「経営者」の版間の差分

編集の要約なし
== 概説 ==
;日本の企業の場合
日本企業の場合、従来の(大手の株式会社の)経営統治機構は、株主総回の下に取締役会と監査役会をおく構成になっており、監査役会には監査役、取締役会には多段階の役位を置き、一般的にはそれらの人々を総称して経営者と呼んでいる<ref name="imano2001">
[[今野浩一郎]]「日本企業における経営者の構成とキャリア」学習院大学経済研究所年報 第15巻(2001年12月)</ref>。
 
役位の階層の設定のしかたは企業ごとに異なるが、取締役、常務、専務、(代表取締役)社長 などを置くのはかなり共通性がある<ref name="imano2001" />。一方、会長、副会長、副社長などの役位については設置しない企業もある<ref name="imano2001" />。
 
なお日本の企業の数は、[[上場企業]]に限っただけでも2018年時点で3759社におよび<ref>[https://www.shouken-toukei.jp/statistics/pdf/02_01.pdf]</ref>、非上場の[[中小企業]]なども含め法人全般となると'''264万'''社におよび(2015年の統計)<ref>https://shadan-houjin.jp/article/%E5%9B%BD%E5%86%85%E3%81%AE%E6%B3%95%E4%BA%BA%E6%95%B0%E3%80%81%E5%89%8D%E5%B9%B4%E3%82%88%E3%82%8A2%E4%B8%875000%E7%A4%BE%E5%A2%97%E3%81%88%E3%81%A6264%E4%B8%87%E7%A4%BE%E3%81%AB%E3%80%9C%E9%BB%92/</ref>、それらの法人にそれぞれ経営者がいる。