「姚広孝」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
[[File:Yao Guang Xiao.jpg|thumb|right|200px|姚広孝]]
'''姚 広孝'''(よう こうこう、[[元統 (元)|元統]]3年([[1335年]] - [[永楽 (明)|永楽]]16年[[3月18日 (旧暦)|3月18日]]([[1418年]][[4月23日]]))は、[[明]]初の[[政治家]]・[[軍師]]・[[僧侶]]。'''道衍'''(どうえん)の名でも知られる。
 
== 人物 ==
[[蘇州 (古代)|蘇州]][[相城区|長洲県]]の出身。[[医者]]の家柄であったが、14歳出家して[[密教]]を伝授された後、[[臨済宗]]に帰依し法名を道衍、号を独庵、以後は「独庵道衍禅師」と呼ばれた。また[[仏法道士]]の[[石応真]]から[[陰陽術]]と[[占術]]を学んだ。[[1385年洪武]]中期朝廷では[[朱元璋|洪武帝儒教]]の招聘を受けてその四男の燕王朱棣(後の[[永楽帝経典]])の軍師とに精通て仕えた僧侶を呼んで[[礼部]]で試験を行わせた。朱棣からこのとき陶淵多大なる信任官職を受けて重用され[[朱元璋|洪武帝]]は僧侶死後、朱棣に挙兵[[袈裟]]進言下賜し、帰した。これは洪武18年([[1385年]])、[[建文馬皇后 (洪武)|馬皇后]]が朱棣勢力冥福疎んじてい祈るらしく高僧を招いて諸王を侍奉し朱棣自身も建文帝即位を機道衍不満だったらしいこ洪武帝の四男・燕王朱棣(後の[[永楽帝]])から会い、彼が挙兵を進言したという。姚広孝はその軍師としての智謀をもた。以後、燕王の封地である[[北京市|北平]]に移住して建文帝軍を打ち破り、朱棣を永楽帝として即位させた([[靖難の変慶寿寺]]の住持でありながら燕王と頻繁に隠密な謀議を交わした
 
燕王からは多大なる信任を受けて重用され、洪武帝の死後、朱棣に挙兵を進言した。これは、[[建文帝]]が朱棣の勢力を疎んじていたらしく、また燕王自身も建文帝の即位には不満だったらしいことから、彼が挙兵を進言したという。姚広孝はその軍師としての智謀をもってして建文帝軍を打ち破り、燕王を永楽帝として即位させた([[靖難の変]])。
 
即位した永楽帝から、靖難の変における第一の功臣と賞されて「広孝」と名を与えられ、太子少師として永楽帝から厚遇を受けた。永楽帝時期には「太祖実録」・「永楽大典」の編纂に従事する傍らで「道余録」など仏教擁護・浄土信仰に関する著作を多く残している。
匿名利用者