「古生物」の版間の差分

m
Reverted edit of 58.188.94.139 (会話), changed back to last version by Ks
m (Reverted edit of 58.188.94.139 (会話), changed back to last version by Ks)
しかし、化石に残るのが、その生物のごく一部分であることはごく普通であるし、運良く全身が残っていたとしても、そこからすぐにその生物のことがわかるわけではない。多くの場合、できる限りの証拠を集めて、その生物の生きていたときの様子を考えようとしても、様々な仮定の上に立ったものしかできない。新たな証拠が発見されることで、それまでの復元像が完全に改められる場合も多い。
 
有名な例として、保存の良い化石が多いことで知られる[[バージェス動物群]]の[[ハルキゲニア]]がある。全身が残ってはいたものの、各部にさして特徴がなく、どちらが前か、どちら上かも判断がつけにくく、対になった棘を足のようにして立ち、背中から触手を伸ばす動物として復元されたが、中国から類似の動物が発見されたことから、触手と考えたものが足で、棘は背面から上に突き出したものという風に、すべてが逆になってしまった。
 
 
 
きじおhp;hjhjhh
 
 
 
ら触手を伸ばす動物として復元されたが、中国から類似の動物が発見されたことから、触手と考えたものが足で、棘は背面から上に突き出したものという風に、すべてが逆になってしまった。
 
また、断片のみが発見された例でも、やはりバージェス動物群の[[アノマロカリス]]は、顎はクラゲ、触手はエビ(これが元来のアノマロカリス)、胴体はナマコと考えられ、別々に記載されていたというのがある。
 
==関連項目==
 
[絶滅した動物一覧]]
*[[古生物学]]
*[[絶滅した植物一覧]]
*[[絶滅した動物一覧]]
*[
*[[生きている化石]]
 
17,406

回編集