「ა」の版間の差分

150 バイト追加 、 10 か月前
編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[グルジア語|ジョージア語]]では[[非円唇前舌広母音]][a]を表す<ref>{{Cite book|last=Aronson|first=Howard Isaac|title=Georgian: A Reading Grammar|url=http://www.seelrc.org:8080/grammar/pdf/stand_alone_georgian.pdf|year=1990|publisher=Slavica Publishers|isbn=978-0-89357-207-5|location=Columbus, OH|page=18, 20}}</ref>。[[記数法]]では数値1を表す<ref>Mchedlidze, II, p. 100</ref> 。
 
[[ジョージア (国)|ジョージア]]国内の[[ラズ語]]でも使用されている。[[トルコ]]国内で使用されているラズ語[[ラテンアルファベット|ラテン・アルファベット]]の「[[A]]」<ref>{{Книга|title=Description du dialecte laze d'Arhavi (caucasique du sud, Turquie): Grammaire et textes|url=http://theses.univ-lyon2.fr/documents/lyon2/2009/lacroix_r/pdfAmont/lacroix_r_these.pdf}}</ref>に対応する。[[アブハズ語]]([[1937年]]から[[1954年]]まで)<ref>{{Книга|title=Из истории письменности в Абхазии}}</ref>および[[オセット語]]([[1938年]]から1954年まで) <ref>{{Книга|title=История осетинского письма}}</ref>のグルジア文字表記法でも使用されていたが、現在は政治的な要因で[[キリル文字]]が主に使われ、「[[А]]」と記される。
 
[[アブハズ語]]([[1937年]]から[[1954年]]まで)<ref>{{Книга|title=Из истории письменности в Абхазии}}</ref>および[[オセット語]]([[1938年]]から1954年まで) <ref>{{Книга|title=История осетинского письма}}</ref>のグルジア文字表記法でも使用されていたが、現在は政治的な要因で[[キリル文字]]が主に使われ、「[[А]]」と記される。
 
ジョージア語のラテン文字化では「A」と記す<ref>[http://transliteration.eki.ee/pdf/Georgian.pdf Transliteration of Non-Roman Scripts. Transliteration of Georgian]</ref>。[[グルジア語の点字]]では記号⠁(U + 2801)<ref>UNESCO, World Braille Usage, Third Edition, Washington, D.C. p. 45</ref>となる。
== 字形 ==
{| border="1" cellpadding="5" cellspacing="0" style="border-collapse: collapse;text-align:center;"
! width="100" |'''アソムタヴルリ'''
! width="100" |'''ヌスフリ'''
! width="100" |'''ムヘドルリ'''
! width="100" |ムタヴルリ
|- bgcolor="white"
| align="center" |[[ファイル:Asomtavruli_a.svg|74x74ピクセル]]
| align="center" |[[ファイル:Nuskhuri_a.svg|60x60ピクセル]]
| align="center" |[[ファイル:Mkhedruli_letter_a.png|80x80ピクセル]]
| align="center" |[[ファイル:Mtavruli ani.svg|80x80ピクセル]]
|}
 
=== 筆順 ===
{| class="navbox collapsible collapsed" style="text-align: left; border: 1px; margin-top: 1em;"
! style="background-color:#ccddff; text-align: center;" |'''アソムタヴルリ'''<ref>Mchedlidze, I, p. 105</ref>
|-
|[[ファイル:Asomtavruli.svg|中央|550x550ピクセル]]
|}
{| class="navbox collapsible collapsed" style="text-align: left; border: 1px; margin-top: 1em;"
! style="background-color:#ffccdd; text-align: center;" |'''ヌスフリ'''<ref>Mchedlidze, I, p. 107</ref>
|-
|[[ファイル:Nuskhuri.svg|中央|550x550ピクセル]]
|}
{| class="navbox collapsible collapsed" style="text-align: left; border: 1px; margin-top: 1em;"
! style="background-color:#bbfa69; text-align: center;" |'''ムヘドルリ'''<ref>Mchedlidze, I, p. 110</ref>
|-
|[[ファイル:Mkhedruli.svg|中央|700x700ピクセル]]
=== 変化 ===
 
==== '''アソムタヴルリ''' ====
{| class="wikitable" style="width:100"
! width="1000" |'''<nowiki>アソムタヴルリの字形変化''': 5世紀|6-7世紀|8世紀|9世紀|10世紀|11世紀|12世紀|13世紀|14-15世紀|16世紀|17世紀|18世紀</nowiki><ref name="Mched2">Mchedlidze, II, p. 13</ref>
|-
| align="center" |[[ファイル:Asomtavruli_letter_a_(evolution_through_centuries).jpg|1000x1000ピクセル]]
{{CharCode|4256|10a0|-|アソムタヴルリ}}
{{CharCode|11520|2d00|-|ヌスフリ}}
{{CharCode|7312|1c90|-|ムタヴルリ}}
{{CharCode|4304|10d0|-|ムヘドルリ}}
|}