「モテキ」の版間の差分

→‎主な原作との相違点: 「悪い習慣」が入った経緯を出展とともに追加。
(→‎主な原作との相違点: 「悪い習慣」が入った経緯を出展とともに追加。)
 
*幸世と墨田は顔が似ているという設定がない。
*ドラマ第6話で中柴いつかがカラオケで歌う曲は、[[神聖かまってちゃん]]の「ロックンロールは鳴り止まないっ」であるが、原作では[[GOING STEADY]]の「銀河鉄道の夜」である。
* ドラマのサブタイトルも原作のサブタイトル同様に実在する楽曲が元ネタとなっているが、第9話の「NUM-AMI-DABUTZ」と第10話の「悪い習慣」は原作のサブタイトルにはない。このうち「悪い習慣」はキリンジのファンである主演の[[森山未來]]から監督に提案されて入ったものである。<ref>{{Cite book|和書|author=キリンジ |title=自棄っぱちオプティミスト |publisher=PARCO出版 |date=2010-10-16 |page=226 |isbn=9784891948375}}</ref>
*小野坂オムの年齢が26歳から32歳に変更されている。
*原作では幸世といつかは交流が途絶えたまま物語は終了し、番外編「モテキ ガールズサイド」でいつかのその後が描かれるが、ドラマでは「モテキ ガールズサイド」の場面がなく、物語終盤に幸世がいつかに連絡を取る場面がある。
366

回編集