「豊田正作」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
| 死没 = [[安政]]4年[[1月4日 (旧暦)|1月4日]]([[1857年]][[1月29日]])
| 改名 =
| 別名 =
| 別名 = [[仮名 (通称)|通称]]:金治郎(金次郎)、号:尊徳
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 = 誠明院功誉報徳中正居士
| 霊名 =
| 墓所 =
| 特記事項 =
}}
 
{{Infobox Scholar
諱は邦胤江戸生まれ1792年生まれ尊徳より4歳年下1827年12月(文政10年)(35 歳)、勤番で野州桜町に赴任(代官として)したが、尊徳の成功を望まない上司の指嫉があったらしく、ことごとに仕法を妨害し、領内を提乱した江戸に召喚され、案に相違して冷遇を受けた正作は、初めて己の愚を悟るとともに、次第に尊徳への畏敬の念をたかめ、鵜沢作衛門らをつうじて随身を希望するにいたった。
1835年2月(天保6年)(43 歳)念願かない桜町勤番となり、以後7年間、江戸·小田原への随行を含めて、懸命に尊徳を補佐する。1841 年(天保 12年)(49歳)尊徳が幕府に登用されると報徳方の勤番を命ぜられ、やがて小田原に赴任する。このころ御徒目付となる。その後山崎金五右衛門らとともに、仕法を推進しようとしたが、畳お気にて挫折。失意の晩年となり、小田原報徳社の世話をする程度にとどまる。<ref> (尊徳門人聞方集参照)</ref>
67

回編集