「ノイジー・マイノリティ」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 ビジュアルエディター
'''ノイジー・マイノリティ'''({{lang-en-short|noisy minority}})または'''ラウド・マイノリティ'''({{lang-en-short|loud minority}})、'''ヴォーカル・マイノリティ'''({{lang-en-short|vocal minority}})とは、「声高な少数派」「声だけ大きい少数」「やかましい少数意見」である。彼等は顧客の中の数的劣位・もしくは顧客外だでないことさえあるが行動的なクレーマー気質で声が大きいために目立つ。しかし、彼らの主張を飲むと、本来の顧客・ユーザーを失う危険性が指摘される<ref name="isobe2012miyadai">{{Cite book |和書 |title=踊ってはいけない国、日本 風営法問題と過剰規制される社会 |author1=磯部涼 |authorlink=磯部涼 |author2=宮台真司 |authorlink2=宮台真司 |date=2012-08-30 |pages=46-48 |publisher=株式会社河出書房新社 |accessdate=2017-06-08 |isbn=9784309246017 |quote=行政を問題にする連中を僕は<クレージー・クレーマー>(<CC>と略称)と呼びます。彼らはラウド・マイノリティ(声だけデカイ少数者)に過ぎません。 }}※閲覧文献は2012年9月30日(2刷発行)。</ref><ref>ビジネスマンの「必須スキル」シリーズ 読む力ドリル(大和出版)p27,小宮一慶 · 2012 年
 
【お客様の話を聞くときにコンサルタントが心がけなければならないのは、「ノイジー・マイノリティに騙されない」ということです。ノイジー・マイノリティとは、「やかましい少数意見」という意味です。彼らは少数だが時間的余裕を持ち行動的で目立ちます。しかし、購買力・経済力が乏しい他者への糾弾や足を引っ張ることに精神的満足を得るルサンチマン・クレーマー気質が占め、実際の購買者・ユーザーですらない最悪の場合が多々あります。このように 多数派には支持されない彼らの主張・意見に従ってしまった場合、実際の顧客・購買者を占めるサイレント・マジョリティが不満の声も出さずに静かに離れてしまい、気づいた時には手遅れになる危険性があるからです。】</ref>。対義語は '''[[サイレント・マジョリティ]]'''が'''静かな多数派'''である。
3

回編集