「ルビーの指環」の版間の差分

タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
寺尾は所属していた[[石原プロモーション]]の社長・[[石原裕次郎]]や専務・[[小林正彦]]に聴いてもらうが、小林は「こんなお経みたいな曲が売れるわけがない」と否定する<ref name = "柏木純一">{{Cite book |1 = 和文書籍 |author = 柏木純一 |authorlink = 柏木純一 |title = 渡哲也 俺 |origdate = 1997-11 |publisher = [[毎日新聞社]] |isbn = 978-4620311982 }}</ref>。しかし、石原には「いいんじゃないの」と好感触をもらい、レコード化が決定した<ref name = "柏木純一"/>。
 
発売当初はさほど売れていなかったが、発売から約1か月程経った後から徐々に売上を伸ばしていき<ref name = "柏木純一"/>、同年[[3月30日]]付の[[オリコンチャート|オリコンシングルチャート]]で自身初の1位を獲得した。同時期に、[[TBSテレビ|TBS]]系の音楽番組『[[ザ・ベストテン]]』では、3月19日に9位に初登場。その後4位、2位と順位を上げ、4月9日に初の1位を記録その後6月25日まで12週連続1位という同番組の最長記録を樹立し、この記録は放送終了まで破られなかった。また、連続1位の最長記録が更新されるたびに、同番組からはプレゼントが贈られていた。このことは、同番組の総集編やスペシャル放送などで、話題の一つとして必ず触れられている。また、[[日本テレビ系]]『[[ザ・トップテン]]』では放送第1回の第1位かつ10週連続、通算12回1位という同番組の最長記録を樹立している。
 
本作のヒットにより、発売当初はヒットしていなかった3rd、4thシングルの「[[SHADOW CITY]]」「[[出航 SASURAI]]」も{{要出典範囲|date=2016年8月|相乗効果でヒットした。}}「SHADOW CITY」は、発売から約9か月後にオリコンシングルチャートで3位を記録(この時「ルビーの指環」が1位、「出航 SASURAI」が14位)。また、『ザ・ベストテン』では本作と「SHADOW CITY」「出航 SASURAI」の3曲が、同年5月21日と、6月11日の2度、同時トップ10以内にランクインした。
 
1981年12月時点でのシングルの公称売上枚数は160万枚<ref>『[[週刊朝日]]』1981年12月18日号、23頁。(「忘年会で恥をかかないための'81歌謡情報 『ギンギラギン』に『ひとり旅』熟年泣かせの『ルビーの指環』」22-25頁)</ref>。