「学校法人追手門学院」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加
== 沿革 ==
=== 設立から第二次世界大戦まで ===
[[ファイル:Takashima Tomonosuke.jpg|thumb|創設者[[高島鞆之助]]]]
[[File:Otemon Gakuin elementary school 20200809.jpg|thumb|追手門学院小学校(2015年撮影)]]
1888年(明治21年)、[[大阪鎮台]]司令官であった[[高島鞆之助]]中将により<ref name="e_history"/><ref name="e_130nen-01"/>、「国家有為の人材の育成」<ref name="e_130nen-01"/>を掲げる大阪偕行社附属小学校が創設された<ref name="e_history"/><ref name="e_130nen-01"/>。学校設立趣意書には「児童身体を鍛錬し、忠君愛国の精神を涵養し、質実剛健の志操及び独立自彊の心性の陶冶」を図るという教育方針が掲げられた<ref name="e_130nen-01"/>。開設当初より英語授業を実施したことは「国際教育」重視の表れとして現代の学園沿革が特筆している<ref name="e_history"/>。偕行社附属小学校は「西日本最古の私立小学校」であるとされる<ref name="e_130nen-01"/>。
 
発足当初は「大阪偕行社社員の子弟」すなわち軍人の子弟を[[陸軍幼年学校]]や[[海軍兵学校]]に進ませるという「軍人養成」を目標に掲げていたが<ref name="e_130nen-04"/>、1900年の[[小学校令]](第三次小学校令)制定やその改正などに沿い、私立小学校施行規則に即した学校教育を行うこととなった<ref name="e_130nen-04"/>。これにより軍人養成が目標から削除され、軍人子弟の比率は少ないものになった<ref name="e_130nen-04"/>。1915年時点では、財界・法曹界・医学関係者子弟等が8割以上を占め、軍人子弟は2割にも満たなかったという<ref name="e_130nen-04"/>。1913年に学校長に就任し、25年間その職にあった[[片桐武一郎]]は名校長とされ、片桐が定めた教育目標は戦後もほとんどが引き継がれた<ref name="e_130nen-05"/>。
 
1935年、大阪偕行社は中学校([[旧制中学校]])設立を決定<ref name="kori_history"/>、寝屋川に用地を確保する<ref name="kori_history"/>。1940年には大阪偕行社附属中学校が設立された<ref name="e_history"/><ref name="kori_history"/>。しかし財政難のため、[[山下亀三郎]]が設立した山水育英会([[学校法人桐朋学園]]の母体)に資金援助を求めて<ref>{{cite journal|和書|title=山下亀三郎と山水をたずねて|author=曾根真人|journak=桐朋学園同窓会会報|issue=40|year=2018|title=http://toho-dousoukai.net/letterzine/item/%E4%BC%9A%E5%A0%B140%E5%8F%B7%282017%29.pdf|accessdate=2021-9-18}}p.23</ref>1941年に第二山水中学校となり<ref name="kori_history"/>、第二次世界大戦後は香里学園を経て<ref name="kori_history"/>、現在の[[同志社香里中学校・高等学校]]となっている<ref name="kori_history"/>。
1940年には大阪偕行社附属中学校が設立された<ref name="e_history"/>。
 
=== 第二次世界大戦後 ===
第二次世界大戦の敗戦により、大阪偕行社は解散を命ぜられ、学校は運営主体を失った<ref name="e_130nen-07"/>。1946年2月、教職員・卒業生・保護者らの尽力によって「財団法人錦城育英会」が認可され、校名は「大阪偕行学園」と改められた<ref name="e_130nen-07"/><ref name="120nen-rekishi"/>。しかし、大阪偕行社の後継団体であるとして錦城育英会は同年12発に解散が命じられる<ref name="e_130nen-07"/><ref name="120nen-rekishi"/><ref name="120nen-rekishi"/>。折衝の末、1947年に'''財団法人大手前学園'''{{efn|現存の「[[学校法人大手前学園]]」は、1946年に偕行社跡地に「大手前文化学院」を設立した法人で、1951年に「学校法人大手前女子学園」を称した。男女共学化により2000年に「学校法人大手前学園」に改称した。}}が認可され、かつての大阪偕行社の色彩を消し去ることが条件とされた<ref name="e_130nen-07"/>。このため関係者は、学校存続のために形式的な面では「偕行社附属小学校とは関係のない新しい学校」であることを標榜した<ref name="e_130nen-07"/>。
 
1947年4月、大手前学園小学部と改称し、大手前学園中学部を開校{{efn|name="1947-04"|小学校沿革ページでは、それぞれ「大手前小学校」「大手前中学校」とある<ref name="e_history"/>。}}。同年11月、'''追手門学院'''に改称した<ref name="e_130nen-08"/>。近接地に大阪府立大手前高等女学校(1948年に[[大阪府立大手前高等学校]]と改称)を運営する大阪府から紛らわしいとの申し入れがあったためという。「追手門」は、学校所在地の旧町名「追手通」(明治以後「大手通」と記されるようになる)による<ref name="e_130nen-08"/>。
*1888年(明治21年)4月 - 大阪偕行社附属小学校が開設される<ref name="e_history"/>。
*1940年(昭和15年)4月 - 大阪偕行社附属中学校が開設される<ref name="e_history"/>。
*1941年(昭和16年)4月 - 「大阪偕行社学院」と改称する<ref name="e_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>{{efn|120周年記念サイトによれば「戦時体制により」改名とある<ref name="120nen-rekishi"/>。}}
*1946年(昭和21年)4月 - 「大阪偕行学園」と改称する<ref name="e_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>。
*1947年(昭和22年)
**4月 - 小学校を大手前学園小学部と改称<ref name="e_130nen-08"/><ref name="e_history"/><ref name="js_history"/><ref name="jh_history"/>。大手前学園中学部([[新制中学校]]・男女共学<ref name="120nen-rekishi"/>)を開校する<ref name="e_130nen-08"/><ref name="e_history"/><ref name="js_history"/><ref name="jh_history"/>{{efn|name="1947-04"}}。
**11月 - 「追手門学院」に改称<ref name="e_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>。
*1950年(昭和25年)4月 - 追手門学院高等学部を開設<ref name="js_history"/>{{efn|追手門学院中・高等学校沿革ページによれば、学院の新制高等学校は1948年(昭和23年)4月に「追手門学院高等学部」として創設、1949年(昭和24年)末設置認可、1950年(昭和25年)4月に第一回入学式挙行とある<ref name="jh_history"/>。}}。追手門学院小学校部と改称{{efn|小学校サイトで1947年11月と1950年4月の2か所に「追手門学院小学校部と改称」と記入されている<ref name="e_history"/>。}}
*1951年(昭和26年)4月 - [[私立学校法]]実施に伴い、[[学校法人]]追手門学院に改組<ref name="e_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>。
*1966年(昭和41年)4月 - 追手門学院大学を茨木市西安威(安威キャンパス)に開設<ref name="jh_history"/>。
*1967年(昭和42年)4月 - 追手門学院は茨木学舎・大手前学舎の両学舎に中学部・高等学部を置く{{efn|これについて小学校サイトは「大手前学舎中・高等学に一に加え、を残して茨木学舎中・高等学部発足」市に移転<ref name="e_history120nen-rekishi"/>、大手前中学校サイトは「両学舎(大手前・茨木)また学部・高等学部を発足<ref name="js_history"/>、追手門学院中学・高校サイトはを併設し追手門学院高等学校を茨木市に移転、同時に中校を新設と称す<ref name="jh_history120nen-rekishi"/>とある。}}
**これにより、追手門学院は茨木学舎・大手前学舎の両学舎に中学部・高等学部を置くことになる{{efn|これについて、小学校サイトは「大手前学舎中・高等学部に加え、茨木学舎中・高等学部発足」<ref name="e_history"/>、大手前中学校サイトは「両学舎(大手前・茨木)中学部・高等学部を発足<ref name="js_history"/>、追手門学院中学・高校サイトはを「追手門学院高等学校を茨木市に移転、同時に中学校を新設」<ref name="jh_history"/>とある。}}。
*1969年(昭和44年) - 追手門幼稚園を豊中市に設立<ref name="e_history"/><ref name="jh_history"/>。教育研究所設置<ref name="e_history"/>。
*19711969年(昭和4644)4月 - 追手門学院小学校部幼稚園追手門学院小学校と改称豊中市に設立<ref name="e_history"/><ref name="jh_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>。
*19801970年(昭和5545)4月 - 大手前学舎の中等部・高等学部を追手門学院大手前中学校・高等学校と改称教育研究所設置<ref name="e_history"/><ref name="120nen-rekishi"/>。
*1971年(昭和46年)4月 - 小・中・高等学部をそれぞれ小・中・高等学校に改称<ref name="120nen-rekishi"/>。
*1980年(昭和55年)4月 -
**追手門学院中学校・高等学校の名称を、追手門学院大手前中学校・高等学校に変更する<ref name="120nen-rekishi"/>。
**追手門学院中学校・高等学校を茨木校地に認可設立<ref name="120nen-rekishi"/>。
*2019年(平成31年) - 茨木市太田東芝町に茨木総持寺キャンパス開設、大学の一部および追手門学院中学校・高等学校を移転<ref name="jh_history"/>。
 
<ref name="e_130nen-08">{{cite web|url=https://www.otemon-e.ed.jp/introduction/p120/08.html|title=追手門学院の誕生|work=写真で見る130年|publisher=追手門学院小学校|accessdate=2021-9-17}}</ref>
<ref name="e_130nen-10">{{cite web|url=https://www.otemon-e.ed.jp/introduction/p120/10.html|title=昭和40年代以降の昭和時代|work=写真で見る130年|publisher=追手門学院小学校|accessdate=2021-9-17}}</ref>
 
<ref name="120nen-rekishi">{{cite web|url=http://www.otemon.jp/120shunen/rekishi.htm|title=昭和40年代以降の昭和時代|work=創立120周年記念事業|publisher=追手門学院|accessdate=2021-9-17}}</ref>
 
<ref name="js_history">{{cite web|url=https://www.otemon-js.ed.jp/js/about/history.html|title=沿革|publisher=追手門学院大手前中学校|accessdate=2021-9-17}}</ref>
 
<ref name="jh_history">{{cite web|url=https://www.otemon-jh.ed.jp/about/history/|title=沿革|publisher=追手門学院中・高等学校|accessdate=2021-9-17}}</ref>
 
<ref name="kori_history">{{cite web|url=https://www.kori.doshisha.ac.jp/sg/history|title=学校沿革|publisher=同志社香里中学校・高等学校|accessdate=2021-9-17}}</ref>
}}
== 外部リンク ==
 
{{学校法人追手門学院}}
 
{{Education-stub}}
{{デフォルトソート:かつこうほうしんおうてもんかくいん}}