「平井卓也」の版間の差分

Revert to revision 85576672 dated 2021-09-16 07:00:36 by Nkmemo using popups
(Revert to revision 85576672 dated 2021-09-16 07:00:36 by Nkmemo using popups)
タグ: 手動差し戻し 差し戻し済み
== 不祥事・問題発言 ==
=== ネット党首討論会での暴言書き込み ===
* [[2013年]][[6月28日]]、[[ドワンゴ]]および[[ニワンゴ]]が主催し[[ニコニコ動画]]で配信された「ネット党首討論会」の中継動画に対して、同継会場いた平井が、[[福島瑞穂]]参議院議員に向けて「黙れ、ばばあ!」、討論会を欠席した[[日本維新の会 (2012-2014)|日本維新の会]]の[[橋下徹]]共同代表について「橋下、逃亡か?」などの[[ニコニコ動画#コメント機能|コメント]]を[[スマートフォン]]に打ちを使って書き込んでいたのを新聞記者に後ろからののぞき見された。また、自党の[[安倍晋三]][[自由民主党総裁|総裁]]に向けては「あべぴょん、がんばれ」などのコメントも書き込んでいた。[[東京新聞]]の取材に対し平井は「申し訳なかったが、(国会の)やじみたいなものだ。画面には流れていなかったはずだ」と釈明した<ref>{{cite news |title=自民・平井氏ネット党首討論に投稿 福島氏に「黙れ、ばばあ」 |url=http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013062902000121.html |newspaper=[[東京新聞]] |date=2012-06-29 |accessdate=2013-12-04 |archiveurl=https://web.archive.org/web/20130629083403/http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013062902000121.html |archivedate=2013-06-29 }}</ref>。
* なお、平井は同年4月11日にネットサポータークラブの会員を名乗る者による誹謗中傷が多いとして、そうした行為を行わないようメルマガなどで呼びかけ<ref name=jcast>[http://www.j-cast.com/2013/07/01178453.html?p=all 福島瑞穂党首に「黙れ、ばばあ!」と書き込み? 報じられた自民党ネットメディア局長はなぜか沈黙] JCASTニュース 2013年7月1日、2013年7月8日閲覧</ref>、討論会直前の[[6月17日]]に自身の[[Twitter]]上で「[[自由民主党 (日本)|自民党]]は他者の批判はせず、自分の[[政策]]を丁寧に訴えるのみです」と発言し<ref>[https://twitter.com/hiratakuchan/status/346416823333449728 2013年6月17日8:59のTweet]</ref>、6月19日には自身らが中心となり、ネット上の誹謗中傷を監視する「トゥルースチーム」を自民党本部内に立ち上げたばかりであった<ref name=jcast/>。
 
=== 国会審議中にワニ動画を視聴 ===
* [[2020年]][[5月13日]]に検察官の定年延長に関連する衆議院内閣委員会で、野党議員と担当大臣との質疑中に[[タブレット (コンピュータ)|タブレット]]端末で[[ワニ]]の動画を約5分間視聴していた。平井は「たまたま出た」と明している。衆議院事務局は質疑と関係の無い動画を観る行為を「好ましくはない」としている<ref>{{cite news |title= 検察庁法改正案審議中にワニの動画閲覧 自民・平井前科技担当相「たまたま出た」 |url= https://mainichi.jp/articles/20200513/k00/00m/040/181000c.amp |newspaper=[[毎日新聞]] |accessdate=2020-05-14}}</ref>。
 
=== 「パンデミック下でオリンピック開催」発言 ===
 
=== 「脅しておいた方がいい」発言 ===
* [[2021年]][[4月]]、内閣官房IT総合戦略室の内部会議で、いわゆる「オリパラアプリ」の事業内容見直しに伴う契約変更費削減をめぐり、強い意志で交渉共同事業体当たるようにという趣旨で、長年付き合いのある内閣官房の部下職員に対参加して、「いた[[日本電気|NEC]]に関して「NECには(五輪後も)死んでも発注しない」「今回の五輪でぐちぐち言ったら完全に干す」「どこか象徴的に干すところをつくらないとなめられる」などと発言。さらに、NEC会長の名をあげ、幹部職員に「脅しておいた方がいい」など発言した音声データが外部流出し求めていた。平井自身も記者会見の場でこうした発言の表現が適切ではなかったことを認め、併せて発言の意図は契約変更を適切に行うためであったと説明陳謝している<ref>[https://www.asahi.com/articles/ASP6B73PZP67TIPE01M.html 「徹底的に干す」「脅しておいて」平井大臣、幹部に指示] - 朝日新聞 2021年06月11日</ref><ref>{{Citenews|title=「ラフな表現になった」平井大臣、「脅し」発言を陳謝|url=https://www.asahi.com/articles/ASP6C3GDKP6CULFA001.html?iref=comtop_7_02|newspaper=朝日新聞DIGITAL|date=2021-06-11|accessdate=2021-06-11}}</ref><ref>{{Citeweb|title=平井デジタル相「発注先脅せ」 五輪アプリ経費削減で指示|url=https://nordot.app/775899987703562240|work=一般社団法人共同通信社|date=2021-06-11|accessdate=2021-06-11}}</ref><ref>{{Citeweb|title=平井担当相は「人格問われる」 五輪アプリ発言 野党一斉批判|url=https://www.jiji.com/jc/article?k=2021061101205&g=pol|work=JIJI.COM|date=2021-06-11|accessdate=2021-06-11}}</ref><ref>{{Citenews|title=NECを「脅しといたほうがいい」 平井担当相、公開の音声にも|url=https://mainichi.jp/articles/20210622/k00/00m/010/220000c|newspaper=毎日新聞|date=2021-06-22|accessdate=2021-06-23}}</ref>。
 
=== 官製談合防止法違反疑い ===
* 2021年6月、週刊文春は平井が上記の「脅しておいた方がいい」「完全に干す」と発言した席において、平井自身と近い関係にあるベンチャー企業を参加させるよう求める発言をしていたと伝えた。平井の発言は[[入札談合等関与行為の排除及び防止並びに職員による入札等の公正を害すべき行為の処罰に関する法律]](官製談合防止法)違反の疑いがあり、同法に違反した場合は発注機関の職員に5年以下の懲役または250万円以下の罰金が科せられ、大臣に刑罰が及ぶ可能性もあると指摘されている<ref>{{Citeweb|title=【新音声入手】親密企業の参入を指示 平井卓也デジタル相に官製談合防止法違反の疑い(全3ページ)|url=https://bunshun.jp/articles/-/46212|work=文春オンライン|date=2021-06-16|accessdate=2021-06-16}}</ref>。
 
=== 大臣政務官時代のIT企業株式購入 ===
平井が内閣府大臣政務官だった2006年6月に、[[国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範|大臣規範]]に反してIT企業「[[豆蔵ホールディングス]]」の株式を購入し、国会議員資産公開法で提出が義務づけられている資産報告書に保有の事実を記載および売却益も申告していなかったとしてい『週刊文春』が報じたこについて、平井は2021年7月16日の記者会見で「2006年の6月に株式を購入したということは、率直に私の不注意だったなと、その点はお詫びを申し上げたいと思います。そして、隠しているということでは全くなく、大臣の資産報告書にもきちんと書いてあります」と説明した<ref>{{Cite web|title=平井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 令和3年7月16日 - 内閣府|url=https://www.cao.go.jp/minister/2009_t_hirai/kaiken/20210716kaiken.html|website=内閣府ホームページ|accessdate=2021-09-14|language=ja}}</ref>。また、「豆蔵ホールディングス」のグループ会社である「ネクストスケープ」が、[[デジタル庁]]の関連事業である[[2020年東京オリンピック|東京五輪]]向け[[アプリケーションソフトウェア|アプリ]]を約6億6千万円で受注し、その後の契約見直し・事業費減額の流れの中でも「ネクストスケープ」が減額されていないのは、自身と「豆蔵ホールディングス」の親密な関係によるとの印象を与える報道がなされているとして、「ネクストスケープ社の請負額はデータ連携基盤の設計開発等の委託先である日本ビジネスシステムズ社との間で決められるものであり、私が関与することは一切ありません」と述べた<ref>{{Cite web|title=平井内閣府特命担当大臣記者会見要旨 令和3年7月9日 - 内閣府|url=https://www.cao.go.jp/minister/2009_t_hirai/kaiken/20210709kaiken.html|website=内閣府ホームページ|accessdate=2021-09-14|language=ja}}</ref>。
 
== 所属団体・議員連盟 ==