「遠征移送ドック」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加
{{Infobox 艦級
{| class="wikitable" style="clear:right; float:right; margin: 0em 0em 1em 1em; width: 300px; background:#ffffff"
|名称=遠征移送ドック
|-
|画像=USNS John Glenn (T-MLP-2) underway in January 2014.jpg
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 遠征移送ドック
|画像説明=
|-
|艦種=[[遠征移送ドック|遠征移送ドック(ESD)]]
|colspan=3 align=center|[[File:USNS John Glenn (T-MLP-2) underway in January 2014.jpg|300px]]
|命名基準=[[アメリカ海兵隊|海兵隊]]の基地所在地および海兵隊元士官
|-
|建造所=[[:en:National Steel and Shipbuilding Company|ナショナル・スチール・シップビルディング]]社(NASSCO)
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"| 艦級概観
|運用者={{navy|USA}}
|-
|建造期間=2011年 -
|艦種||colspan=2| ?
|就役期間=2015年 - 就役中
|-
|同型艦=2隻
|艦名||colspan=2|海兵隊の基地所在地および海兵隊元士官
|計画数=
|-
|前級=なし
|style="white-space:nowrap; font-size:smaller"|建造期間||colspan=2|2011年 -
|準同型艦=
|-
|次級=最新
|style="font-size:smaller"|就役期間||colspan=2|2015年(予定) -
|要目注記=
|-
|排水量=<!--「[[トン数| トン]]」の使用を推奨-->
|前級||colspan=2|
|基準排水量=
|-
|軽荷排水量=
|次級||colspan=2|最新
|常備排水量=
|-
|公試排水量=
! colspan=3 style="color: white; height: 30px; background: navy;"|性能諸元
|満載排水量=81,435t
|-
|全長=239.3m
|[[排水量]]||colspan=2|満載:81,435t
|水線長=
|-
|垂線間長=
|全長||colspan=2|239.3m
|全幅=50m
|-
|水線幅=
|全幅||colspan=2|50m
|吃水=12m
|-
|飛行甲板=
|吃水||colspan=2|12m
|機関=[[ディーゼル・エレクトリック方式]]
|-
|主缶=
|機関方式||colspan=2|[[ディーゼル・エレクトリック方式]]
|主機=[[ディーゼルエンジン|ディーゼル]][[発電機]]×2基
|-
|推進器=
|機関||ディーゼル発電機||2基
|出力=
|-
|電力=<!-- 潜水艦向け -->
|style="font-size:smaller"|最大速力||colspan=2|15 [[ノット]]
|電源=
|-
|速力=<!--「{{Convert| | kn| km/h| lk = on}}」の使用を推奨-->
|style="font-size:smaller"|航続距離||colspan=2|9,500[[海里]]
|最大速力=15[[ノット]]
|-
|巡航速力=
|乗員||colspan=2|33名
|航続距離=9,500[[海里]]
|-
|燃料=<!-- トン -->
|艦載艇||[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇|LCACエアクッション揚陸艇]]||3隻
|航海日数=
|-
|潜航深度=
|}
|乗員=33名
|搭載能力=
|兵装=
|装甲=
|搭載機=
|搭載艇=[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇|LCACエアクッション揚陸艇]]×3隻
|C4I=<!--戦術情報処理装置やデータ・リンク装置など-->
|C4ISR=
|FCS=
|レーダー=
|ソナー=
|機雷戦=
|電子戦=<!--省略可能; ECM, ESM装置など-->
|特殊装備=<!--掃海装備など-->
|その他=
|備考=
}}
'''遠征移送ドック'''({{lang-en-short|Expeditionary Transfer Dock}}、ESD)、(旧称、'''機動揚陸プラットフォーム'''({{lang-en-short|Mobile Landing Platform}}、MLP))は[[アメリカ海軍]]が開発中の艦船。就航後には[[海上輸送司令部]]所属の補助艦艇として[[USNS]]の接頭辞を付され[[海上事前集積船隊]]に配属される。ESDは強襲揚陸任務の海上基地として利用される。
 
 
==概念と設計==
[[アメリカ軍]]が基地から離れた地点に大規模な強襲揚陸作戦を行う際に、[[ウェルドック]]と[[LCAC-1級エア・クッション型揚陸艇|LCAC]]を備える従来の[[強襲揚陸艦]]では艦の数と規模が限られ小規模な作戦しか行えない。大規模な揚陸作戦は[[港湾]]を利用する必要があるが、多くの場合は外国の領土であり政治的な問題が避けられない。そこで海上に兵站基地を設ける[[シー・ベイシング]]({{lang-en-short|seabasing}})の概念が提唱されるようになった。[[アメリカ海兵隊]]の装備を積み即応体制にある[[RO-RO船]]タイプの[[海上事前集積船隊]][[輸送艦]]からLCACや[[ヘリコプター]]などへ兵員や装備を移動させることができれば従来の問題を解決できる。このために導入されるのがMLPである。兵士や装備は[[喫水]]の深い大型輸送艦から、「海上の桟橋」として機能するMLPを介して直接揚陸作戦を行うLCACやヘリコプターに乗り換え任務に向かうことになる<ref name="DID">{{cite web |url=http://www.defenseindustrydaily.com/The-US-Navys-Mobile-Landing-Platform-Ships-06525/ |title=The US Navy’s Mobile Landing Platform Ships |date=Jan 26, 2012 |work=Defense Industry Daily |publisher=Watershed Publishing |accessdate=Feb 22, 2012}}</ref><ref>{{cite web |url=http://www.upi.com/Business_News/Security-Industry/2012/01/20/General-Dynamics-NASSCO-lays-keel/UPI-92561327084087/ |title=General Dynamics NASSCO lays keel |publisher=UPI |date=Jan 20, 2012|accessdate=Feb 22, 2012}}</ref>。
 
[[ジェネラル・ダイナミクス]]による初期デザインでは、6隻のLCACを備え2隻のLCACを同時に運用(ドック入り、荷下ろし、積み込み、発進)できるものだった<ref name=Scott>{{cite journal |last=Scott |first=Richard |date=30 September 2010 |title=Floating world: US Navy eyes Mobile Landing Platform as sea base pontoon |journal=International Defence Review |publisher=Jane's Information Group}}</ref>。輸送艦からMLPへの移動には折畳式[[ランプ]]を持つカーゴテック({{lang|en|Cargotec}})社のテスト・アーティクル・ビークル・トランスファー・システム({{lang-en-short|Test Article Vehicle Transfer System}})が予定されていた<ref name=Scott/>。この設計案のMLPは[[旅団]]規模の兵力を収容でき、速力は{{convert|20|kn|lk=in}}で最大航行距離は{{convert|9000|nmi|lk=in}}、1隻あたりの建造費は15億ドルと見積もられていた<ref name=Scott/>。
 
==概念実証試験==
[[File:Mobile Landing Platform.jpg|thumb|right250px|サンディエゴ沖で試験を行うUSNSワトキンズとMVマイティ・サーヴァント1]]
2005年にアメリカ海軍はMLPの概念実証試験の実行を認可した。[[重量物運搬船]]のマイティ・サーヴァント1をMLPに、RO-RO船の[[ワトソン級車両貨物輸送艦]]USNSワトキンズを[[海上事前集積船隊]]向けに計画中の新型艦に見立てて実験はおこなわれた。[[ワシントン州]][[ピュージェット湾]]で予備的な試験がおこなわれた後二隻は[[サンディエゴ]]沖に移動し、荷がワトキンスからマイティ・サーヴァント1、さらにLCACへ移された。マイティ・サーヴァント1の喫水はLCACが海面上に発進出来るよう調整された<ref name="global security">{{cite web |url=http://www.globalsecurity.org/military/systems/ship/mlp.htm |title=Mobile Landing Platform [MLP] |publisher=GlobalSecurity.org |accessdate=13 January 2011}}</ref>。
 
二回目の試験は[[バージニア州]][[ノーフォーク (バージニア州)|ノーフォーク]]沖でUSNSレッド・クラウドとマイティ・サーヴァント3を用いて2006年におこなわれた<ref name=DID/>。2010年には[[メキシコ湾]]においてマイティ・サーヴァント3とUSNSソダーマンを用いて試験された。波高が最大シーステート4の環境において、テスト・アーティクル・ビークル・トランスファー・システムと輸送船のランプ両方を用いて人員や[[ハンヴィー]]、[[M1エイブラムス]]などの装備を輸送艦からMLPを経由しLCACに移す作業がおこなわれた<ref>{{cite web |url=http://www.maritimedirectory.com.mt/newsread.asp?l=e&ID=721 |title=Cargotec's innovative 'Test Article Vehicle Transfer System' (TAVTS) can transfer battle tanks between ships at sea|publisher={{lang|en|Maritime Directory}}|date=2010年5月17日|accessdate=2011年1月13日}}</ref>。
{{-}}
 
==建造==
! 艦番号 !! 艦名 !! 発注 !! 起工 !! 進水 !! 就役
|-
|T-ESD-1||{{仮リンク|モントフォード・ポイント (ESD-1)|label=モントフォード・ポイント|en|USNS Montford Point (T-ESD-1)}}<br/>{{lang|en|USNS Montford Point}}||2011年<br>5月27日||2012年<br>1月19日||2012年<br>11月13日||2013年<br>5月
|-
|T-ESD-2||{{仮リンク|ジョン・グレン (ESD-2)|label=ジョン・グレン|en|USNS John Glenn (T-ESD-2)}}<br/>{{lang|en|USNS John Glenn}}||2011年<br>5月27日||2012年<br>4月17日||2013年<br>9月15日||2014年<br>3月12日
|-
|ESB-3||{{仮リンク|ルイス・B・プラー (ESB-3)|label=ルイス・B・プラー|en|USS Lewis B. Puller (ESB-3)}}<br/>{{lang|en|USS Lewis B. Puller}}||2013年<br>11月5日||2014年<br>11月6日||2015年<br>2月7日||2015年<br>6月12日
|-
|ESB-4||{{仮リンク|ハーシェル・『ウッディ』・ウィリアムズ (ESB-4)|label=ハーシェル・『ウッディ』・ウィリアムズ|en|USS Hershel "Woody" Williams}}<br/>{{lang|en|USS Hershel "Woody" Williams}}||2016年<br>8月2日||2017年<br>8月19日||2017年<br>10月21日||2018年<br>2月22日
|-
|ESB-5||{{仮リンク|ミゲル・キース (ESB-5)|label=ミゲル・キース|en|USS Miguel Keith (ESB-5)}}<br/>{{lang|en|USS Miguel Keith}}|| ||2018年<br>1月30日||2019年<br>10月19日||2021年<br>5月8日
|-
|ESB-6||{{仮リンク|ジョン・L・キャンリー (ESB-6)|label=ジョン・L・キャンリー|en|USS John L. Canley}}<br/>{{lang|en|USS John L. Canley}}||2019年<br>8月23日|| || ||
|-
|ESB-7||{{仮リンク|ロバート・E・シマネック (ESB-7)|label=ロバート・E・シマネック|en|USS Robert E. Simanek}}<br/>{{lang|en|USS Robert E. Simanek}}||2019年<br>8月23日|| || ||
|}