「橋本次六」の版間の差分

m
訂正
(新しいページ: 「'''橋本 次六'''(はしもと じろく、1852年12月25日嘉永5年11月11日)<ref>衆議院『第二十五回帝国議会衆議院議員名簿』〈衆議院公報附録〉、1908年、19頁。</ref> - 1929年昭和4年)1月5日<ref name=議衆>『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』502頁。</ref>)は、日本の政治家衆議院議員(2期)。 == 経歴…」)
 
m (訂正)
[[石川県]]出身{{R|議衆}}。[[漢学]]を学ぶ。農業を営み、[[中島町中島|中島村]][[戸長]]、[[鹿島郡]]会議員、同参事会員、[[石川県議会|石川県会議員]]、中島村長、石川県勧業諮問会員、同県地方森林会議員、七尾貿易同盟会相談役、鹿島郡蚕業組合評議員となる{{R|議衆}}。また、蚕業の拡張、植林、開墾、銀行、土木等に係る会社を設立し、経営する{{R|議衆}}。
 
[[19021892年]]の[[第2回衆議院議員総選挙]]において石川3区から[[弥生倶楽部]]公認で立候補して当選した<ref>『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』8頁。</ref>。その後、時をおいて、[[1908年]]の[[第10回衆議院議員総選挙]]において石川県郡部から[[立憲政友会]]公認で立候補して当選する<ref>『衆議院名鑑 第1回・1890年~第34回・1976年総選挙』49頁。</ref>。衆議院議員を2期務め、[[1912年]]の[[第11回衆議院議員総選挙]]には出馬しなかった。1929年に死去した。
 
== 脚注 ==