「白馬城の花嫁」の版間の差分

m
links
m (link)
m (links)
 
== あらすじ ==
白馬の里で暮らす[[機織り]]娘のお君は孤児。[[水車]]番の六助じいさんから聞いた昔話。「お君と同じような境遇の娘の元へ若者が現れ彼女を見初めるが、実は若者はお殿様で娘は白馬城の花嫁になった」という話。この話に感激したお君は、いつの日か自分の前にもお殿様が現れ、白馬城の花嫁になれると堅く信じていた。そのお君の前に殿様とその家来だという三人組が現れる。実は殿様小僧(霧太郎)と伝次と長太の[[泥棒]]三人組の世を欺く姿。[[代官所]]の御金蔵を破り千両を頂いたはいいが、代官所の厳しい追跡を避けるための苦肉の策で、お君の家へ転がりこんだのである。お君はお殿様が現れたと本気で信じ大興奮。身をやつしているのは訳があり、実はいま[[お家騒動]]の真っ只中であり、悪[[家老]]の計略にはまり追われる身であると嘘をつく。他人を疑うこと知らないお君は、お家再興が叶い晴れて花嫁にしてもらうまでは、絶対殿様の傍を離れないという始末。それではと江戸へ連れてきたお君を、雑踏の中へ置き去りにする三人。途方に暮れてるお君は、親切な[[おでん]]屋のおじさん(実は昇り竜の富蔵)や[[十手]]持ちの親分仲町の太吉と知り合う。「きらく」という酒場で女中の仕事を紹介してもらい働くことに。お殿様と再会することを心の支えに、賑やかな毎日を過ごすお君であったが、そこへ江戸城の御金蔵が富蔵一味に襲われ五千両が奪われるという事件が勃発。殿様小僧たちは富蔵の計略で御金蔵破りの罪を着せられ捕まってしまう。殿様には会えないし、周囲も物騒になってきたので帰郷することにしたお君は、おでん屋のおじさんに暇乞いをしに行く。その話を聞いた富蔵は一味の隠れ場所として白馬の里を目指すことに。太吉の計らいで放免となった殿様小僧たちも富蔵一味を追いかけ白馬の里へ。代官に執り成す寸前で御用となる富蔵一味。殿様が帰ってきた事を知らされたお君は白馬城へ。しかし城内は瓦礫として誰もいない。やっとみな全てが、夢であることに気づいたお君の前に改心した霧太郎が現れ、いつの日かまた逢う事を約束して別れるふたりだった。
 
== スタッフ ==