「三沢糾」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎関連文献: +{{成城大学学長}}、重複する{{Succession box}}除去)
タグ: メディア追加
 
==人物と来歴==
[[宮崎県]][[児湯郡]]上江村の篤農家・三沢立身の二男として生まれ、[[第五高等学校 (旧制)]]法文科を経て[[東京帝国大学]]哲学科に学ぶ<ref>[http://history.lib.ntnu.edu.tw/taihoku/ja/category/mainjp/ 台北高等学校 歴代校長]国立台湾師範大学</ref>。
1906(明治40)年、[[クラーク大学]]{{要曖昧さ回避|date=2020年4月14日 (火) 13:09 (UTC)}}心理学科を卒業し、博士号を取得。博士論文『現代の教育者たちとその理念』は後に出版された。
 
[[1918年]]、新たに設立された[[大阪府立高津高等学校|大阪府立第十一中学校]](後に高津中学校に改称)の初代[[校長]]に就任。1923年、校長訓辞で「自由と創造」に言及。1924年に大阪府立中学として初めて女性教師3人を採用するなど、[[大正デモクラシー]]の気風の中で自由な校風を確立した。そのため、創立わずか数年で全国的に有名校化。多くの見学者が訪れ、「東の[[伊藤長七|伊藤]]([[東京都立小石川中等教育学校|東京府立第五中学校]])、西の三沢」と称され、自由主義教育の象徴とされた。後に[[日本放送協会|NHK]][[連続テレビ小説]]「[[はっさい先生]]」に登場する上本町中学校長のモデルとなった。
 
[[1925年]]、[[台北高等学校 (旧制)|台北高等学校]]2代目校長として台湾に赴任。生活指導を担当する「生徒監」を廃止し、学校紛争を防止。「自由の鐘」を米国の農場から移設した。
 
[[1929年]]、[[京都大学|京都帝国大学]]学生科長に就任。1931年、[[成城学園]]に転じ、教育顧問を経て[[成城高等学校 (旧制)|(旧制)成城高等学校]][[校長]]になったが、学園紛争のため3か月で辞任した。その後、[[神戸女学院]]の院長に誘われたが、受けなかった。
 
[[1942年]]、[[脳溢血]]のため64歳で死去。遺骨は菩提寺の芳心寺([[鳥取県]][[鳥取市]])に葬られた。
 
== 家族 ==
*父・三沢立身(1848年生) - [[鳥取藩]]士の子として生まれたが、父を早くに亡くし、34歳で気候温暖な[[宮崎県]][[児湯郡]]上江村へ移住して牧畜農業に従事。宮崎県の畜肉業や柑橘栽培など農事改革に貢献した。<ref name=tokuno>[https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/778253/233 宮崎県三沢立身君]『全国篤農家列伝』愛知県農会、明43.4</ref>
*兄・三沢武清 - 日興貿易役員<ref name=tokuno/>
*弟・[[広岡久右衛門 (10代目)]] - 父の六男・案山子として生まれ、[[加島屋 (豪商)]]の久右衛門家(広岡姓)の入り婿となり、正直と改名。[[同志社大学]]経済科卒業後[[三井銀行]]勤務を経て[[ハーバード大学]]留学、現地の銀行・保険会社で実務を経験後帰国し、広岡家の家業である[[大同生命]]、[[大阪海上火災]]、[[能勢電鉄]]などの重役となる。先代の家督を継ぎ、広岡久右衛門を襲名。
*長女・文 - [[鹿子木小五郎]]の甥・鹿子木文雄の妻。
 
== 著作 ==