「天海」の版間の差分

サイズ変更なし 、 1 か月前
m
→‎天海の出自: replaced: 修理太夫 → 修理大夫
タグ: 2017年版ソースエディター
m (→‎天海の出自: replaced: 修理太夫 → 修理大夫)
 
== 生涯 ==
=== 天海の出自 ===
『東叡山開山慈眼大師縁起』に「陸奥国会津郡高田の郷にて給ひ。[[蘆名盛高|蘆名修理夫平盛高]]の一族」と記されていることから、[[三浦氏]]の一族である[[蘆名氏]]の出自で、[[陸奥国]]に生まれたとされる。しかし同縁起には「俗氏の事人のとひしかど、氏姓も行年わすれていさし知ず」とあり、天海は自らの出自を弟子たちに語らなかったとある。また、「将軍[[足利義澄|義澄]]の末の御子といへる人も侍り」と足利将軍[[落胤]]説も同時に載せられている。果ては姿を変えて生き残った[[明智光秀]]であるという説まである([[天海=明智光秀説]])<ref name="PHP">[http://shuchi.php.co.jp/article/1389 「江戸を大都市にした天海は、何を仕掛けたのか」宮元健次、PHPビジネスオンライン衆知、2013年3月28日]</ref>。
 
[[須藤光暉]]は、諸文献の比較検討により、蘆名氏の女婿である船木兵部少輔景光の息子であると結論づけている<ref name="sudo">須藤光暉『大僧正天海』冨山房、大正5年。{{要ページ番号|date=2019年3月}}</ref>。
1,551

回編集