「独立栄養生物」の版間の差分

m
編集の要約なし
(校正。)
m編集の要約なし
{{出典の明記|date=2018年12月23日 (日) 05:03 (UTC)}}
'''独立栄養生物'''(どくりつえいようせいぶつ、autotroph)は、炭素を含む[[無機化合物]]([[二酸化炭素]]、[[重炭酸塩]]など)だけを[[炭素]]源とし、無機化合物または[[光]]を[[エネルギー]]源として生育する生物をいう。無機化合物から炭素を取り込む過程は[[炭素固定]]と呼ばれ、現在6種類が知られている。[[食物連鎖]]では[[生産者]](特に一次生産者)に当たる。逆に、[[有機化合物]]から炭素を得る生物は[[従属栄養生物]](heterotroph)と呼ばれる。
 
独立栄養生物は、エネルギー源により2つに分けられる。
; 光合成独立栄養生物(photoautotroph)
: [[光]]のもつエネルギーを利用するグループ。[[植物]]や[[藍藻|シアノバクテリア]]などの多くの[[光合成]]生物をいう。[[カルビン回路]]による炭素固定が最もよく知られている
; 化学合成独立栄養生物(chemoautotroph)
: 無機化合物([[硫化水素]]、[[アンモニア]]、2価[[鉄]][[イオン]]など)を[[酸化]]してエネルギーを得るグループ。[[化学合成生物|化学合成細菌]]をいう。
424

回編集