「東京大学の建造物」の版間の差分

m
:赤門脇にある。[[1910年]]に[[人力車]]の車庫として建設された建物を[[国立大学法人]]化後に改装した。現存する本郷地区キャンパス最古の建物であり(最古の校舎は[[#理学部|理学部化学東館]]である)、東京大学全体でも[[#小石川植物園の建造物|総合研究博物館小石川分館]]に次いで古い建物である。東大グッズの他、大学の研究成果を生かした商品などが販売されている。
*懐徳館
:旧[[前田氏|前田家]]邸宅であり、[[天皇]]の[[行幸]]を目的として[[近代和風建築|和館]]([[1905年]]完成、北沢虎造設計)および[[西洋館]]([[1907年]]完成、[[渡辺譲]]設計)が建設され、[[日本庭園]]([[懐徳館庭園]])が整備された。
:[[1926年]]、[[駒場 (目黒区)|駒場]]の[[東京大学大学院農学生命科学研究科・農学部|農学部]]敷地(現 [[駒場公園 (目黒区)|駒場公園]])との敷地交換によって、その敷地とともに建物も東京大学に寄贈された。和館、西洋館ともに[[1945年]]の[[東京大空襲]]で焼失したが、和館は[[1951年]]に再建された。空襲で破壊された西洋館の煉瓦造りの旧構の一部はキャンパスの一角に保存されている。
*伊藤国際学術研究センター