「重仁親王」の版間の差分

系図の復元
(系図の復元)
乱後、崇徳上皇は[[讃岐国]]に流罪になり、重仁親王は[[仁和寺]]に入り出家した。[[寛暁]]大僧正のもとで仏道に励んだが、[[1162年]]に足の病により死去した。
 
== 系図 ==
[[category:平安・鎌倉時代の皇族|しけひとしんのう]]
{{皇室平安後期}}
 
[[categoryCategory:平安・鎌倉時代の皇族|しけひとしんのう]]
{{生没年|しけひとしんのう|1140年|1162年}}
9,099

回編集