ明美「本当にびっくり 薬物ですよ?」、ニュースサイトの謝罪に不満爆発|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|title=ダレノガレ明美、テレビで心境激白…直接謝罪の席で思いの丈を(THE PAGE)|url=https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200517-00010002-wordleaf-ent|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2020-05-17|language=ja}}</ref>。
*[[2021年]]7月4日に「[[小泉進次郎|小泉環境相]]は熱海災害を『私の仕事は雨が上がった後』と他人事 菅首相は都議選『勝利宣言』準備」との見出しで、[[熱海市]]で大規模な土砂崩れが発生した3日に[[東京都議会議員選挙]]の応援演説に立った[[小泉進次郎]][[環境大臣]]の発言を批判する記事を配信した。記事中では、小泉環境相が「これはテレビの中ですけど、[[静岡県]][[熱海市|熱海]]で大変大きな崖崩れ、土砂崩れが発生しました」と発言したとし、「小泉環境相にとって災害は、テレビの中の出来事で、雨が上がったら対応すればいいとも聞こえる発言だった」と批判した。しかし、「テレビの中ですけど」の部分は実際には「選挙の中ですけど」と発言しているとSNSで指摘があり、AERA dot.は記事の同箇所を訂正するとともに、上記の批判も「小泉環境相にとって災害は、雨が上がったら対応すればいい、とどこか他人事のように聞こえる発言だった」に変更した。その後5日までに、AERA dot.は記事の末尾に「記者の聞き間違いで関係者の方々には大変、ご迷惑をおかけしました。お詫び申し上げます」との謝罪を追記した<ref>{{Cite web|title=架空の発言で小泉進次郎氏を批判 AERA dot.が謝罪「記者の聞き間違いでした」|url=https://www.j-cast.com/2021/07/05415353.html|website=J-CAST ニュース|date=2021-07-05|accessdate=2021-07-05|language=ja}}</ref>。
*2021年09月1日に「『[[バ美肉]]』[[アニメ]]好きの20代新婚夫婦が女子高生を『殺害』した仰天の動機」との見出しで、[[東京都]][[墨田区]]の女子高生が殺害された事件で、逮捕された群馬県の夫婦について取り上げた内容の記事を配信した<ref name=":0">{{Cite web|title=20代新婚夫婦が女子高生を「殺害」した仰天の動機 〈dot.〉|url=https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2021090100071.html|website=AERA dot. (アエラドット)|date=20210901T172800+0900|accessdate=2021-09-03|language=ja}}</ref>。記事中の「略称で「バ美肉」と呼ばれるバーチャル美少女受肉ものが好きだという。バーチャル空間で美少女を[[3Dモデリング|3Dモデル]]、2Dアバターなどで作成。自分好みの声や[[コスチューム]]などをアレンジして活動、美少女になりきり、かわいさを徹底追及するものだという。」などの記述に対し、この事件と両容疑者の趣味がアニメ、「バ美肉」だったことを強引に結びつけているように見えるという批判の声が上がった<ref>{{Cite web|title=AERA dot.記事は「個人の趣味趣向に対する差別を扇動する」 女子高生遺体遺棄巡り抗議声明、朝日新聞出版が謝罪(J-CASTニュース)|url=https://news.yahoo.co.jp/articles/f8a35965effb4000935b3fb4b3ad3ed261f4cac0|website=Yahoo!ニュース|accessdate=2021-09-03|language=ja}}</ref>。VR文化振興団体のNPO法人[[バーチャルライツ]]は、同日Twitterで、「アニメ・バ美肉と犯罪に関連があるかのような印象を読者に与えるものであり、個人の趣味趣向に対する差別を扇動するだけでなく、自己表現の形としての性の多様性を侵害するものだと考えています。」という内容の「緊急声明」を発表し、報道に関する意見公募を行った<ref>{{Cite web|title=https://twitter.com/npo_vr/status/1433075486377144321|url=https://twitter.com/npo_vr/status/1433075486377144321|website=Twitter|accessdate=2021-09-03|language=ja}}</ref>。AERA dot.は、記事のタイトルを『「バ美肉」、アニメ好きの20代新婚夫婦が女子高生を「殺害」した仰天の動機』に修正。翌日、記事のタイトルをさらに修正し、「バ美肉」「アニメ」の箇所を削除した。あわせて、「記事は重大事件の容疑者の人となりに迫ろうとしたものであり、趣味と容疑とを関連づけるものではありません。しかし、読者に誤解を与えかねないとのご指摘を受け、見出しの「『バ美肉』、アニメ好きの」は削除しました。お詫びして訂正します。」との謝罪を追記した<ref name=":0" />。
 
== 脚注 ==
414

回編集