「大正天皇実録」の版間の差分

m
→‎実録の完成: replaced: 皇太后宮太夫 → 皇太后宮大夫
m (→‎実録の完成: replaced: 皇后宮太夫 → 皇后宮大夫)
m (→‎実録の完成: replaced: 皇太后宮太夫 → 皇太后宮大夫)
そして、紆余曲折を経つつも1936年末に大正天皇実録は完成した{{sfn|堀口修|2010b|p=7}}。1936年12月21日付けの「大正天皇実録完成ニ付報告案」が渡部信図書頭から[[松平恒雄]]宮内大臣に出され、「大正天皇御事蹟八十五冊、今般一応完成」などとしている{{sfn|堀口修|2010b|p=7}}。この報告案に添付されていた別紙「大正天皇実録編集概要」(1936年12月付け)によると、この時点で実録本文は85冊5,086ページとなっており、実録の編纂について「謹ミテ按ズルニ、天皇ノ御治世ハ十有五年ニ過ギザレドモ、東宮御時代ハ二十余年ノ長キニ亘リ、其ノ間地方行啓ノ如キモ殆ンド全国ニ普ク、遠ク朝鮮ニモ及ビ、御降誕ヨリ合セテ四十八年間ノ御事歴ヲ叙セザルベカラザルヲ以テ、御実録ノ謹修ハ必シモ容易ナラズ。」として実録の編纂の難しさを強調し、内容に関しては「時ヲ経ルコト余リニ近キガ為メ機密ニ属スル史料ノ蒐集甚ダ困難ニシテ、結局省内史料ノ遺漏ナキヲ期シ、御日常ノ御起居ヲ主トシ、宮務ニ関スル御治績ノ一斑ヲ叙述スルニ限定セザルヲ得ザルニ至レリ。加之本年ハ十年御式年祭ニ相当スルヲ以テ、本実録ノ完成ヲ更ニ促進セシメ(以下略)」「政治外交軍事等ノ事苟モ機密ニ亘ルモノハ之ヲ他日ノ大成ニ待ツノ止ムヲ得ザリシコトハ恐懼措ク能ハザル所ナリトス。」としており、一部の資料不足から全てを網羅しているわけではなく、大正天皇十年御式年祭に併せるため完成を急ぐなど、不十分さを訴えつつも消化不良のまま編集を終えている{{sfn|堀口修|2010b|pp=7-8}}。大正天皇実録は図書寮編集課の一部署で編纂されたため少人数体制で、それに加え資料収集の困難さに直面したのに対し、人員・予算・資料に恵まれ、臨時帝室編集局という独立した組織で作られた明治天皇紀とは対照的となっている{{sfn|堀口修|2010b|pp=8-11}}{{Refnest|group="注釈"|このことは当時から認識されており、渡部信図書頭が湯浅倉平宮内大臣に提出した1934年6月18日付けの人員増置の件に関する稟議書の前の段階で作成されたと考えられる文書(表題等全て無記入)には「明治天皇紀カ堂々タル官制ニ拠リ前後約二十年ノ歳月ヲ費ヤシタルニ比スルトキハ、本件編集事業カ組織ニ於テ遙カ貧弱過キルモノアルハ、本件事業ノ直接動機ヲ旧側近奉仕ノ御用掛任命ニ求メタルカ禍根ヲ為シタルモノニ有之。又編集物体裁ノ粗漏多キハ、大正天皇実録編集事業ノ挙カ明確ナル一般認識ヲ缺ケルコトニ相当原因スル所アルヲ痛感スル次第ニ御座候」とあり、明治天皇紀との比較は編纂時から意識されており、編纂事業の遅滞の原因については厳しい認識を示している{{sfn|堀口修|2010a|p=18}}。}}。
 
1936年12月22日に、完成した「大正天皇実録」本文85冊は「天皇皇族実録」の一部52冊と共に、渡部信図書頭から天皇(昭和天皇)、皇后(香淳皇后)の分が[[侍従長]]と[[皇后宮大夫]]へ提出され、皇太后(貞明皇后)の分が[[皇太后宮夫]]へ提出されている{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}{{Refnest|group="注釈"|大正天皇実録はタイプライターで5部作製され、それぞれ1部ずつ天皇、皇后、皇太后、宮内大臣、図書寮に提出されている{{sfn|堀口修|2010b|p=12}}。}}。天皇、皇后、皇太后へは翌12月23日に奉呈されている{{sfn|季武嘉也|2005|p=98}}{{sfn|宮内庁|2016|p=254}}。奉呈の際、式典が催された明治天皇紀と比べ、大正天皇実録では催されず側近に渡すのみで終わっている{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}。
 
1937年中に行うとしていた年表・索引・実録資料稿本については、渡部信図書頭から松平恒雄宮内大臣へ提出された報告書(1937年12月24日付け)の別紙「大正天皇実録編集事業終了報告」(1937年12月付け)によると、それぞれ、年表上下2冊515ページ、索引7冊825ページ、実録資料稿本218冊66,897ページとして1937年12月に完成し、同年12月27日に年表2冊、索引7冊が皇室に奉呈されている{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}{{sfn|宮内庁|2016|p=254}}。正誤表1冊も1937年に完成している{{R|宮内庁 大正天皇実録正誤表}}。実録資料稿本は当初の予定(前述の1934年11月の段階で見込んでいた、史料稿本計145冊約40,000枚のこと{{sfn|堀口修|2010b|p=1}})と比べ73冊25,897ページ増加したとしている{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}。編集事業の終了にあたっては「概ネ所期ノ成績ヲ収メ、茲ニ本事業ノ終了ヲ報告スルヲ得ルニ至リシコトハ洵ニ光栄トスル所」としており、一定の水準の内容に達したとの認識を示している{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}。その後、1938年1月7日に出された皇室令第一号によって1934年に出された皇室令第五号が廃止され、これをもって官制も廃止となり編集事業が終了した{{sfn|堀口修|2010b|p=9}}{{R|大正天皇実録 ゆまに書房}}{{sfn|宮内省図書寮・岩壁義光|2016|p=2}}。「他日ノ大成ニ待ツ」としていた政治外交軍事等に関する内容の編修については、その機会が来ることはなく今に至っている{{sfn|堀口修|2010b|p=12}}。
1,551

回編集