「三大ピラミッド」の版間の差分

 
== 前史 ==
クフによってこの地にピラミッドが建設されるまで、ギザの地は王墓の地となっていなかった。主に王墓が建設されていたのはギザの南にある[[サッカラ]]であり、世界最古のピラミッドとされる[[ジェゼル王のピラミッド]]もサッカラに建設されている。このピラミッドの建設は後世に多大な影響を及ぼし、それまでのマスタバ墓から代わって以後はピラミッドが王墓の中心的な様式となった。ジェゼル王のピラミッドはマスタバ墓を6段積み重ねたような、いわゆる[[階段ピラミッド]]であったが、その後ピラミッドの建設技術は進化していった。クフの前の王である[[スネフェル]]は[[ダハシュール]]に[[屈折ピラミッド]]を建設した。これはそれまでの階段ピラミッドから一段階進み、直線の稜線を持っていたものの、下部を急角度で建設したために上部で傾斜角を緩やかにせざるを得ず、上部と下部で傾斜が異なって屈折したように見えるピラミッドとなった。スネフェルはさらにその後、同じくダハシュールに[[赤いピラミッド]]を建設した。これは美しい二等辺三角形の形をした、世界最初の真正ピラミッドであり、ここでクフ王のピラミッドの建設を可能とした技術のかなりが出そろうこととなった。建設当時は綺麗に成形された石灰岩の化粧石が全体に施されていたため、ピラミッドの表面は滑らかで白く光り輝いていた。<ref>{{Cite web|title=「エジプトの大ピラミッド、建設当時はこんな風に白く輝いていた…」海外の反応 (2019年11月21日)|url=https://www.excite.co.jp/news/article/Labaq_51915648/|website=エキサイトニュース|accessdate=2021-09-07|language=ja}}</ref>
 
== クフ王のピラミッド ==