「松井友閑」の版間の差分

編集の要約なし
 
| 画像説明 =
| 時代 =[[安土桃山時代]]
| 生誕 =不詳
| 死没 =不詳
| 改名 =
| 別名 =
| 官位 =宮内卿法印(正四位下)
| 幕府 =室町幕府
| 主君 =[[足利義晴]]→[[足利義輝]]→[[織田信長]]
| 藩 =
| 氏族 =[[松井氏]]([[清和源氏]])
織田家では主に財務などを担当したが、外交能力にも長け、[[上杉謙信]]宛の信長書状に副状を発したり、[[三好康長]]の投降交渉([[高屋城の戦い]])、[[本願寺]]との和睦工作、謀反を起こした[[荒木村重]]や[[松永久秀]]の説得交渉、後期には[[伊達輝宗]]や[[大友義鎮|大友宗麟]]ら遠方の大名との外交交渉にも奔走している。[[本能寺の変]]当時は堺で茶会を催して[[徳川家康]]を歓待中であり、変を知ると上洛を目指したが、途中で断念し、堺の町衆に変の勃発と信長の死を報じた。変後は[[豊臣秀吉]]に接近し、堺の代官として以後も活躍する。
 
しかし、天正14年([[1586年]])に突然不正を理由に突然罷免され、その後の消息は不明。文禄2年([[1593年]])10月29日までの生存が資料上(『鹿苑日録』)では確認できる最後となる。
 
==人物==