「オオカワズスゲ」の版間の差分

 
 
== 分類 ==
この種はいわゆるマスクサ亜属のもので、小穂はすべてほぼ同型で柄がなく、穂状花序になる。さらに勝山(2015)は本種をオオカワズスゲ節 Sect. Vulpinae に置き、[[ミノボロスゲ]] ''C. albata'' や[[ミコシガヤ]] ''C. neurocarpa'' 等とまとめている。共通する特徴は匍匐枝を出さないでまとまった株を作ること、小穂は雄雌性で多数が互いに接近した穂を形成すること、果胞は側面に翼があるか鋭い稜となり、基部が海綿質に肥大すること、等がある<ref>勝山(2015),p.16-20</ref>。他方、星野他(2015)では本種のみをオオカワズスゲ節とし、勝山(2015)でここに含めた他の種はミノボロスゲ節 Sect. Ohleoideae に区別している。区別点としては本種の葉が軟質であり、それ以外の種が革質であることを挙げている。
 
上に上げたような近縁種との区別点としては茎や葉が軟質であること、苞が発達しないこと、果胞が褐色にならず、脈がほとんどないこと、果胞が大きくて4mm程あることなどが挙げられる<ref>勝山(2015),p.54</ref>。やや似たものにキビノミノボロスゲ ''C. paxii'' があるが、この種は花茎の稜が鈍く、ざらつかない。果胞には緑色の脈が多数ある。日本では岡山県南部からのみ知られる<ref>勝山(2015),p.59</ref>。またやはり本種に似たものでアメリカミコシガヤ ''C. annectenc''e など、[[帰化種]]がいくつか知られる。これらはやはりオオカワズスゲ節に含まれ、本種よりは苞が目立つ。他に節が異なるがヤガミスゲ ''C. maackii'' も本種に似ており、区別点としては花茎がより長く伸び、花期には倒れることが多いことや葉鞘に横じわがないことなどがある<ref>星野他(2002),p.60</ref>。より細部で、しかしより重要な点としてはこの種では小穂が雌雄性で、雄花が小穂の基部にある点で大きく異なる。が、一見では見分けられないほどに眼だたないのが残念である。