「大河内信威」の版間の差分

編集の要約なし
m (外部リンクの修正 http:// -> https:// (oohara.mt.tama.hosei.ac.jp) (Botによる編集))
 
'''大河内 信威'''(おおこうち のぶたけ、[[1902年]][[7月24日]] - [[1990年]][[7月12日]])は、日本の[[美術史家]]、[[評論家]]、[[実業家]]、[[社団法人]]日本陶磁協会第5代理事長。元[[共産党]]員<ref name=sannohe/>。別名・小川信一。号は風船子。一時、磯野姓を名のる<ref name=tobun>[https://www.tobunken.go.jp/materials/bukko/10501.html 大河内信威]独立行政法人 国立文化財機構 東京文化財研究所、2019年06月06日</ref>
 
== 来歴・人物 ==
[[理化学研究所]]第3代所長・[[理研グループ|理研産業団]]創始者で[[貴族院 (日本)|貴族院]]議員を務めた子爵[[大河内正敏]]の長男。[[浦和高等学校 (旧制)|旧制浦和高校]]卒。十代後半から左翼運動に興味を持ち、高校在学中から[[東京帝国大学]]を中心とする学生運動組織「[[新人会]]」に参加。'''小川信一'''のペンネームで、左翼文化団体の指導者となり、『[[日本資本主義発達史講座]] 第2部 資本主義発達史』の「労働者の状態及び労働者運動史」などの著作を発表。戦時中は理研コンツェルンの企業の役員を務め、戦後は日本陶磁協会理事長などを歴任した
 
昭和初期に共産党再建事件で逮捕され、獄中で転向宣言して減刑されるも、華族社会に大きな衝撃を与え、大河内家から正式に[[相続廃除]]される<ref name=chida>『明治・大正・昭和華族事件録』千田稔、新潮社, 2005年、p463-</ref>。父親の正敏は貴族院議員など公職から退いた<ref name=kobe/>。
 
釈放後、戦前は[[大多喜天然瓦斯]]を経て、理研グループ各社の役員を務め、戦後は[[理研科学映画]]専務ののち、[[東邦物産]]嘱託となった<ref name=tobun/>。この間、陶磁史、茶道史の研究を深め、なかでも[[楽焼|楽茶碗]]に関しては父子代々のコレクターでもあり、執筆のほか、自ら作陶もした<ref name=tobun/>。
 
後に[[河原崎長十郎 (4代目)|河原崎長十郎]]と結婚する[[河原崎しづ江]]と結婚していた時期がある<ref>[http://bunbun.boo.jp/okera/v_araki/sei_ka/seika_bunken1.htm 「関 鑑子」伝 (青地 晨)]</ref>。しづ江との間に一児(信具)を儲けるも、信威が豊島刑務所に収監中に離婚
 
== 経歴 ==
*[[1921年]]、[[東京高等師範学校]]附属中学在学中、[[山川均]]の水曜会に入る<ref name=kobe>[http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=10070998&TYPE=HTML_FILE&POS=1 再生共産党事件の主なるシンパサイザー]時事新報 1931.5.21 (昭和6)</ref>。
*[[1927年]]、'''小川信一'''のペンネームで、[[関鑑子]]、[[村山知義]]、[[久板栄二郎]]、[[柳瀬正夢]]、[[青野季吉]]、[[林房雄]]、[[前田河広一郎]]、[[葉山嘉樹]]、[[佐野碩]]、[[千田是也]]、[[佐々木孝丸]]らの「[[前衛座|前衛劇場]]」に参加。
*[[1923年]]、[[浦和高等学校 (旧制)]]に入学。学生連合会を組織してリーダーとなり、[[同盟休校]]して一年後れて卒業、[[東京帝大]]経済科を志望するも左傾学生として入学を許されなかった<ref name=kobe/>。
*[[1928年]]、国際文化研究所の設立に参加。左翼国際文化情報誌「国際文化」<ref>[http://www.noracomi.co.jp/takahashi/soukangou/M-0023.jpg 1928年10月28日発行の創刊号 高橋新太郎文庫]</ref>を発行。
*[[1925年]]、小川信一の名でプロレタリヤ文芸家同盟に参加、活動資金として支援者から約1000円を集金し、自身も約200円を同盟に寄付した<ref name=kobe/>。
*[[1929年]]には[[三木清]]らとともに[[プロレタリア科学研究所]](のちに日本プロレタリア科学同盟)を結成。書記長。続いて、[[日本プロレタリア文化連盟]]の書記長となる。
*[[1927年]]、'''小川信一'''のペンネームで、[[関鑑子]]、[[村山知義]]、[[久板栄二郎]]、[[柳瀬正夢]]、[[青野季吉]]、[[林房雄]]、[[前田河広一郎]]、[[葉山嘉樹]]、[[佐野碩]]、[[千田是也]]、[[佐々木孝丸]]らの「[[前衛座|前衛劇場]]」に参加。[[前進座]]のスター女優[[山岸静江]]との間に長男・信具生まれる<ref name=kobe/>
*[[1932年]]3月に検挙後しばらくして、証券の運用、土地建物の賃貸事業を行う富国工業([[1936年]]10月設立)の役員となる。理研内に就職してくる元左翼の研究者を庇ったといわれる<ref>[https://oisr-org.ws.hosei.ac.jp/images/oz/contents/489-4.pdf 証言:日本の社会運動 産別民同がめざしたもの(1)――三戸信人氏に聞く]</ref>
*[[1928年]]、国際文化研究所の設立に参加。左翼国際文化情報誌「国際文化」<ref>[http://www.noracomi.co.jp/takahashi/soukangou/M-0023.jpg 1928年10月28日発行の創刊号 高橋新太郎文庫]</ref>を発行。[[全日本無産者芸術連盟]](通称ナップ)の書記となる<ref name=chida/>
*[[1929年]]には[[三木清]]らとともに[[プロレタリア科学研究所]](のちに日本プロレタリア科学同盟)を結成。書記長。続いて、[[日本プロレタリア文化連盟]](通称コップ)の書記長となる。
*[[1932年]]3月にコップの取締があり、他のメンバーらとともに検挙される。信威は第一審では懲役3年を言い渡されたが、不服で控訴する<ref name=chida/>。
*[[1934年]]、獄中にて転向声明を出したところ、11月21日の東京控訴院で、「犯罪事実を率直に認め、転向を誓った」として、原審の懲役3年より軽い懲役2年を求刑される<ref name=chida/>。
*[[1935年]]3月26日、理化学研究所の工学博士[[辻二郎]]の仲介で、銀座[[山野楽器]]の娘・文子と結婚する<ref name=chida/>。
*[[19321936年]]310に検挙後しばらくして、証券の運用、土地建物の賃貸事業を行う富国工業([[1936年]]10月設立され、その役員となる。理研内に就職してくる左翼の研究前歴者を庇ったといわれる<ref name=sannohe>[https://oisr-org.ws.hosei.ac.jp/images/oz/contents/489-4.pdf 証言:日本の社会運動 産別民同がめざしたもの(1)――三戸信人氏に聞く]</ref>
*戦後は、理研コンツェルンの解体の過程のなかで、[[理研科学映画|理研映画株式会社]]([[1946年]]設立)の専務や[[東邦物産]](1958年設立)嘱託を歴任。陶芸、茶道史については、本名の'''磯野信威'''または、'''磯野風船子'''、'''大河内風船子'''で著作がある。
*[[1982年]]には、「労働者の状態及び労働者運動史」の復刻版の発刊を許可した。