「小西酒造」の版間の差分

(Wikinews)
タグ: 曖昧さ回避ページへのリンク
* 大吟醸部門 = 「超特撰白雪(ちょうとくせんしらゆき) 大吟醸富士山蔵(ふじやまぐら)」金メダル受賞
* 古酒部門 = 「超特撰白雪 江戸元禄の酒(復刻酒)原酒」 金メダル受賞
 
== 創業家 ==
小西家の当主は代々「新右衛門」を襲名。
*清酒業を本業としたのは新右衛門(宗吾)で、これを初代としている<ref name=konishi>[https://www.konishi.co.jp/html/fujiyama/konishibunko/budou/kendou/kikigaki_01.html 伊丹「修武館」二百年の歴史をいまだに維持する話]小西酒造</ref>。
*2代新右衛門(宗宅)<ref name=konishi/>
*4代新右衛門(霜巴) - 元禄10年(1697)伊丹郷町に「惣宿老制度」が設けられ、惣宿老の一人に任命され、帯刀を許される<ref name=konishi/>
*6代新右衛門(?) - 小西姓を名乗り始める<ref name=koto>[https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80%2810%E4%BB%A3%29-1075371 小西新右衛門(10代)(読み)こにし・しんえもん]コトバンク</ref>
*7代新右衛門(宗脩) - 天明6年(1786)に修武館を開く<ref name=konishi/>
*10代新右衛門(業広) - 1824年生1879没。領主近衛家の庇護のもとに町の総宿老として町政にも参与、維新後は新政府の会計基立金の調達に応じ、公職にも就いた<ref name=koto/>
*11代新右衛門(業茂) - 1851年生1906年没。幼名・新太郎のち茂太郎。[[日本貯金銀行]]頭取、[[真宗信徒生命保険]]社長、[[阪鶴鉄道]]役員、[[大日本武徳会]]評議員なども務めた。<ref>[https://kotobank.jp/word/%E5%B0%8F%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%8F%B3%E8%A1%9B%E9%96%80%2811%E4%BB%A3%29-1075372 小西新右衛門(11代)(読み)こにし しんえもん]コトバンク</ref><ref name=shashi>[https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=1110 小西酒造(株)『白雪の明治・大正・昭和前期 : 11考・業茂、12考・業精の時代』(1995.09)]渋沢社史データペース</ref>
*12代新右衛門(業精) - 1875年生1947年没。先代の長男。幼名・新太郎のち利右衛門。[[第二高等学校 (旧制)|二高]]、[[東京帝大]]法科大学政治科を卒業後、[[大蔵省]]理財局を経て家業を継ぎ、1933年に株式会社化する。破産した[[辰馬半右衛門]]の酒蔵を買収し本辰酒造を設立し社長就任。[[阪神土地信託]]社長、[[日本相互貯蓄銀行]]頭取、[[阪急]]系列宝塚植物園社長はじめ多くの企業の役員を務めた。妻の完子は子爵[[大河内正質]]の娘。子に静子(1919-1991)、文子(1925年生、[[広岡久右衛門 (10代目)]]長男正荘の妻)。弟壯二郞([[川辺馬車鉄道]]発起人)の岳父に外交官[[荒川巳次]]。<ref>[https://jahis.law.nagoya-u.ac.jp/who/docs/who8-8587 小西新右衛門]『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]</ref><ref name=shashi/><ref name=kumiai>[http://itamisake-kma.jp/konishi.html 小西酒造]伊丹酒造組合</ref>
*13代新右衛門(業雅) - 1916年生1954年没。先代の娘静子の入婿。旧名・渡辺正。[[京大]]経済学部卒。42歳で没したため、妻静子が社長となる<ref>[http://www.hhk.jp/shibu/170625kitahansin.pdf 「白雪」と長寿蔵]2017年6月25日、兵庫保険医新聞</ref><ref>[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2997934/215 小西新右衛門]『人事興信録. 第15版 上』</ref>
*14代新右衛門(業輝) - 1929年生2018年没。静子の入婿。旧名・輝也。[[同志社大学]]社会学科卒。<ref>『現代日本人名錄』日外アソシエーツ、1998年</ref><ref name=kumiai/>
*15代新右衛門(新太郎) - 1952年生。先代の長男。1991年より社長。伊丹商工会議所会頭も務める。<ref>[https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202010/0013751211.shtml 清酒「白雪」の小西酒造社長 15代当主「新右衛門」襲名]ひょうご経済プラス、2020.10.03</ref>
 
== 剣道・なぎなた ==
小西家が[[武道]]を尊ぶ家柄であることでも知られている。小西家は[[1786年]]([[天明]]6年)から伊丹に[[道場]]を開き、[[剣道]]や[[なぎなた]]を稽古していた。[[小西業茂]](11代目小西新右衛門)は[[明治維新]]後、道場を一般に公開して「修武館」と名付け、子弟の教育にあたった。
 
12代小西新右衛門夫人[[小西静子|静子]]とその次女[[河盛敬子|敬子]](1948-2002)が2代に渡り会長を務めた[[全日本なぎなた連盟]]の本部も長らく小西酒造本社内に置かれていたが、2013年(平成25年)の本社移転に伴い近隣の中央1丁目へ移転している。
 
== 硬式野球部 ==