「バキュームブレーカ」の版間の差分

複数の問題追加等
(出典のない記述の除去)
タグ: メディア除去
(複数の問題追加等)
タグ: メディア追加 メディア除去
 
{{複数の問題
{{|出典の明記|date = 2015-05-06}}
 
|特筆性 = 2021年9月
[[File:TOTOTV1 -C75.jpg|240px|thumb|水洗式便所の[[フラッシュバルブ (栓)|フラッシュバルブ]]のバキュームブレーカ部]]
|孤立 = 2021年9月
[[File:TOTO TV1-VB--1.jpg|240px|thumb|[[フラッシュバルブ (栓)|フラッシュバルブ]]に取付られたバキュームブレーカ部]]
}}
 
[[File:TOTO TV1 断面.jpg|200px|thumb|フラッシュバルブ用バキュームブレーカ断面]]
 
[[サイフォン]]作用を起こす真空部分へ自動的に空気を送り込み、負圧の発生を防ぐことで逆サイフォン作用を防止するためのもののこと。
 
[[水洗式便所]]の[[フラッシュバルブ (栓)|フラッシュバルブ]]用バキュームブレーカの場合、給水管に[[負圧]]が生じると吸気口の吸気弁より空気を吸い給水塞止弁を閉じて汚水の逆流を防ぐ構造の機器であり、フラッシュバルブが閉止(便器の洗浄が終了)するたびにこの装置が作動して吸気弁より空気を吸気し、フラッシュバルブから[[便器|大便器]]に繋がっている配管内および大便器の吐水口までの便器内の管路を絶えず[[大気圧]]状態にし、汚水の逆流を防ぐ。
 
== 設置基準 ==
# 負圧破壊装置を内部に備えた給水用具は、負圧破壊性能試験により流入側からマイナス54キロパスカルの圧力を加えたとき、当該給水用具に接続した透明管内の水位の上昇が負圧破壊装置の空気吸入シート面から水受け部の水面までの垂直距離の2分の1を超えないこと。
# 水受け部と吐水口が一体の構造であり、かつ、水受け部の越流面と吐水口の間が分離されていることにより水の逆流を防止する構造の給水用具は、負圧破壊性能試験により流入側からマイナス54キロパスカルの圧力を加えたとき、吐水口から水を引き込まないこと。
# [[フラッシュバルブ (栓)|フラッシュバルブ]]が[[便器|大便器]]を[[制御]]している[[水洗式便所]]では、便器の溢れ縁から上方150ミリメートル以上の位置に必ずバキュームブレーカを取り付けなければならない。
 
== 注意事項 ==
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Toilets|便器・便所}}
* [[フラッシュバルブ (栓)]]
* [[水洗式便所]]
* [[便器]]