「西条陣屋」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加 曖昧さ回避ページへのリンク
 
[[画像:Saijo entry.jpg|thumb|260px|大手門(現在は県立西条高等学校正門)。[[寛政]]年間(1789年 - 1801年)の建設と推定されている<ref>{{cite web|url=https://www.wakayamashimpo.co.jp/2018/09/20180902_81272.html|title=西条藩を知る(3)「西条陣屋」大手門の歴史|publisher=わかやま新報|date=2018-09-02|accessdate=2021-9-15}}</ref>。]]
'''西条陣屋'''(さいじょうじんや)は、[[愛媛県]][[西条市]]明屋敷([[伊予国]][[新居郡]]西条)にあった[[陣屋]]。[[西条藩]]の藩庁である。西条城<ref name="nihonnoshiro"/><ref name="nikkoku"/>、西条館<ref name="nihonnoshiro"/>、桑村館<ref name="nihonnoshiro"/>、西条藩陣屋<ref name="nikkoku"/>などの名でも呼ばれる。陣屋跡は「西条藩陣屋跡」として愛媛県史跡に指定されている{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=1}}
 
== 概要解説 ==
[[File:Saijo city center area Aerial photograph.2010.jpg|thumb|260px|西条市中心部の空撮写真(2010年)。中央に濠を巡らせた陣屋跡(西条高等学校敷地)が見える。]]
[[外様大名]]の[[一柳直盛]]は[[寛永]]13年([[1636年]])、[[伊勢国]][[神戸藩]]より、1万8千石の加増をうけ、6万8千石で西条に入り立藩した。直盛は入封中に[[大坂]]で病没し、遺領の内3万石を嗣子[[一柳直重|直重]]が継ぎ、西条藩陣屋と周囲の陣屋町や商人町はこのとき構築されたものである。<ref>㈱第二アートセンター 「日本の城下町 10 四国」 [[ぎょうせい|㈱ぎょうせい]] 1981年(昭和56年)12月10日(絶版) 131p</ref>遺領の残りは[[播磨国|播磨]][[小野藩]]、[[伊予国|伊予]][[小松藩]]に分知された。[[寛文]]5年([[1665年]])、直重の子・[[一柳直興|直興]]は失政などを咎められ[[改易]]となった。
江戸期を通じて存続する西条陣屋およびその[[陣屋町]]の原型を築いたのは、[[外様大名]][[一柳氏]]の西条藩主・[[一柳直重]]である{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。
 
[[寛永]]13年([[1636年]])、[[伊勢国]][[神戸藩]]主であった一柳直盛は[[伊予国]][[西条藩]]6万8000石に移されることとなったが、入封途中に[[大坂]]で病没した。嗣子直重が遺領のうち3万石を継いで、第2代西条藩主となった。西条藩3万石を実質的に成立させたのは一柳直重と言える<ref name="ehime_7519"/>。直重は入封後、[[西条平野]]北部の新居郡神拝村で<ref name="ehime_4589"/>陣屋建設に着手した{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。
5年の[[天領]]時代を経て、[[寛文]]10年([[1670年]])、[[紀州藩]]初代藩主[[徳川頼宣]]の三男の[[松平頼純]]が3万石で入封した。第2代頼致は[[紀州藩]]主[[徳川吉宗]]が8代将軍となったため、宗家を継ぎ名を[[徳川宗直]]に改めた。
 
西条平野は[[河成平野]]であり{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=2}}、陣屋は[[加茂川 (愛媛県)|加茂川]]の[[扇状地]]<ref name="nikkoku"/>あるいは[[三角州]]<ref name="nihonnoshiro"/>に立地する{{efn|発掘調査報告書によれば、加茂川は「扇状地性氾濫原を形成した後に三角州に移化」するとある{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=2}}。}}。陣屋は東西2町4間、南北2町15間の規模で{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}、石垣を巻いて濠を巡らせた{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。濠の水は湧水を利用しているほか、喜多川の水路を付け替えて引き入れられている{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。濠の余水を海に流すために本陣川を開削した<ref name="ehime_4589"/>。本陣川河口部を港とし、これが西条港の起源とされるが、西条港の本格的な整備は近代に入ってからである<ref name="ehime_4589"/>{{efn|松平氏の時代の領内の主要港は市塚港と新兵衛港で、藩の公用には市塚港が用いられ、石鎚山への参詣客は[[氷見町|氷見]]の新兵衛港を多く利用したといい<ref name="ehime_4589"/>、本陣川河口の港は近隣の漁民が漁船の停泊場とした程度であったという<ref name="ehime_4589"/>。}}<ref name="ehime_4582"/><ref name="ehime_4589"/>。なお、神拝村の中央に陣屋と武家屋敷が置かれたことで、村は神拝甲(南部)と神拝乙(北部)の二地区に分かれることとなった<ref name="ehime_4589"/>。陣屋とそれを取り巻く武家屋敷地の東側は町人屋敷を置き、[[陣屋町]]の育成を図った<ref name="ehime_4582"/>。一柳氏の時代に町人地は喜多浜町と総称されたが、松平氏治世の延宝8年(1680年)以降、本町・中之町・魚屋町・大師町・横町・紺屋町の各町名で呼ばれる<ref name="ehime_4582"/>。
以降[[松平氏]]が10代続き[[松平頼英|頼英]]の時、[[明治維新]]を迎えた。松平氏は[[参勤交代]]を行わない[[江戸]][[定府]]大名であった。
 
一柳家は[[寛文]]5年([[1665年]])、直重の子・[[一柳直興|直興]]の代に失政などを咎められて[[改易]]となった。西条領はこののち[[徳島藩]]・[[松山藩]]の預かり地を経て、代官支配地(幕府領となる{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。陣屋と武家屋敷地は現在の明屋敷(あけやしき)にあたるが、明屋敷という名称には一柳家が改易されて収公された際、藩士が退去して「空き屋敷」になったことから来ているという説がある<ref name="ehime_4582"/>。
 
[[寛文]]10年([[1670年]])、[[紀州藩]]初代藩主[[徳川頼宣]]の三男の[[松平頼純]]が3万石で入封し、再び西条藩が立てられた{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。松平家は[[定府]]大名であり、[[参勤交代]]を行わないために藩主が領国に入ることは少なかった{{sfn|愛媛県埋蔵文化財センター|2014|p=77}}。
 
陣屋は明治4年(1871年)、廃藩置県を受けて取り壊されたが、下記の通り遺構が残る<ref name="ehime_4582"/>。
 
== 遺構 ==
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
<references />
=== 注釈 ===
 
{{Notelist}}
== 関連項目 ==
=== 出典 ===
* [[西条藩]]
{{Reflist|2|refs=
* [[紀州藩]]
<ref name="ehime_4582">{{cite web|url=https://www.i-manabi.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/32/view/4582|title=西条陣屋町の形成と発展/愛媛県史 地誌Ⅱ(東予東部)(昭和63年2月29日発行)|work=データベース『えひめの記憶』|publisher=愛媛県生涯学習センター|accessdate=2021-9-15}}</ref>
* [[紀州徳川家]]
<ref name="ehime_4589">{{cite web|url=https://www.i-manabi.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/32/view/4589|title=西条港の発展/愛媛県史 地誌Ⅱ(東予東部)(昭和63年2月29日発行)|work=データベース『えひめの記憶』|publisher=愛媛県生涯学習センター|accessdate=2021-9-15}}</ref>
<ref name="ehime_7519">{{cite web|url=https://www.i-manabi.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/57/view/7519|title=ひ/愛媛県史 人物(平成元年2月28日発行)|work=データベース『えひめの記憶』|publisher=愛媛県生涯学習センター|accessdate=2021-9-15}}</ref>
<ref name="nihonnoshiro">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E8%A5%BF%E6%9D%A1%E9%99%A3%E5%B1%8B-179962|title=西条陣屋|work=日本の城がわかる事典|accessdate=2021-9-15}}</ref>
<ref name="nikkoku">{{cite web|url=https://kotobank.jp/word/%E8%A5%BF%E6%9D%A1%E9%99%A3%E5%B1%8B-179962|title=精選版 日本国語大辞典|work=日本の城がわかる事典|accessdate=2021-9-15}}</ref>
}}
 
== 参考文献 ==
*{{citation|和書|title=西条藩陣屋跡 西条高校体育館改築工事に伴う埋蔵文化財調査報告書|author=愛媛県埋蔵文化財センター|publisher=愛媛県埋蔵文化財センター|year=2014|url=http://ehime-maibun.or.jp/kankobutsu_hoka/hokokusyo/185/hokokusyo_185.pdf}}
== 外部リンク ==
*[https://www.i-manabi.jp/system/regionals/regionals/ecode:2/32/view/4582 西条陣屋町の形成と発展/愛媛県史 地誌Ⅱ(東予東部)(昭和63年2月29日発行)] - データベース『えひめの記憶』
*{{kotobank|西条陣屋|日本の城がわかる事典、精選版 日本国語大辞典}}
{{DEFAULTSORT:さいしようしんや}}
[[Category:陣屋]]