「マルカラスカル」の版間の差分

内容整理。出典の明記タグ除去
m (Bot: </br> → <br /> ∵Tag with incorrect syntax: Check Wikipedia #2)
(内容整理。出典の明記タグ除去)
タグ: メディア追加 メディア除去
 
{{出典の明記|date=2015年6月}}
{{競走馬
|名 = マルカラスカル
|英 = {{lang|en|Maruka Rascal}}<ref name="jbis"/>
|画 = [[ファイル:Maruka_Rascal.jpg|240px]]
|画 = [[ファイル:Maruka_Rascal.jpg|300px]]
|説 = 2008年11月16日 京都競馬場
|説 = 1000万下戦出走時<br>(2008年11月16日)
|性 = [[牡馬|牡]]
| = [[黒鹿毛牡馬|牡]]<ref name="jbis"/>
|色 = [[黒鹿毛]]<ref name="jbis"/>
|種 = [[サラブレッド]]
|種 = [[サラブレッド]]<ref name="jbis"/>
|生 = [[2002年]][[5月3日]]
|生 = [[2002年]][[5月3日]]<ref name="jbis"/>
|登 =
|死 =
|抹 = [[2011年]][[1月5日]]<ref name="rnikkei"/>
|抹 =
|父 = [[グラスワンダー]]<ref name="jbis"/>
|母 = トレアンサンブル<ref name="jbis"/>
|母父 = [[トニービン]]<ref name="jbis"/>
|産 = [[社台ファーム]]<ref name="jbis"/>
|国 = {{JPN}}([[北海道]][[千歳市]])<ref name="jbis"/>
|主 = [[河長産業]]<ref name="jbis"/>
|調 = [[瀬戸口勉]]([[栗東トレーニングセンター|栗東]])<br />→[[増本豊]](栗東)<br><ref name="jbis"/>
|厩 =
|績 = [[平地競走]]2132310勝<brref name="jbis"/>[[障害競走]]11戦7勝
|金 = 3億826万2000円<ref name="jbis"/>
|冠 = [[JRA賞最優秀障害馬]](2006年)<ref name="jbis"/>
|medaltemplates =
{{MedalJ・GI|[[中山大障害]]|2006年}}
{{MedalJ・GI|[[中山グランドジャンプ]]|2008年}}
}}
'''マルカラスカル'''(''{{lang|en|Maruka Rascal}}'')<ref name="jbis">{{Cite web|url= https://www.jbis.or.jp/horse/0000750268/ |title= マルカラスカル |work=JBISサーチ |publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2021-09-08}}</ref>とは[[日本]]の[[競走馬]]。主な勝ち鞍に[[2006年]]の[[中山大障害]]、[[2008年]]の[[中山グランドジャンプ]]を優勝祖母に2006年度の[[ダイナアクトレスJRA賞最優秀障害馬]]がいるに選出された
 
== 戦績 ==
*特記事項なき場合、本節の出典はJBISサーチ<ref name="jbisrcd"/>
[[平地競走]]では[[2004年]]10月にデビュー。[[ダート]]を中心に出走し3勝を挙げたが[[2005年]]のエニフステークスで12着と惨敗した後、同年12月より[[障害競走]]に転向する。障害初戦は平地実績から1番人気に推されるが飛越に拙いところを見せ、のちの[[重賞]]8勝馬の[[コウエイトライ]]の後塵を拝す。
 
[[2004年]]10月23日、[[京都競馬場]]での[[新馬|2歳新馬戦]]でデビューし、3着。2着を2回記録ののち4戦目で初勝利。2戦挟んで2勝目を挙げ、[[2005年]]7月の加古川特別を勝って3勝目を挙げたほか[[ユニコーンステークス]]、[[北九州記念]]の2重賞にも出走したが、10月のエニフステークス12着を最後に[[障害競走]]に転向する。
2戦目は相手に恵まれたこともあったが後続に3秒近く突き放す圧勝となり、その勢いのまま翌年の牛若丸ジャンプステークス、淀ジャンプステークスを連勝。しかし、ここで脚部不安を発症し戦線離脱を余儀なくされる。
 
12月の障害初戦を3着ののち2戦目で障害初勝利を挙げ、[[2006年]]に入って牛若丸ジャンプステークス、淀ジャンプステークスを連勝。休養を挟み、11月の1000万下条件戦と12月の境港特別を経て[[中山大障害]]に出走し、レースでは先手を取ってそのまま押し切り、重賞初勝利を障害G1競走で達成<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=17809 |title= 中山大障害、マルカラスカル圧勝 |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2006-12-23|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。2006年度の[[JRA賞]]各賞選考では最優秀障害馬に選ばれた<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=18076 |title= ディープインパクトが2年連続でJRA年度代表馬に |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2007-01-09|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。[[2007年]]2月、管理していた[[瀬戸口勉]]の引退に伴い[[増本豊]]厩舎に転厩<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=18982 |title= マルカラスカルは増本豊厩舎へ |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2007-02-28|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。秋に戦列に戻り、平地競走2戦を経て[[第130回中山大障害|中山大障害]]に出走も[[メルシーエイタイム]]の3着に終わった。
春夏を全休したマルカラスカルは11月に復帰し、平地競走を2回叩いて中山大障害に向かった。[[テイエムドラゴン]]、[[スプリングゲント]]、コウエイトライなどの有力馬が不出走とあって久々の障害戦復帰、中山未経験ながら[[メルシーエイタイム]]に次ぐ2番人気に推される。レースではスタート後すぐに先頭に立つと一度もハナを譲ることなく、最後の直線では追いすがるメルシーエイタイムを突き放して6馬身差をつけて圧勝した。調教師の瀬戸口勉、及び鞍上の[[西谷誠]]は共に[[1999年]]の[[ゴッドスピード (競走馬)|ゴッドスピード]]以来7年ぶりの中山大障害制覇となった。同年、[[JRA賞最優秀障害馬]]に選出された。
 
[[2008年]]初戦、牛若丸ジャンプステークスに勝利<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=25763 |title= 牛若丸JS、GI馬マルカラスカルが貫禄勝ち |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2008-01-19|accessdate= 2021-09-08}}</ref>するとそのまま[[中山グランドジャンプ]]に向かい、レースでは途中から先頭に立って最後はメルシーエイタイムに2秒2差つけて障害G1競走2勝目を挙げた<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=27635 |title= 中山GJ、マルカラスカル圧勝でJGI・2勝目 |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2008-04-19|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。秋は平地競走11着から[[イルミネーションジャンプステークス]]に出走し、2着ヘンリーゴンドーフに4秒6差をつけて勝利、鞍上の[[西谷誠]]もこれが障害競走通算100勝目となった<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=32947 |title= 西谷誠騎手、障害通算100勝達成 |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2008-12-06|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。中山大障害では1番人気に迎えられるも、レース中に外側に逃避する事案もあり[[キングジョイ]]の5着に終わった<ref>{{Cite web|url= https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=33464 |title= 中山大障害、キングジョイ&高田がJGI初制覇 |work= netkeiba |publisher=Net Dreamers Co., Ltd. |date= 2008-12-27|accessdate= 2021-09-08}}</ref>。その後約2年の長期休養を余儀なくされ、[[2010年]]12月の平地競走で復帰して中山大障害に出走したが[[バシケーン]]の7着に終わり、レース後に左前浅屈腱不全断裂の発症が判明したため[[2011年]]1月5日付で競走馬登録を抹消された<ref name="rnikkei">{{Cite web|url= http://keiba.radionikkei.jp/keiba/entry-195590.html |title= マルカラスカルが登録抹消、乗馬へ [News] |work= 中央競馬実況中継 競馬実況web |publisher= 日経ラジオ社 |date= 2011-01-04 |accessdate= 2021-09-08}}</ref><ref>{{Cite web|url= https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2010/12/30/kiji/K20101230Z00000820.html |title= 大障害で屈腱断裂…マルカラスカルが引退へ|work= スポニチアネックス - ギャンブル|publisher= スポーツニッポン |date= 2010-12-30 |accessdate= 2021-09-08}}</ref>。
その後、瀬戸口調教師の引退に伴い増本豊厩舎に転厩したが、再び脚部不安を発症。長期休養後、翌[[2007年]]11月の平地競走で復帰し、前年同様平地競走を2回叩いて[[第130回中山大障害]]に出走。連覇を狙ってのレースであったが、レース途中で先頭に立ちながらも最後まで粘りきれず3着に敗れた。
 
[[2008年]]は牛若丸ジャンプステークスに出走。コウエイトライと並んで先頭で迎えた最後の障害でコウエイトライが落馬、競走を中止し、そのままマルカラスカルが逃げ切り勝利を収めた。
その後、中山グランドジャンプに向かい、3番人気におされる。レースでは終始先行し逃げを打った[[フォレストダンス]]を大生け垣で交わして先頭に立つと最後の直線でメルシーエイタイムと[[テイエムエース]]を一気に突き放し、大差で勝利を収めた。
 
7か月の休養後、[[11月16日]]に平地競走に出走したが11着と大敗。その後、障害に戻り[[イルミネーションジャンプステークス]]に出走。2着に4秒以上の差を付けるという大差勝ちで格の違いを見せつけた。
 
しかし、次走の[[中山大障害]]では大竹柵飛越後に外側へ逸走。この影響もあってか5着に終わった。
その後、[[屈腱炎]]を発症して長期休養を余儀なくされた。
 
[[2010年]][[12月5日]]の平地競走で復帰したが10着、中山大障害では[[テイエムトッパズレ]]とハナを争い先行したが7着に敗れた。競走後、左前浅屈腱不全断裂を発症し、競走能力喪失となった。引退後は[[滋賀県]][[栗東市]]の金勝牧場で[[乗馬]]となる。
 
引退後は乗馬となり、[[滋賀県]][[栗東市]]の金勝牧場で繋養された<ref name="rnikkei"/>。
{{-}}
== 競走成績 ==
以下の内容は、JBISサーチ<ref name="jbisrcd">{{Cite web|url= https://www.jbis.or.jp/horse/0000750268/record/ |title= マルカラスカル 競走成績|work=JBISサーチ |publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2021-09-08}}</ref>、netkeiba.com<ref name="netrcd">{{Cite web|url= https://db.netkeiba.com/horse/result/2002100604/ |title= マルカラスカルの競走成績|work=netkeiba|publisher=Net Dreamers Co., Ltd.|accessdate=2021-09-08}}</ref>に基づく。
<!-- 障害競走の「距離(馬場)」節は「障」表記でよく、「芝」「ダ」などと書き分ける必要は全くない。出典元も「障」表記 -->
{| style="font-size:90%; text-align:center; border-collapse:collapse"
|colspan="3"|年月日
|競走名
|格
|頭<br />
|枠<br />
|馬<br />
|colspan="2"|オッズ<br />(人気)
|着順
|騎手
|斤<br />[kg]
|距離(馬場)
|タイム<br />(上がり3F/1F<ref group="race">障害戦は平均1F</ref>
|タイム<br />差
|勝ち馬/(2着馬)
|馬体重<br>[kg]
|-
|2004
|4
|6
|{{0|00}}4.3
|{{0}}(2人)
|{{0}}{{color|darkgreen|3着}}
|3着
|{{0}}[[福永祐一]]
|55
|芝1400m(良)
|{{0|R}}1:23.5 (35.6)
|{{0|-}}0.3
|[[ブライトトゥモロー]]
|494
|-
|
|2
|2
|{{0|00}}3.6
|{{0}}(3人)
|{{0}}{{color|darkblue|2着}}
|2着
|{{0}}福永祐一
|55
|芝1600m(良)
|{{0|R}}1:36.5 (35.5)
|{{0|-}}0.1
|アドマイヤワシ
|500
|-
|
|8
|12
|{{0|00}}1.8
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|darkblue|2着}}
|2着
|{{0}}福永祐一
|55
|芝1400m(良)
|{{0|R}}1:23.4 (36.3)
|{{0|-}}0.1
|[[エイシンドーバー]]
|498
|-
|
|2
|3
|{{0|00}}3.1
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}福永祐一
|55
|ダ1400m(良)
|{{0|R}}1:25.9 (37.2)
| {{Nowiki|-}}0.2
|(シルクゲイナー)
|502
|-
|2005
|2
|2
|{{0|00}}3.5
|{{0}}(2人)
|{{0}}5着
|{{0}}福永祐一
|56
|ダ1400m(良)
|{{0|R}}1:27.2 (38.1)
|{{0|-}}0.6
|ベストマインド
|492
|-
|
|2
|3
|{{0|00}}3.5
|{{0}}(1人)
|{{0}}8着
|{{0}}福永祐一
|56
|ダ1400m(良)
|{{0|R}}1:26.5 (38.6)
|{{0|-}}1.0
|ダンディズム
|490
|-
|
|6
|7
|{{0}}19.3
|{{0}}(7人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}福永祐一
|56
|ダ1400m(稍)
|{{0|R}}1:25.5 (38.3)
| {{0|-}}0.0
|(ヒカルバローロ)
|490
|-
|
|阪神
|マーガレットS
|{{OP}}
|15
|7
|13
|{{0}}85.5
|(12人)
|13着
|{{0}}[[川原正一]]
|56
|芝1400m(良)
|{{0|R}}1:22.5 (35.3)
|{{0|-}}1.6
|[[アイルラヴァゲイン]]
|486
|-
|
|197.3
|(13人)
|{{0}}5着
|{{0}}[[吉田稔 (競馬)|吉田稔]]
|56
|ダ1800m(良)
|{{0|R}}1:52.6 (38.2)
|{{0|-}}1.8
|[[カネヒキリ]]
|480
|-
|
|7
|11
|{{0}}28.1
|{{0}}(8人)
|10着
|{{0}}[[松田大作]]
|56
|ダ1700m(良)
|{{0|R}}1:47.8 (39.1)
|{{0|-}}1.1
|シンメイレグルス
|494
|-
|
|[[東京競馬場|東京]]
|[[ユニコーンステークス|ユニコーンS]]
|{{color|green|GIII}}
|16
|1
|311.4
|(12人)
|{{0}}8着
|{{0}}[[松岡正海]]
|56
|ダ1600m(良)
|{{0|R}}1:37.9 (37.5)
|{{0|-}}1.4
|カネヒキリ
|480
|-
|
|阪神
|鷹取特別
|{{small|1000万下}}
|15
|2
|2
|{{0}}29.9
|{{0}}(7人)
|{{0}}6着
|{{0}}福永祐一
|54
|ダ1800m(良)
|{{0|R}}1:53.2 (37.5)
|{{0|-}}1.0
|ラッキーブレイク
|488
|-
|
|阪神
|加古川特別
|{{small|1000万下}}
|16
|5
|9
|{{0}}39.8
|(10人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}[[菊沢隆仁]]
|52
|ダ1500m(不)
|{{0|R}}1:51.9 (37.5)
| {{Nowiki|-}}0.7
|(ルポルタージュ)
|494
|-
|
|[[小倉競馬場|小倉]]
|[[北九州記念]]
|{{color|green|GIII}}
|14
|6
|10
|{{0}}29.9
|{{0}}(8人)
|{{0}}9着
|{{0}}菊沢隆仁
|52
|芝1800m(良)
|{{0|R}}1:46.0 (35.8)
|{{0|-}}1.3
|[[メイショウカイドウ]]
|488
|-
|
|5
|9
|{{0}}34.8
|{{0}}(7人)
|12着
|{{0}}[[上野翔]]
|50
|ダ1800m(稍)
|{{0|R}}1:51.7 (37.9)
|{{0|-}}2.0
|[[ヴァーミリアン]]
|492
|-
|
|3
|阪神
|障害3歳以上未勝利
|
|14
|1
|1
|{{0|00}}3.0
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|darkgreen|3着}}
|3着
|{{0}}[[仲田雅興]]
|58
|障3000m(良)
|{{0|R}}3:18.7 (13.2)
|{{0|-}}0.1
|[[コウエイトライ]]
|498
|-
|
|24
|阪神
|障害3歳以上未勝利
|
|13
|6
|9
|{{0|00}}1.3
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}仲田雅興
|58
|障3000m(良)
|{{0|R}}3:18.4 (13.2)
| {{Nowiki|-}}2.9
|(ブライアンスキー)
|500
|-
|2006
|14
|京都
|牛若丸JSジャンプS
|OP
|14
|5
|8
|{{0|00}}2.2
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}[[西谷誠]]
|59
|障3190m(不)
|{{0|R}}3:38.9 (13.7)
| {{Nowiki|-}}0.1
|(マイネルオーパー)
|502
|-
|
|11
|京都
|淀JSジャンプS
|OP
|14
|6
|9
|{{0|00}}1.7
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}西谷誠
|60
|障3790m(良)
|4{{color|darkred|R4:16.4}} (13.5)
| {{Nowiki|-}}0.5
|(タガジョーシャトル)
|502
|-
|
|18
|京都
|3歳上1000万下
|
|15
|5
|10
|{{0}}12.4
|{{0}}(6人)
|12着
|{{0}}上野翔
|54
|ダ1400m(良)
|{{0|R}}1:26.3 (37.9)
|{{0|-}}1.9
|グランプリオーロラ
|506
|-
|
|阪神
|境港特別
|{{small|1000万下}}
|13
|2
|2
|{{0}}31.7
|{{0}}(9人)
|13着
|{{0}}[[石橋守]]
|56
|芝2200m(良)
|{{0|R}}2:17.9 (35.2)
|{{0|-}}1.5
|マイクラリネット
|506
|-
|
|[[中山競馬場|中山]]
|[[中山大障害]]
|{{color|red|J・{{GI}}
|16
|2
|3
|{{0|00}}6.0
|{{0}}(2人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}西谷誠
|63
|障4100m(良)
|{{0|R}}4:41.0 (13.7)
| {{Nowiki|-}}1.0
|([[メルシーエイタイム]])
|496
|-
|2007
|17
|京都
|3歳上1000万下
|
|15
|(14人)
|12着
|{{0}}石橋守
|57
|ダ1800m(良)
|{{0|R}}1:54.4 (38.0)
|{{0|-}}2.3
|アグネスネクタル
|506
|-
|
|2
|阪神
|3歳上1000万下
|
|16
|(15人)
|11着
|{{0}}石橋守
|57
|ダ2000m(良)
|{{0|R}}2:07.4 (38.0)
|{{0|-}}2.3
|コウエイノホシ
|504
|-
|
|中山
|中山大障害
|{{color|red|J・{{GI}}
|16
|4
|8
|{{0|00}}4.7
|{{0}}(2人)
|{{0}}{{color|darkgreen|3着}}
|3着
|{{0}}西谷誠
|63
|障4100m(良)
|{{0|R}}4:40.0 (13.7)
|{{0|-}}0.3
|メルシーエイタイム
|486
|-
|2008
|19
|京都
|牛若丸JSジャンプS
|OP
|14
|8
|14
|{{0|00}}2.8
|{{0}}(2人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}西谷誠
|63
|障3190m(良)
|{{0|R}}3:32.5 (13.3)
| {{Nowiki|-}}0.6
|([[テイエムヤマトオー]]
|506
|-
|
|19
|中山
|[[中山グランドジャンプ|中山グランドJ]]
|{{color|red|J・{{GI}}
|10
|4
|4
|{{0|00}}5.1
|{{0}}(3人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}西谷誠
|63.5
|障4250m(重)
|{{0|R}}4:57.7 (14.0)
| {{Nowiki|-}}2.2
|(メルシーエイタイム)
|484
|-
|
|16
|京都
|3歳上1000万下
|
|16
|(12人)
|11着
|{{0}}石橋守
|57
|ダ1800m(稍)
|{{0|R}}1:52.9 (36.8)
|{{0|-}}1.4
|キングブレーヴ
|506
|-
|
|6
|中山
|[[イルミネーションジャンプステークス|イルミネーションJSジャンプS]]
|OP
|16
|2
|4
|{{0|00}}1.3
|{{0}}(1人)
|{{0}}{{color|reddarkred|1着}}
|{{0}}西谷誠
|63
|障3570m(良)
|{{0|R}}4:00.6 (13.5)
| {{Nowiki|-}}4.6
|(ヘンリーコンドーフ)
|494
|-
|
|中山
|中山大障害
|{{color|red|J・{{GI}}
|16
|5
|10
|{{0|00}}1.4
|{{0}}(1人)
|{{0}}5着
|{{0}}西谷誠
|63
|障4100m(良)
|{{0|R}}4:45.7 (13.9)
|{{0|-}}0.7
|[[キングジョイ]]
|494
|-
|2010
|5
|阪神
|3歳上1000万下
|
|11
|(11人)
|10着
|{{0}}石橋守
|57
|ダ2000m(稍)
|{{0|R}}2:07.0 (39.0)
|{{0|-}}2.6
|([[ジョーモルデュー]])
|516
|-
|
|中山
|[[中山大障害]]
|{{color|red|J・{{GI}}
|12
|5
|5
|{{0|00}}4.1
|{{0}}(3人)
|{{0}}7着
|{{0}}西谷誠
|63
|障4100m(良)
|{{0|R}}4:48.8 (14.1)
|{{0}}2.7
|([[バシケーン]])
|502
|}
<references group="race"/>
 
== 血統表 ==
{{競走馬血統表|
|name = マルカラスカル
|inf = ([[ロベルト系]] / Northern Dancer4×4=12.50%)|
|f = *[[グラスワンダー]]<br />1995 栗毛
|ff = [[シルヴァーホーク|Silver Hawk]]<br />1979 鹿毛
|mmfm = Lady Victoria
|mmm = モデルスポート
|mmmf = *モデルフール<br />Model Fool
|mmmm = *マジックゴディス<br />Magic Goddess [[ファミリーナンバー|F-No.]][[1号族|1-x]]
|ref1 = <ref name="jbispe">{{Cite web|url= https://www.jbis.or.jp/horse/0000750268/pedigree/ |title= マルカラスカル 血統情報:5代血統表|work=JBISサーチ |publisher=公益社団法人日本軽種馬協会|accessdate=2021-09-08}}</ref><ref name="netpe">{{Cite web|url= https://db.netkeiba.com/horse/ped/2002100604/ |title= マルカラスカルの5代血統表|work=netkeiba|publisher=Net Dreamers Co., Ltd.|accessdate=2021-09-08}}</ref>
}}
|mlin = [[ロベルト系]]
祖母・ダイナアクトレスは[[中央競馬]]で重賞5勝。産駒には[[ステージチャンプ]]([[日経賞]]、[[ステイヤーズステークス]])、[[プライムステージ]]([[札幌2歳ステークス|札幌3歳ステークス]]、[[フェアリーステークス]])がいる。
|ref2 = <ref name="netpe"/>
 
|flin = マジツクゴデイス(GB)系
ほかにも近親に、祖母・ダイナアクトレスを同じくする[[スクリーンヒーロー]]([[ジャパンカップ]]、[[アルゼンチン共和国杯]])がいる。父も同じグラスワンダーであり、スクリーンヒーローとマルカラスカルは[[競走馬の血統|4分の3同血]]となる。
|FN = [[1号族|1-x]]
|ref3 = <ref name="jbispe"/><ref name="netpe"/>
|inbr = Northern Dancer 4 × 4 = 12.50%
|ref4 = <ref name="jbispe"/><ref name="netpe"/>
|}}
*おもな近親に[[ステージチャンプ]]([[日経賞]]、[[ステイヤーズステークス]])、[[プライムステージ]]([[札幌3歳ステークス]]、[[フェアリーステークス]])、[[アブソリュート]]([[東京新聞杯]]、[[富士ステークス]])、[[スクリーンヒーロー]]([[ジャパンカップ]]、[[アルゼンチン共和国杯]])、ベストアクター([[阪急杯]])<ref name="netpe"/>。
 
== 脚注 ==
[[競走馬の血統#競走馬の血縁関係|全弟]]に2011年[[新潟ジャンプステークス]]2着のトリビュートソング(2005年生)がいる。
{{Reflist}}
 
== 外部リンク ==
* {{競走馬成績|netkeiba=2002100604|yahoo=2002100604|jbis=0000750268|racingpost=704944}}
 
{{JRA賞最優秀障害馬}}