「伊予八藩」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
{{出典の明記|date=2011年4月}}
'''伊予八藩''' (いよはっぱん、いよはちはん)は、[[江戸時代]]に[[伊予国]](現在の[[愛媛県]])に置かれた8つの[[藩]]を指す、愛媛県の地方史における用語である<ref name="ehime_64-contents"/>。[[伊予国]]では幕政初期には領主の大規模な変動があったものの、17世紀半ば頃には8つの藩が成立し、幕末・廃藩置県まで200年余りにわたって藩主家が交代することなく地域を治めた状況を指す語である
 
== 八藩 ==
| 伊達家
| 1614年、[[伊達秀宗]]が入封
|
| 石高は増減あり
|-
| [[大洲藩]]