「アリーナ立川立飛」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
日本建築構造センター(現・JSC株式会社)がシステム建築大手の横河システム建築([[横河ブリッジ#YBHDグループ|YBHDグループ]])と共同で開発を行った、構造を単純化・標準化して建設費・工期を半減させ、最長50年使用可能な仮設[[アリーナ]]「ローコストアリーナ」(LCアリーナ)の第1号案件として施工された<ref>{{Cite news|url=https://www.nikkei.com/article/DGXKZO11596850S7A110C1X91000/|title=50年もつ仮設アリーナ、建設費と工期半減|newspaper=日経産業新聞|publisher=日本経済新聞社|date=2017-01-14|accessdate=2019-11-30}}</ref>。
 
[[Bリーグ 2017年]]-[[2018年]]18|2017-18シーズン]]からB.LEAGUE1部(B1)では、「[[アルバルク東京]]が、本来本拠としている[[国立代々木競技場]]第2体育館の老朽化と[[2020年東京オリンピック]]・[[2020年東京パラリンピック|東京パラリンピック]]の会場として使用するための耐震補強改修工事を実施するため、レギュラーシーズンの主管試合30試合中26試合を開催するホームアリト(残り4試合は[[駒沢オリンピック公園総合運動場体育館]])として使用している。また、日本フットサルリーグ([[Fリーグ]])に所属する[[府中アスレティックフットボールクラブ]](立川・府中アスレティックFC)が、2019年-2019年シーズンより本拠地としてホームゲームを開催している。
 
このアリーナのある[[多摩都市モノレール]]・[[立飛駅]]周辺では、飛行場跡地の再開発の一環で、[[2015年]]に[[三井不動産]]との協働による「[[ららぽーと立川立飛]]」を開設、さらに近接の[[立川北駅]]にある[[国営昭和記念公園]]東の旧国有地にも2500人収容のコンサートホールやホテル・オフィスビルなどの土地の再開発を予定しており、これらを総合して立川市街地の賑わいづくりを目指している。なお現「ららぽーと立川立飛」の敷地には、かつて立飛企業が[[ゴルフ練習場]]と[[軟式野球|軟式]][[野球場]]を設置したことがあり、地域スポーツ振興に貢献したいとしている<ref>{{Cite news|url=https://toshoken.com/news/8740|title=立飛、立川にアリーナ建設へー立川最大級、2017年秋完成予定|newspaper=都商研ニュース|date=2017-01-10|accessdate=2019-11-30}}</ref>。
匿名利用者