「ReiserFS」の版間の差分

編集の要約なし
m
'''ReiserFS'''は、[[Linux]]における初期の[[ジャーナリングファイルシステム]]の実装の一つ。[[カーネル|kernel]] 2.4.1から標準実装となった。1996年から[[ハンス・ライザー]](Hans Reiser)率いる開発チームにより開発されている。Linuxカーネルのソースコードに取り込まれたはじめてのジャーナリングファイルシステムであり、[[SUSE|SUSE LINUX]]、[[Slackware]]などのデフォルトの[[ファイルシステム]]である。
しかし、2006年10月23日にNovellが[[ReiserFS]]から[[ext3]]に乗り換えを発表し、
次期バージョンの[[SUSE|SUSE LINUX]]で、デフォルトのファイルシステムが[[ext3]]に変更される。
 
kernel 2.5からはセキュリティやツリー構造、プラグイン機能等、様々な改良を施したReiser4が採用されている。
匿名利用者