「周旋」の版間の差分

「国際法における周旋」節書き換え、cat
m
(「国際法における周旋」節書き換え、cat)
 
 
== 国際法における周旋 ==
[[国際法]]において'''周旋'''とは、第三国が紛争当事国の交渉を援助することである<ref name="国際法辞典175">「周旋」[[#国際法辞典|『国際法辞典』]]、175頁。</ref>。第三国は交渉のための会場の設備や通信の便宜など、事務的な援助を行い、第三国が自ら交渉内容に立ち入ることがないという点で[[調停 (国際法)|調停]]とは異なる<ref name="国際法辞典175"/>。1907年の[[国際紛争平和的処理条約]]においては、周旋が[[国際紛争の平和的解決]]手段の一つとして定められた<ref name="国際法辞典175"/>。
[[国際法]]において'''周旋'''とは[[国際紛争]]の解決策の一種である。第三国が[[紛争]]の平和的な解決のために当事国に対し交渉開始のために便宜を図るまたは、開始された交渉の進行を図る事で、当事国同士の交渉が困難な場合などに用いられる。なお、紛争解決策を具体的に[[勧告]]する[[仲介]]や[[居中調停]]とは違い当事国間の交渉に第三国は直接参加することはない。
 
== 出典 ==
<references/>
 
== 参考資料 ==
* 法令用語事典([[学陽書房]]、ISBN 4-313-11308-8)
*{{Cite book|和書|author=筒井若水|year=2002|title=国際法辞典|publisher=有斐閣|isbn=4-641-00012-3|ref=国際法辞典}}
 
{{law-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:しゆうせん}}
[[Category:国際紛争の平和的解決]]