「アブロ」の版間の差分

(翻訳中のテンプレートを外しました)
[[ランカスター (航空機)|ランカスター]]は成功した航空機であり、[[旅客機]][[ランカストリアン]]と[[哨戒機]][[シャクルトン (航空機)|シャクルトン]]はランカスターから派生している。ランカストリアンの後継として[[Tudor (航空機)|チューダー]]が開発されたが、他の旅客機との激しい競合のため成功したとはいえなかった。初飛行は[[1945年]]7月に行なわれ、[[Lincoln (航空機)|リンカーン]]の主翼とエンジンを流用していたが [[BOAC]] のキャンセルもあってわずか34機しか製造されず、旧式の[[ヨーク (航空機)|ヨーク]]が軍用・民用でより広く用いられる結果となった。[[ベルリン封鎖#.E3.80.8C.E3.83.99.E3.83.AB.E3.83.AA.E3.83.B3.E7.A9.BA.E8.BC.B8.E3.80.8D|ベルリン空輸]]作戦においてチューダー及びヨークは大きな役割を果たした。
 
冷戦期に有名な航空機に[[バルカン (爆撃機)|バルカン]]がある。バルカン爆撃機は[[イギリス]]の核報復抑止戦略の一環として[[ブルースチール (ミサイル)|ブルースチールMk.I]][[ミサイル]]を搭載しアラート任務についていた。アラート任務は比較的短期間で終了したが、[[1982年]]には[[フォークランド戦争|フォークランド紛争]]で通常爆撃任務に出動している。
 
1950年代には[[ロールス・ロイス]]ダートエンジンを搭載した双発[[ターボプロップ]][[旅客機]] [[アブロ748]]が開発され、世界中で広く販売された。民間以外にも[[イギリス空軍#.E8.BC.B8.E9.80.81.E6.A9.9F.E3.83.BB.E7.A9.BA.E4.B8.AD.E7.B5.A6.E6.B2.B9.E6.A9.9F|王室用飛行隊]](現 [[イギリス空軍#.E8.BC.B8.E9.80.81.E6.A9.9F.E3.83.BB.E7.A9.BA.E4.B8.AD.E7.B5.A6.E6.B2.B9.E6.A9.9F|第32王室飛行隊]])が数機を購入し、後部貨物室ドア及び伸縮式降着装置が追加された型が(合併後の社名である)[[ホーカー・シドレー]]・[[アンドーバー (航空機)|アンドーバー]]として[[イギリス空軍]]や[[英連邦]]各国で採用された。
匿名利用者