「佐竹義宣 (右京大夫)」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア除去
 
{{otheruses|[[佐竹氏]]19代当主|佐竹氏10代当主|佐竹義宣 (伊予守)}}
{{基礎情報 武士
| 氏名 = 佐竹義宣
| 霊名 =
| 墓所 = [[秋田県]][[秋田市]]泉三嶽根の[[天徳寺 (秋田市)|天徳寺]]
| 官位 = [[従四位|従四位上]][[近衛府|左近衛中将]]、[[京職|右京大夫]]
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 主君 = [[豊臣秀吉]]→[[豊臣秀頼|秀頼]]→[[徳川家康]]→[[徳川秀忠|秀忠]]→[[徳川家光|家光]]
}}
[[ファイル:Maizurujou.JPG|thumb|200px|太田城址]]
'''佐竹 義宣'''(さたけ よしのぶ)は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]前期にかけての[[武将]]・[[大名]]。[[出羽国]][[久保田藩]](秋田藩)初代藩主。[[佐竹義重 (十八代当主)|佐竹義重]]の長男。母は[[伊達晴宗]]の娘。[[伊達政宗]]は母方の従兄にあたる<ref name=watanabe1980-96>{{Harvnb|渡部|1980|p=96}}</ref>。[[官位]]は[[従四位|従四位上]]・[[近衛府|左近衛中将]]、[[京職|右京大夫]]。[[佐竹氏]]19代当主。
 
[[出羽国]][[久保田藩]](秋田藩)初代藩主。[[佐竹義重 (十八代当主)|佐竹義重]]の長男。母は[[伊達晴宗]]の娘。[[伊達政宗]]は母方の従兄にあたる<ref name=watanabe1980-96>{{Harvnb|渡部|1980|p=96}}</ref>。[[官位]]は[[従四位|従四位上]]・[[近衛府|左近衛中将]]、[[京職|右京大夫]]。
 
== 生涯 ==
 
『徳川実紀』によれば、徳川家康は、義宣のことを、「'''今の世に佐竹義宣ほどの律儀な者はみたことがない'''」「'''しかし、あまり律儀すぎても困る'''」と評したとされるが、これは会津征伐における義宣の態度を念頭に置いたものである{{sfn|渡部|1980|p=265}}。
 
 
=== 秋田への転封 ===