「中華民国空軍」の版間の差分

== 歴史 ==
=== 創設期 ===
中国に飛行機が持ち込まれたのは、1909年2月21日、上海競馬場にてフランス人ルネ・バロンが[[ロジャー・ソメール|ソメール]]複葉機を操縦したことに始まる{{Sfn|中山|2007|pp=16-18}}。1910年10月にはロシア人飛行家アレクサンドル・コセミンスキーが北京の天安門広場で[[ブレリオ XI]]の飛行を行った。また、1911年3月には広州出身で1909年にアメリカで中国人初飛行を成功させた米国籍中国人{{仮リンク|[[馮如|zh|冯如}}]]が、広州の燕塘にて自作の航空機で飛行した。中国籍としては浙江省出身の[[厲汝燕]]<ref>{{Cite web | url = http://www.flyingtiger-cacw.com/new_page_564.htm |title = 我國第一位飛行員 厲汝燕 |publisher = 中國飛虎研究學會 |language = 中国語 |accessdate = 2017-12-22 }}</ref>が[[1911年]][[10月17日]]に英国にてライセンスを取得した{{Sfn|中山|2007|p=19}}。清国政府もこうした動きを看過できず、[[新軍]]気球部隊の創設のほか、劉佐成と李寶浚に南苑に飛行機小試験廠を設置させた{{Sfn|中山|2007|p=19}}<ref>{{Cite web | url = http://www.shac.net.cn/mgdacs/mgsqjgsz/201411/t20141112_2371.html |title = (九)航空署(航空事务处) |publisher = 中国第二历史档案馆 |language = 中国語 |accessdate = 2018-01-16 }}</ref><ref>{{Cite web | url = http://www.csoca.org.tw/index.php/aviation-knowledge/%E6%B0%91%E8%88%AA%E5%B0%88%E8%AB%96/141-%E6%88%91%E5%9C%8B%E6%B0%91%E7%94%A8%E8%88%AA%E7%A9%BA%E9%81%8B%E8%BC%B8%E7%99%BC%E5%B1%95%E5%8F%B2%E7%B0%A1%E8%BF%B0-%E8%A3%9C%E9%81%BA |title = 我國民用航空運輸發展史簡述 補遺 |publisher = 中華民用航空学会 |language = 中国語 |accessdate = 2018-01-16 }}</ref>。
 
[[辛亥革命]]勃発後、[[黎元洪]]率いる{{仮リンク|中華民国軍政府鄂軍都督府|label=湖北軍政府|zh|中華民國軍政府鄂軍都督府}}は[[タウベ (航空機)|エトリッヒ・タウベ]]2機を発注。しかし機体が届いたころには革命は終結しており、南京臨時政府は南京衛戍司令部交通団の管轄下に初の航空隊である飛行営(営長:李寶浚)を組織する。しかし、北洋政府の成立後、飛行営は解体され、タウベは南苑に送られた{{Sfn|中山|2007|p=19}}{{Sfn|中山|2007|p=21}}。