「国際紛争の平和的解決」の版間の差分

(→‎手続き選定の自由: 日本語訳と明記)
 
====== 総会 ======
「国際の平和及び安全の維持」については上記のように安保理が第一次的な責任を有するが、[[国際連合総会|総会]]にはより討議対象事項の点ではより広い一般的な権限が認められている<ref name="杉原411-414"/>。しかし総会の権原は安保理との関係において制約を受ける<ref name="杉原411-414"/>。[[:s:国際連合憲章#第11条|国連憲章11条2項]]によれば、「国際の平和及び安全の維持」に関わる問題で「行動を必要とするもの」については、総会における討議の前または後に、安保理に付託しなければならないと定められている<ref name="杉原411-414"/>。ただし、 [[国際司法裁判所]]が[[国連経費国際司法裁判所勧告的意見|国連経費事件]]においてこの「行動」とは[[国際連合憲章第7章|国連憲章7章]]にもとづく強制行動を意味するものと狭く解釈する判断を示すなど、実際には総会が活動する余地は広く認められていると考えられている<ref name="杉原411-414"/>。
 
====== 事務総長 ======