「デヒドロイソクマリン」の版間の差分

m
日本語版ヒドランゲノールの初版と、日本語版の現時刻のフィロズルチンの最新版を利用して加筆した。
(Dihydroisocoumarinの2020年4月14日01時59分の版を翻訳して作成。片仮名転記は「デヒドロ」やむなしか。しかし、この記事の主題のような場合は、単数形と複数形の区別が有る言語は便利。)
タグ: メディア追加
 
m (日本語版ヒドランゲノールの初版と、日本語版の現時刻のフィロズルチンの最新版を利用して加筆した。)
タグ: メディア除去
'''デヒドロイソクマリン'''(dihydroisocoumarin)は、単一の化合物ではなく、[[イソクマリン]]の3位の水素の1つが、[[フェニル基]]やフェニル基の誘導体に置換された、化合物群の総称である。このため、'''デヒドロイソクマリン類'''(英語:dihydroisocoumarins)と呼ばれる場合もある。
 
{{工事中|最長1時間}}
 
'''デヒドロイソクマリン'''(dihydroisocoumarin)は、単一の化合物ではなく、
[[イソクマリン]]の3位の水素の1つが、[[フェニル基]]やフェニル基の誘導体に置換された、化合物群の総称である。
このため、'''デヒドロイソクマリン類'''(英語:dihydroisocoumarins)と呼ばれる場合もある。
 
== 例 ==
[[File:Hydrangenol.svg|200px|thumb|right|ヒドランゲノールの構造。]]
 
デヒドロイソクマリン類は、天然に見い出される化合物群であり、例えば、デヒドロイソクマリン類にグルコースが結合した配糖体が、''[[Caryocar glabrum]]''などで検出された<ref>{{Cite journal
デヒドロイソクマリン類にグルコースが結合した配糖体が、''[[Caryocar glabrum]]''などで検出された<ref>{{Cite journal
| title = Dihydroisocoumarin glucosides from stem bark of ''Caryocar glabrum''
| first1 = Abdulmagid Alabdul | last1 = Magid
=== ヒドランゲノール ===
{{main|ヒドランゲノール}}
 
植物の[[アマチャ]](''Hydrangea macrophylla'' Seringe var. ''thunbergii'')には、ヒドランゲノールの8位に結合している水酸基に[[グルコース]]がエーテル結合した[[配糖体]]であるヒドランゲノール-8-O-グルコシドが含有されている<ref name="phyllodulcin_hydrangenol_and_their_8-''O''-glucosides">{{Cite journal
| title = Effects of phyllodulcin, hydrangenol, and their 8-''O''-glucosides, and thunberginols A and F from ''Hydrangea macrophylla'' Seringe var. ''thunbergii'' Makino on passive cutaneous anaphylaxis reaction in rats.
| first1 = Hisashi |last1=Matsuda
| first2 = Hiroshi |last2=Simoda
| first3 = Johji |last3=Yamahara
| first4 = Masayuki |last4=Yoshikawa
| journal = Biological & Pharmaceutical Bulletin |volume=22 |issue=8 |pages= 870-872 |year= 1999
| id = {{INIST|1959604}} |pmid=10480329
| doi = 10.1248/bpb.22.870 |doi-access=free
}}</ref>。
 
=== フィロズルチン ===
{{main|フィロズルチン}}
 
植物のアマチャには、フィロズルチンの8位に結合している水酸基にグルコースがエーテル結合した配糖体であるフィロズルチン-8-O-グルコシドも含有されている<ref name="phyllodulcin_hydrangenol_and_their_8-''O''-glucosides">{{Cite journal
| title = Effects of phyllodulcin, hydrangenol, and their 8-''O''-glucosides, and thunberginols A and F from ''Hydrangea macrophylla'' Seringe var. ''thunbergii'' Makino on passive cutaneous anaphylaxis reaction in rats.
| first1 = Hisashi |last1=Matsuda
| first2 = Hiroshi |last2=Simoda
| first3 = Johji |last3=Yamahara
| first4 = Masayuki |last4=Yoshikawa
| journal = Biological & Pharmaceutical Bulletin |volume=22 |issue=8 |pages= 870-872 |year= 1999
| id = {{INIST|1959604}} |pmid=10480329
| doi = 10.1248/bpb.22.870 |doi-access=free
}}</ref>。なお、配糖体の状態では甘味を感じられないものの、グルコースが外れると甘味を感ずる<ref>{{cite web
| title = アマチャ
| publisher = 東邦大学 薬用植物園
| url = http://opensource.toho-u.ac.jp/yakusou/mihon/amatya.html |format=html
| accessdate = 2012-05-27
}}</ref>。フィロズルチンは、飲料の[[甘茶]]の甘味成分の1つである<ref group="注釈">甘茶の他の甘味成分として{{仮リンク|イソフィロズルチン|en|isophyllodulcin}}が知られる。</ref>。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
<references group="注釈"/>
=== 出典 ===
<references/>
 
{{DEFAULTSORT:てひとろいそくまりん}}
 
[[Category:イソクマリン]]
 
[[en:Dihydroisocoumarin]]