「生チョコレート」の版間の差分

→‎ガナッシュ: アプランティは見習い料理人の意
(→‎日本における生チョコレート: 3次情報源である出典を配信元の出典に差し替え、一部脚注改良)
(→‎ガナッシュ: アプランティは見習い料理人の意)
 
'''ガナッシュ'''([[フランス語|仏]]:Ganache)とは、[[チョコレート]]の一種で、チョコレートを生クリーム<ref name="kotobank">{{kotobank|ガナッシュ|チョコレート・ココア辞典}}</ref><ref name="godiva">{{Cite web|url=http://www.godiva.co.jp/about/e_ganache.html|title=ショコラ百科事典 ガナッシュ ganache|publisher=[[Godiva]]|accessdate=2013-08-23}}</ref>や[[バター]]<ref>{{Cite book|last=Greenspan|first=Dorie|authorlink=|coauthors =|title=Baking from My Home to Yours|publisher=Houghton Mifflin|date=2006|location=Boston|pages=483-484|url=|doi=|id =|isbn=978-0-618-44336-9}}</ref>、[[牛乳]]<ref name="godiva" />などと混ぜ合わせ、用途に応じて硬さを調整したチョコレートクリームのこと。水分が多く、通常のチョコレート生地と比べ[[消費期限]]は短い。主に[[トリュフチョコレート]]の[[フィリング]]や生チョコレート、[[オペラ (菓子)|オペラ]]などの[[アイシング]]として使用する<ref name="kotobank" />。
 
「ガナッシュ」はフランス語で「[[顎]]」を意味するが、「間抜け」という意味もある。フランスで、チョコレートを調理していたある[[ブリード・ド・キュイジーヌ#の一覧|アプランティ]](見習い料理人)が誤って熱した生クリームを入れてしまい、親方のシェフが「ガナッシュ!」と怒鳴ったことに由来するという<ref>{{Cite book|last=[[ピエール・エルメ|Pierre Hermé]]|authorlink=|coauthors =|title=Le grand livre du chocolat : 380 recettes|publisher=Mondo|date=2007|location=Vevey|pages=289, 335|url=|doi=|id =|isbn=978-2-88900-003-6}}</ref>。
 
== 日本における生チョコレート ==