「遥海」の版間の差分

1,857 バイト追加 、 4 か月前
概要に、「科捜研の女」劇場版の主題歌に抜擢されたことを追加。経歴・活動に、TikTok、Twitter、Instagramを追加。
(→‎経歴・活動: 2021年9月3日「声」リリースの出所追加。)
(概要に、「科捜研の女」劇場版の主題歌に抜擢されたことを追加。経歴・活動に、TikTok、Twitter、Instagramを追加。)
== 概要 ==
遥海は、2020年5月20日に、シングル『Pride』(4月24日から先行配信<ref>遥海 Official Website>NEWS https://www.harumiofficial.com/news/archive/?518006</ref>)で[[ソニー・ミュージックレーベルズ]]/[[アリオラジャパン]]からメジャーデビューした本格派・実力派のシンガーである<ref>ソニーミュージック オフィシャルサイト>アーティスト https://www.sonymusic.co.jp/artist/harumi/ </ref><ref>『楽天ブックス』2020年5月19日「インタビュー」https://books.rakuten.co.jp/event/cd/harumi/</ref><ref>田中久勝『YAHOO JAPAN!』2020年5月18日「噂のシンガー・遥海、世界へ向けいよいよメジャーデビュー 「唯一無二の存在になりたい」https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20200518-00177832/ </ref><ref>Taishi Iwami 『ミーティア』2020年5月20日「遥海の声に帯びる普遍的な強さ。メジャーデビューシングル「Pride」」https://meetia.net/music/harumi-pride/ </ref><ref>白原ケンイチ 『Real Sound』2020年5月26日「遥海は混沌の時代に“一筋の光”をもたらすシンガー メジャーデビュー曲「Pride」が纏う気高さ」https://realsound.jp/2020/05/post-557456.html </ref>。
 
『Pride』は、テレビアニメ『[[波よ聞いてくれ]]』(2020年4月~6月)のエンディングテーマソングとなった<ref>TVアニメ『波よ聞いてくれ』公式サイト>音楽情報https://namiyo-anime.com/music/ </ref><ref>『スパイス』2020年1月23日「遥海 TVアニメ『波よ聞いてくれ』EDテーマに新曲「Pride」が決定」https://spice.eplus.jp/articles/264194 </ref>。
最近では、2021年9月公開の映画「[[科捜研の女 -劇場版-]]」(「[[科捜研の女]]」の劇場版)の主題歌「声」の歌手に抜擢されている<ref>映画『科捜研の女 -劇場版-』主題歌が、遥海「声」に決定!「とても光栄に思います」(THE F1RST TIMES 2021年7月22日)「沢口靖子コメント:『科捜研の女 -劇場版-』を、力強くのびやかな遥海さんの歌声が盛り上げてくださいます。光、新しい今日、見上げた空…何度やっても結果が出ない。でも、決して諦めず真実に辿り着こうと試みる…そんなマリコの精神と重なり、遥海さんの言葉が胸に響きました。」 https://www.thefirsttimes.jp/news/0000009562/ </ref><ref>山田哲人を支える歌姫・遥海、映画「科捜研の女」主題歌に大抜てき!(サンスポ 2021年7月22日) https://www.sanspo.com/article/20210722-54WMLCYO5NMSXBY2OBCV22PEJ4/ </ref><ref>『劇場版 科捜研の女』ポスターにキャスト21人勢ぞろい 主題歌は遥海が担当(ORICON NEWS 2021年7月22日) https://www.oricon.co.jp/news/2201154/full/ </ref><ref>遥海 「一生懸命、ではなく死ぬ気で歌った」『科捜研の女 -劇場版-』主題歌 深化したシンガーの現在地(田中久勝 『YAHOO JAPAN! ニュース』 2021年9月3日) https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20210903-00256387</ref><ref>遥海の奥底からの“声”が、まだ見えぬ一筋の光を感じさせてくれる(藤井美保 『THE FIRST TIMES』 2021年9月3日) https://www.thefirsttimes.jp/column/0000021580/</ref>。
 
遥海は、「言葉を歌で伝えるアーティスト」として、表現力の高さに定評があり<ref>「いわゆる本格派に該当するような歌い手は今も数多く存在するが、遥海独自の特長を挙げるとするならば、バラードにおけるずば抜けた表現力だろう。」白原ケンイチ 『Real Sound』2020年5月26日「遥海は混沌の時代に“一筋の光”をもたらすシンガー メジャーデビュー曲「Pride」が纏う気高さ」https://realsound.jp/2020/05/post-557456.html </ref><ref>(「丁寧で繊細且つエモーショナルでパワフルな歌声が描く景色やその浸透度はやはり唯一」Taishi Iwami 『ミーティア』2020年2月25日「シーンの未来を彩る遥海の歌声。メジャーデビューが発表された歓喜の夜」)https://meetia.net/music/harumi-live-2020-pride/ </ref>、本人も言葉や喜怒哀楽を伝えることを重視している
また、同日、「声」の配信リリースもされた<ref>遥海 「一生懸命、ではなく死ぬ気で歌った」『科捜研の女 -劇場版-』主題歌 深化したシンガーの現在地(田中久勝 『YAHOO JAPAN! ニュース』 2021年9月3日) https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20210903-00256387</ref><ref>遥海の奥底からの“声”が、まだ見えぬ一筋の光を感じさせてくれる(藤井美保 『THE FIRST TIMES』 2021年9月3日) https://www.thefirsttimes.jp/column/0000021580/</ref>。
 
そのほか、1か月に2回程度、「Music Terrace」という[[YouTube]]での無料生配信を行っており、[[TikTok]]でも歌の配信を行っている。また、[[Twitter]]、[[Instagram]]での発信も行っている。
 
さらに、2019年1月から、名古屋の[[ZIP-FM]]77.8の「[[Midnight Getaway]]」(毎週月曜日25時~25時半)という番組でラジオのナビゲーターを行っており、番組内でアカペラを披露すことも多い。<ref>ZIP-FM>Program>Midnight Getaway https://zip-fm.co.jp/program/Midnight_Getaway/ </ref><ref>「草ケ谷遥海が「遥海」に改名!! ZIP-FM「Midnight Getaway」番組スタート!」(Music Booster 2018年12月23日) https://musicbooster.co.jp/music/harumi-zipfm-midnightgetaway/ </ref>。
 
== ディスコグラフィ ==
325

回編集