「日本サッカーリーグ」の版間の差分

 
== 歴史 ==
[[サッカー日本代表|日本代表]]コーチを務めた[[デットマール・クラマー]]の残した「リーグ戦形式にしなければ日本の強化にはらない」との提言から、[[西村章一]]、[[重松良典]]を中心に設立委員会を作り<ref name=sponichi161017>[[スポーツニッポン]] 2016年10月17日22面『我が道 岡野俊一郎』より。</ref>、[[長沼健]]、[[岡野俊一郎]]、[[平木隆三]]が後に加わり<ref name=sponichi161017/>、同リーグが創設された<ref name="nikkan46"/><ref name="牛木37"/><ref name=sponichi161017/><ref>[http://blog.goo.ne.jp/s-ushiki/e/04c37677285299b8826ddb1ab47f88e1 日本サッカーリーグの創設(上)]、[http://blog.goo.ne.jp/s-ushiki/e/d92f8c45ed58251aa8b688e553e489a9 日本サッカーリーグの創設(下)]</ref><ref>[http://library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_id=788 オリンピック代表監督からワールドカップ招致まで 40年間を日本協会とともに 長沼健(下)]、[http://library.footballjapan.jp/user/scripts/user/story.php?story_id=277 多くの困難を乗越えて日本サッカーリーグ開幕|賀川サッカーライブラリー]、{{Cite web|publisher=ニッカンスポーツ|date=2008-02-19|url=http://blog.nikkansports.com/sports/legend/2008/02/post_30.html|title=変革へ劇薬 ルーツ監督|accessdate=2012-05-23}}</ref><ref name="本当に210">[[#本当に]]210-216頁</ref><ref>[[#証言者]]34-36頁</ref>。サッカー協会は大学サッカー部出身が多く「君たちだけで考えなさい」と丸投げしたという<ref name=sponichi161017/>。また、クラマーの提案は、ドイツの北部・南部・西部3リーグ制の地域リーグである[[レギオナルリーガ (ドイツサッカー)|レギオナルリーガ]]を想定していたが、[[新幹線]]と[[在来線]]を乗り継げば「全国リーグ」が出来ると反撥したのは長沼たちであったという<ref name="本当に210"/>。最初は社会人だけでなく大学チームにも門戸を開放しようとリーグ名に「[[実業団]]」を入れず、「日本サッカーリーグ」という名称になった<ref name="本当に210"/>。[[早稲田大学ア式蹴球部|早稲田大学]]われたが、大学リーグの日程との調整が難しいと参加を見送った<ref name="本当に210"/>。
 
社会人クラブの強豪・[[古河電気工業サッカー部|古河電工]]、[[三菱重工業サッカー部|三菱重工]]、[[日立製作所本社サッカー部|日立]]を中心とする8チームクラブが参加し、国内初のサッカー競技のリーグ戦が開催されることが決定した<ref name="牛木37"/><ref name="本当に210"/>。この3チームクラブは「[[丸の内御三家]]」と呼ばれ、リーグの運営や日本代表の強化方針に対して後々まで強い発言力を持つに至った。
 
第1回大会は[[1965年]][[6月6日]]に開幕し[[東洋工業サッカー部|東洋工業]]が初代王者に輝いた。最終節で優勝を決めた東洋工業監督の[[下村幸男]]が胴上げされたのは、[[広島大学附属中学校・高等学校|広島大学附属高校]]のグラウンドであった。
[[1960年代]]後半から[[1970年代]]前半にかけては、[[1968年メキシコシティーオリンピックのサッカー競技]]での銅メダル獲得もあり注目を集めた。その中でも[[釜本邦茂]]を擁する[[ヤンマーディーゼルサッカー部|ヤンマーディーゼル]]と、[[杉山隆一]]を擁する[[三菱重工業サッカー部|三菱重工]]は実力と人気を二分した。しかしその後の日本代表の成績不振もあり、1970年代中盤以降は観客動員の低迷が続き冬の時代と呼ばれた。
 
[[1980年代]]に入ると[[読売サッカークラブ|読売クラブ]]や[[日産自動車サッカー部|日産自動車]]といったプロ化を視野に入れたチームクラブが台頭し、1986年の[[スペシャル・ライセンス・プレーヤー]]制度の導入以降はこの2チームクラブがタイトルをほぼ独占した。この両者の対戦はサッカーファンの人気を集め、最後のシーズンとなった1991-92シーズンの第21節、1992年3月22日に[[国立霞ヶ丘競技場陸上競技場]]で行われた試合では6万人の観衆を集めた。
 
この背後ではプロ化へ向けての動きが着々と進み、1989年にプロリーグ検討委員会が発足。1991年11月に社団法人[[日本プロサッカーリーグ (法人)|日本プロサッカーリーグ]]が正式に発足すると1992年3月29日の最終節を持ってJSLは廃止され、[[日本プロサッカーリーグ]](Jリーグ)と下部組織の[[ジャパンフットボールリーグ]] (JFL) へ発展解消されることとなった。
 
== 概要 ==
日本サッカーのレベルの向上、特に試合機会の増大とパターン化により全体のレベルを上げて行くことが目的であった。アマチュア競技で全国レベルのリーグ戦を行ったのは日本ではサッカーが初めてである。
 
それ以前は年に幾度か数週間程度の間を取ってトーナメント方式の試合を行っていたが、週末を中心とした日程でリーグ戦を行うことによって試合の機会を増やし、なおかつ社業に対する影響を軽減しようとしたものである。このうち社業との両立は後にまったく考慮されないようになるが、このシステムは[[バレーボール]]、[[バスケットボール]]、[[ラグビー]]などでも全国リーグを立ち上げるといった影響を与えるようになった<ref name=sponichi161017/>。
 
=== 機構 ===
[[日本サッカー協会]] (JFA) と独立した、独自の事務局を持ち運営していた。当初は[[東京都]][[渋谷区]]の[[岸記念体育会館]]内にあるJFAのオフィススペースに間借りしていたが、後に同[[千代田区]]小川町に単独の事務所を確保できるようになった。
 
運営スタッフは事務員が数名程度で常任のスタッフも数名程度、ほかに各チームクラブから出される運営委員が社業のかたわらリーグの運営業務を行っていた。
 
現在のJリーグチェアマンにあたる役職としてJSL総務主事があった。ただし全チームクラブの運営委員の代表といった程度で、JFAへの出向という形をとっていた者もいれば、社業の傍らに総務主事に就いた者もいた。またJSL1部とJSL2部で別の総務主事がいた。JSL1部の歴代総務主事はすべて丸の内御三家の古河・三菱・日立から選ばれている。
 
=== 効果 ===
==== 施設面の充実 ====
地方のチームクラブを筆頭に、当初からある程度の練習施設を確保しているチームクラブは少なくなかった。特に工場内に練習場を確保していた東洋工業(マツダ)が1965年から68年にかけて4連覇を達成すると、他チームクラブもこれにならって練習施設の充実を図るようになった。首都圏では土地の確保などが難しかったものの、多くのチームクラブが自前の練習場やクラブハウス、夜間照明なども確保するようになった。Jリーグクラブの中にはこれらの施設を現在でも使用しているところがある。
 
==== 企業アマの確立 ====
このような体制を'''企業アマ'''といい、サッカーに関わらず日本のスポーツ界では広く見られた。旧共産圏や東欧で見られた「[[ステート・アマ]]」の企業版であるが、企業アマは日本独自のものである。
 
特に現役である限り、日本代表の選手は待遇がかなり良かったようである。社業をほとんどしなくても会社では大目に見られていたようで、現役を引退して社業に専念しなければならなくなった時にそのギャップに苦しんだ選手も多いようである。
 
==== アマチュアの形骸化 ====
さらに企業アマが進んで、試合の結果に対して選手に報酬を渡すチームクラブが出てきた。特に[[読売サッカークラブ|読売クラブ]]の選手は「社業」といえるものを持っておらず、彼らがサッカーを職業とし、その対価として給与をもらっているという事は公然の秘密であった。JFAではこれを追認する形で[[1985年]]から'''[[スペシャル・ライセンス・プレーヤー]]'''という、事実上プロ選手としての登録を認めた。「プロ」という呼称を使っていないのは、その方が[[日本体育協会]]としても認めやすいという[[日本テニス協会]]の先例があったためである(テニス協会ではこれ以前に選手のプロ登録を認めていた)。
 
これによって、当初JSLが目指した「アマチュアによるリーグ」は全く形骸化してしまった。
こうして選手の実質的な「プロ化」は進んだが、実力・運営ともにアマチュアレベルで、当時の[[ラグビー]]などと比べても人気も高いとはいえなかった。またいくつかの問題がアマチュアレベルでは解決できないとして、プロリーグへの待望論が生まれてくる。
 
プロリーグ構想は「読売」や「日産」「全日空」「ヤマハ」といった後発チームクラブの方が積極的であり、「古河」「三菱」「日立」といったチームクラブは消極的であった。しかし、後発チームクラブに「古河」「三菱」からのスタッフを加えたプロジェクトチームがプロリーグ構想を推し進め、[[1991年]]に[[日本プロサッカーリーグ]]の構想が発表され、[[1993年]]からJリーグが開幕した。Jリーグの発足を受け、1992年をもってJSLは終了した。
 
=== JSLでは解決されなかった問題 ===
* 観客動員
* 国内サッカーの知名度
* スタジアムの充実。特に関東のチームクラブが主催する試合では[[東京都]]の国営施設・[[国立霞ヶ丘競技場陸上競技場]]・[[国立西が丘サッカー場]]での開催が比較的多かった。また他の関東圏でも[[三ツ沢公園球技場]]など、充実した施設が整備されたのはごく限られていた。
* 日本サッカーのレベルアップ
* 地方チームクラブの充実
* 企業の業績に左右される体質
* 現役を引退した選手のその後の職の確保(コーチ業、解説者等)
JSLに参加したクラブを挙げる。途中で名称が変更になっているものはその旨を記す。(「株式会社」表記は省略)
 
=== 創設時の8クラブ(オリジナル8) ===
* [[古河電気工業サッカー部]](1991年から東日本JR古河サッカークラブ)<ref group="注">古河電工は、創設時の8クラブで唯一JSL2部への降格経験がない</ref>(のちの[[ジェフユナイテッド市原・千葉]])
* [[日立製作所本社サッカー部]](1971年から日立製作所サッカー部)(のちの[[柏レイソル]])
* [[富士通サッカー部]](のちの[[川崎フロンターレ]])
* [[読売サッカークラブ]](のちの[[東京ヴェルディ1969]])
* [[日産自動車サッカー部]](のちの横浜マリノス)([[横浜フリューゲルス]]と合併して1999年から[[横浜F・マリノス]])
* [[ヤマハ発動機サッカー部]](のちの[[ジュビロ磐田]])
* [[本田技研工業フットボールクラブ|本田技研工業サッカー部]]
|}
 
* 降格チームは次のシーズンからJSL2部(JSL2部設立以前は各地域リーグ)参加
* 昇格チームは次のシーズンからJSL1部参加
* 第1回から第8回までは下位2チームが全国社会人大会上位2チームと入れ替え戦を行なう
* 第9回はチーム数増加のため降格なし
* 第20回はチーム数増加のため降格なし
* 第21回以降は下位2チームが自動降格
* 第21回から従来の春秋シーズンから秋春シーズン移行
* 第22回から大会名称のシーズン表記を「開幕年-閉幕年」変更
 
=== クラブ別優勝回数 ===
|}
 
* 1972年のJSL2部スタート時の参加チームクラブは以下の10クラブ
** 読売サッカークラブ
** 富士通サッカー部
** 大日本電線サッカー部
** 電電近畿サッカー部
* 優勝クラブ、準優勝クラブの項に補足のあるのは次のシーズンからJSL1部参加
* 降格クラブは次のシーズンから[[地域リーグ (サッカー)|地域リーグ]]参加
* 昇格クラブは次のシーズンからJSL2部参加
* JSL1部からの降格チームはJSL1部リーグの表(上記)を参照
* 第6回までは全国社会人サッカー選手権大会上位2チームとJSL2部下位2チームで入れ替え戦を行なう
* 第7回から第12回までは全国地域リーグ決勝大会上位2チームとJSL2部下位2チームで入れ替え戦を行なう
* 第13回、第14回は全国地域リーグ決勝大会の決勝ラウンド進出4チームがJSL2部自動昇格
* 第15回からJSL1部同様の秋春シーズン移行
* 第15回以降は全国地域リーグ決勝大会上位2チームが自動昇格、JSL2部下位2チームが自動降格
* 第15回から再参加のコスモ大協はかつての大協石油。翌シーズンから社名変更によりコスモ石油改称
* 第16回から再参加のNTT関西はかつての電電近畿
* 第17回から大会名称のシーズン表記を、JSL1部同様「開幕年-閉幕年」変更
 
=== クラブ別優勝回数 ===
* 最優秀選手賞([[スポーツニッポン|スポーツニッポン新聞社]]提供)-第24回より
* 報知・年間優秀11人賞([[報知新聞社]]提供)-(ベスト11)第2回より
* クリーン&エキサイティング賞([[カルビー]]提供)-最優秀賞1名を含む優秀賞各チームクラブ1名(第25回より)
* 100(200)試合出場選手-100試合ごと(272試合出場の[[永井良和]]以下17名が200試合出場)
* 100(200)得点-100得点ごと(100得点以上の条件を満たしたのは[[釜本邦茂]]のみ、200得点表彰も受賞)
== キャンペーン・ポスター ==
日本リーグ20周年を記念して、それまでの感謝と新時代の到来をアピールするために[[博報堂]]が制作した。以後、その年のサッカーを象徴するまたはサッカー界へのメッセージが込められたポスターが発表された。
* 第20回(1984)「格闘技宣言。」(モデル:釜本邦茂)
* 第21回(1985)「見せてくれ、蹴闘。」(モデル:[[明石家さんま]])
* 第22回(1986/87)「サラリーマンサッカーの時代は終った。」(モデル:[[奥寺康彦]]=古河)
* 第23回(1987/88)「ことしは、牛若サッカーです。」(モデル:[[武田修宏]]=読売)
* 第24回(1988/89)「仏の顔も、二十三回までだ。」(モデル:釜本邦茂)
* 第25回(1989/90)「クリーン&エキサイティング」(モデル:なし=試合写真)
* 第26回(1990/91)「ペレストライカー」(モデル:デビッド・ロイド・オースチン、[[ミハイル・ゴルバチョフ|ミハエル・ゴルバチョフ]]のそっくりさん)
* 第27回(1991/91)「ガンバレ!!ペレストライカー」(モデル:アーチー・ケッセル、[[ジョージ・H・W・ブッシュ|ジョージ・ブッシュ]]のそっくりさん)
 
== 放送 ==
匿名利用者