「一柳直重」の版間の差分

編集の要約なし
| 生誕 = [[慶長]]3年([[1598年]])
| 死没 = [[正保]]2年[[6月24日 (旧暦)|6月24日]]([[1645年]][[8月15日]])
| 改名 = 入道(幼名)<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156">『寛政重修諸家譜』巻第六百三</ref>{{sfn|一柳貞吉|1933|p=34}}、直重
| 別名 =
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 = 直指院殿見宗性{{sfn|一柳貞吉|1933|p=35}}
| 霊名 =
| 墓所 = [[東京都]][[港区 (東京都)|港区]][[芝公園]]の[[金地院 (東京都港区)|芝]]の[[増上寺金地院]]
| 官位 = [[従五位|従五位下]][[丹後国#武家官位としての丹後守|丹後守]]
| 幕府 = [[江戸幕府]]
| 藩 = [[伊予国|伊予]][[西条藩]]主
| 氏族 = [[一柳氏]]
| 父母 = [[]]:[[一柳直盛]]、[[]]:不詳
| 兄弟 = [[本多忠朝]]正室、'''直重'''、[[一柳直家|直家]]、[[一柳直頼|直頼]]、[[一柳直良|直良]]、[[一柳直澄|直澄]]
| 妻 = [[正室]]:'''[[菊亭公矩]]の娘'''
| 子 = '''[[一柳直興|直興]]'''、[[一柳直照|直照]]<ref>半左衛門。兄の直興から5000石を分与される。子孫は旗本として存続した。(『寛政重修諸家譜』巻第六百三)</ref>
| 特記事項 =
}}
 
== 生涯 ==
慶長3年(1598年)<ref name="kanseifu603_kokumin156"/>{{sfn|一柳貞吉|1933|p=35}}、[[山城国]][[伏見]]において<ref name="kanseifu603_kokumin156"/>、[[一柳直盛]]の長男として生まれる<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。
 
慶長14年([[1609年]])、丹後守に叙任<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。この年、徳川家康・徳川秀忠に拝謁<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。慶長19年([[1614年]])からの[[大坂の陣]]では父と共に参戦している<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。以後、徳川秀忠や徳川家光の上洛・日光社参に供奉<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。寛永10年(1633年)には、[[九鬼久隆]]転封後の[[鳥羽城]]守衛を父や弟とともに命じられている<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。
 
[[寛永]]13年([[1636年]])8月19日に父の直盛が死去。同年11月24日に父の遺領のうち3万石を継承、伊予西条藩主となった<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。このとき、次弟の直家に2万3000石余([[川之江藩]]→[[小野藩]])、三弟の直頼に1万石([[小松藩]])を分与している<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。
 
藩主として、陣屋町(喜多浜町)の構築や[[加茂川 (愛媛県)|加茂川]]の治水工事、新田開発などを行なって藩政の確立に尽くした。寛永17年([[1640年]])の[[讃岐国|讃岐]][[高松藩]]の[[生駒高俊]][[改易]]においては、[[松平定房]]や[[加藤泰興]]と共に高松城在番を務めた<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />。
 
正保2年(1645年)に48歳で)6月24日死去、48歳{{sfn|一柳貞吉|1933|p=35}}<ref name="kanseifu603kanseifu603_kokumin156" />跡を長男の[[一柳直興|直興]]が継いだ。
 
== 系譜 ==
*正室:[[菊亭公矩]]の娘
**長男:[[一柳直興]](1624-1702)
*側室:一柳盛晴の娘{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}
*生母不明の子女
**男子:[[一柳直照]]
 
直重の正室は寛永11年(1634年)8月16日没{{sfn|一柳貞吉|1933|p=28}}。[[伊勢国]][[河芸郡]]西野村(現在の三重県鈴鹿市西条)の妙祝寺に葬られた{{sfn|一柳貞吉|1933|p=28}}。法号「栄法院殿妙唱日繁大姉」{{sfn|一柳貞吉|1933|p=28}}。愛媛県西条市の日栄山[[妙昌寺 (西条市)|妙昌寺]]は、母の菩提を弔うために建立されたという{{sfn|一柳貞吉|1933|p=29}}{{efn|『一柳家史紀要』は直興の発願で建てられたとしているが、妙昌寺では寛永14年(1636年)に直重が建立したとし、山号と寺号は母(日栄)と室(妙昌)の法諡から採られているという<ref>{{cite web|url=http://nichieizan.jp/myosyoji.html|title=日榮山妙昌寺|publishet=妙昌寺|accessdate=2021-9-14}}</ref>}}。
 
『寛政譜』では二男直照を直興と同母としているが<ref name="kanseifu603_kokumin156"/>、一柳家の史料では一柳盛晴の娘とする{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}。一柳盛晴は、[[一柳直末]](直重の伯父)の娘婿となった稲葉源左衛門尉(一柳右京)末晴の二男で、その兄の直晴は一時期[[一柳直盛]](直重の父)の養子になっていたという{{sfn|一柳貞吉|1933|p=55}}。一柳氏は正室栄法院没後は「後室に準」じたという{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}。慶安5年(1652年)4月3日に没し{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}、西条市福武の[[常福寺 (西条市)|常福寺]]に葬られた{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}。法号「長養院殿菊源景広大姉」{{sfn|一柳貞吉|1933|p=31}}。
 
== 脚注 ==
{{Reflist脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Notelist}}
=== 出典 ===
{{Reflist|2|refs=
<ref name="kanseifu603_kokumin156">『寛政重修諸家譜』巻第六百三、[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082713/87 国民図書版『寛政重修諸家譜 第四輯』p.156]、『新訂寛政重修諸家譜 第十』p.156。</ref>
}}
 
== 参考文献 ==
*『[[寛政重修諸家譜]]』巻第六百三
**『寛政重修諸家譜 第四輯』(国民図書、1923年) [https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1082713/86 国立国会図書館デジタルコレクション]
**『新訂寛政重修諸家譜 第十』(八木書店、1965年)
*{{cite book|和書|author=[[一柳貞吉]]|title=一柳家史紀要 |year=1933 |url=https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1192151 |ref=harv}}
 
== 外部リンク ==