「小芝風花」の版間の差分

編集の要約なし
{{修正2|1|date=2021年9月}}
{{画像提供依頼|顔写真|date=2021年2月|cat=人物|small=|type=}}
{{ActorActress
| 備考 = '''みかん広報委員長'''(日本みかん農協)
}}
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
'''小芝 風花'''(こしば ふうか、[[1997年]]〈[[平成]]9年〉[[4月16日]] - )は、[[日本]]の[[俳優|女優]]。[[大阪府]][[堺市]][[堺区]]出身<ref>{{Cite web|title=『トクサツガガガ』で大ブレイク!実力派若手女優 小芝風花のオススメ映画・ドラマ6選|url=https://getnews.jp/archives/2180839|website=ガジェット通信 GetNews|accessdate=2021-05-06|language=ja}}</ref>。[[オスカープロモーション]]所属。
 
本名同じ。名前の由来については、[[松山千春]]の「[[大空と大地の中で]]」を聴いた母親が、「世間の冷たい風に吹かれても、小さくていいからしっかりと根を張って生きてほしい」と思いを込めて命名したという<ref>{{Cite web |url=https://www.premiumcyzo.com/modules/member/2014/02/post_4904/ |title=【小芝風花】松山千春さんの曲は、「風花」という名前の由来になった大切な曲 |publisher=サイゾー |accessdate=2019-05-01}}</ref>。
 
小学3年生から中学2年までの5年間、[[フィギュアスケート]]に打ち込んでいた。その前は[[体操競技|器械体操]]を2年間習っていたが、当時[[2006年トリノオリンピックのフィギュアスケート競技#女子シングル|トリノオリンピック]]に出場した[[荒川静香]]が金メダルを獲得したことが話題となった際、友達の母親に勧められたことをきっかけにのめり込む。<ref>{{Cite web|title=小芝風花:フィギュア選手時代の秘蔵映像も 芸能界入りは浅田真央がきっかけ 「徹子の部屋」出演|url=https://mantan-web.jp/article/20210121dog00m200017000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2021-01-21|language=ja-JP}}</ref><ref name="tfm20150603">{{Cite web|url=http://www.tfm.co.jp/lock/girls/index.php?catid=77&page=61|title=小芝風花のGIRLS LOCKS! フィギュアスケート|publisher=[[SCHOOL OF LOCK!]]|accessdate=2017-02-15}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.walkerplus.com/article/45069/|title=【連載「ポッター平井の激推しアイドル!」第55回】 ネクストブレイクが期待される大注目女優は大阪出身の16歳!「小芝風花」|publisher=NewsWalker|accessdate=2017-09-09}}</ref><ref name=":10" />。中学1年の2月には[[バッジテスト]]7級を取得し、[[野辺山合宿]]には3回参加<ref>{{Cite web|url=https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_id=178301|title=『*CMスタート*』小芝風花 公式ブログ|publisher=オスカープロモーション be amie|accessdate=2017-08-22}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://dogatch.jp/news/tbs/42637/ |title=小芝風花『下剋上受験』でマジメすぎる熱血教師役「クスッと笑って」 |publisher=[[テレビドガッチ]] |accessdate=2017-08-01}}</ref>。臨海フィギュアSCに所属し、初めに小関悦也、そして[[平池大人]]に師事し、練習の合間には[[友野一希]]や[[山本草太]]らリンクメイトのみんなで一緒に遊んでいたとのこと。跳躍の影響により両膝に[[オスグッド・シュラッター症候群]]を発症。医者には「手術をすれば傷が残るし、成長期が終わればよくなるんだよ」とアドバイスされたが「私はいま練習がしたいんです!」と両膝の手術を選択。2度の手術も乗り越えて3回転ジャンプも安定して跳べるようになり、[[2010年]]8月の第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会6級ジュニア選手権女子では8位に入賞。また[[アイスダンス]]では、[[2011年]]10月の第15回[[全日本フィギュアスケートノービス選手権]]大会で、この年から設けられたノービスダンスに渡邊純也とペアを組んで出場し優勝している<ref name=":10">{{Cite web|title=小芝風花、フィギュアスケーターとして辛かった手術とたくさんの楽しい思い出|url=https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2021/03/19/post_23/|website=web Sportiva|accessdate=2021-03-20|language=ja|publisher=[[集英社]]}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://newslounge.net/archives/116926|title=小芝風花 センバツ高校野球を全力応援!制服姿で「エヘヘ」とスマイル|publisher=News Lounge|accessdate=2017-09-09|archiveurl=https://web.archive.org/web/20200919174654/http://newslounge.net/archives/116926|archivedate=2020-05-19|deadlinkdate=2021-09-25}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.jsfresults.com/local/2010-2011/fs/26/01_ijs/index.htm|title=平成22年度 第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会|website=Japan Skating Federation Official Results & Data Site|publisher=[[日本スケート連盟]]|accessdate=2019-03-13}}</ref><ref name=":5">{{Cite web |url=https://jsfresults.com/National/2011-2012/fs_j/national_nv/index.htm |title=第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会|website=Japan Skating Federation Official Results & Data Site |publisher=[[日本スケート連盟]] |accessdate=2019-03-13}}</ref>。
[[フィギュアスケート]]には小学3年生から中学2年までの5年間、母親の全面的な支援のもと二人三脚で打ち込んでいた。中学1年の2月には[[バッジテスト]]7級を取得し、[[野辺山合宿]]には3回参加した経験がある<ref>{{Cite web|url=https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_id=178301|title=『*CMスタート*』小芝風花 公式ブログ|publisher=オスカープロモーション be amie|accessdate=2017-08-22}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://dogatch.jp/news/tbs/42637/ |title=小芝風花『下剋上受験』でマジメすぎる熱血教師役「クスッと笑って」 |publisher=[[テレビドガッチ]] |accessdate=2017-08-01}}</ref>。
憧れのフィギュアスケーターは?との問いには「[[鈴木明子]]さんが大好きです! 表現力とダイナミックさがあって。スピードに乗ったままジャンプするところがすごく好きでした。当時は私もそういったジャンプが跳べるように意識していました。それに、豊かな表現力! 本当に好きです。」と語る<ref>{{Cite web|title=小芝風花のフィギュアスケート愛。元選手として注目するポイントは?|url=https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2021/03/19/post_24/|website=web Sportiva|accessdate=2021-03-20|language=ja|publisher=集英社}}</ref>。
臨海フィギュアSCに所属し、初めに小関悦也、そして[[平池大人]]に師事し、練習の合間には[[友野一希]]や[[山本草太]]らリンクメイトのみんなで一緒に遊んでいたとのこと。跳躍の影響により両膝に[[オスグッド・シュラッター症候群]]を発症。医者には「手術をすれば傷が残るし、成長期が終わればよくなるんだよ」とアドバイスされたが「私はいま練習がしたいんです!」と両膝の手術を選択。2度の手術も乗り越えて3回転ジャンプも安定して跳べるようになり、[[2010年]]8月の第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会6級ジュニア選手権女子では8位に入賞。また[[アイスダンス]]では、[[2011年]]10月の第15回[[全日本フィギュアスケートノービス選手権]]大会で、この年から設けられたノービスダンスに渡邊純也とペアを組んで出場し優勝している<ref name=":10">{{Cite web|title=小芝風花、フィギュアスケーターとして辛かった手術とたくさんの楽しい思い出|url=https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/othersports/figure/2021/03/19/post_23/|website=web Sportiva|accessdate=2021-03-20|language=ja|publisher=[[集英社]]}}</ref><ref>{{Cite web|url=http://newslounge.net/archives/116926|title=小芝風花 センバツ高校野球を全力応援!制服姿で「エヘヘ」とスマイル|publisher=News Lounge|accessdate=2017-09-09|archiveurl=https://web.archive.org/web/20200919174654/http://newslounge.net/archives/116926|archivedate=2020-05-19|deadlinkdate=2021-09-25}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.jsfresults.com/local/2010-2011/fs/26/01_ijs/index.htm|title=平成22年度 第37回西日本中小学生フィギュアスケート競技会|website=Japan Skating Federation Official Results & Data Site|publisher=[[日本スケート連盟]]|accessdate=2019-03-13}}</ref><ref name=":5">{{Cite web |url=https://jsfresults.com/National/2011-2012/fs_j/national_nv/index.htm |title=第15回全日本フィギュアスケートノービス選手権大会|website=Japan Skating Federation Official Results & Data Site |publisher=[[日本スケート連盟]] |accessdate=2019-03-13}}</ref>。
 
その前は[[体操競技|器械体操]]を2年間習っていたが、当時[[2006年トリノオリンピックのフィギュアスケート競技#女子シングル|トリノオリンピック]]に出場した[[荒川静香]]が金メダルを獲得したことが話題となり、周りの友達の母親に「風花ちゃんはスケートに向いてそうじゃない?」と勧められ「じゃあやってみよう!」と遊びに行くと非常に楽しかったことから強く興味を抱き「体操よりもスケートを習いたい」と母に頼み込んだ。「最初に習った先生がすごく優しかったので、『先生と滑るのが楽しい』という感覚が強かったかもしれない」とのことで、成功した時の喜びが大きくやった分だけついてくるフィギュアスケートにのめり込み、毎日スケートリンクに上がり、時には1日7時間も練習することも。星がまだ出ている時間に家を出て、[[大阪府立臨海スポーツセンター]]で練習をしてそのまま学校に行き、放課後もまた練習に通うという日々を5年間ずっとしていて、当時は友達とも全く遊んでいなかったという<ref>{{Cite web|title=小芝風花:フィギュア選手時代の秘蔵映像も 芸能界入りは浅田真央がきっかけ 「徹子の部屋」出演|url=https://mantan-web.jp/article/20210121dog00m200017000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2021-01-21|language=ja-JP}}</ref><ref name="tfm20150603">{{Cite web |url=http://www.tfm.co.jp/lock/girls/index.php?catid=77&page=61 |title=小芝風花のGIRLS LOCKS! フィギュアスケート |publisher=[[SCHOOL OF LOCK!]] |accessdate=2017-02-15}}</ref><ref>{{Cite web |url=https://www.walkerplus.com/article/45069/ |title=【連載「ポッター平井の激推しアイドル!」第55回】 ネクストブレイクが期待される大注目女優は大阪出身の16歳!「小芝風花」 |publisher=NewsWalker |accessdate=2017-09-09}}</ref><ref name=":10" />。
この頃、母親が練習の送り迎えの車内でかけていた影響で、松山千春や[[甲斐バンド]]、[[長渕剛]]などの音楽を好んでよく聞いた<ref>{{Cite web|title=次は小芝風花の「順番」、朝ドラから5年“勝負の年”に|url=https://www.news-postseven.com/archives/20190405_1345761.html|website=NEWSポストセブン|accessdate=2020-09-14|language=ja|publisher=|author=[[山田美保子]]}}</ref>。
また、スケートがうまくいかずにへこんだ時は「大空と大地の中で」を聞いて、「こんなにすごい曲の名前なんだから、こんなことでへこたれてたらアカン」と思い、頑張る勇気をもらっていたという<ref>{{Cite web |url=http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2017/01/post-3110.html |title=若手女優・小芝風花、名前に込められた思い |publisher=[[J-WAVE]] |accessdate=2017-02-20}}</ref>。<!-- このような経歴に関わる要素が比較的薄いエピソードは後でまとめられてはいかがでしょうか? -->
 
そんな競技生活の拠点であった臨海スポーツセンターを、2008年に大阪府知事に就任した[[橋下徹]]が大阪府の行財政改革の一環で廃止する方針を打ち出したが、[[髙橋大輔 (フィギュアスケート選手)|髙橋大輔]]たちの存続運動が実り練習の場を維持できたといい、当時11歳だった小芝はそんな髙橋と「2回写真を撮って頂いたこともあって」と、後日テレビ番組『[[衝撃のアノ人に会ってみた!]]』で再会した際にスケート場での思い出を打ち明け、共通の知人の話題で盛り上がったという。その際、リンクで演技する小芝のビデオ映像が紹介されたが、三回転ジャンプに成功するシーンもあり、「かなりの実力ですよ」と髙橋も絶賛していたとのこと<ref>{{Cite web |url=https://news.merumo.ne.jp/article/genre/8536298 |title=男子フィギュア・高橋大輔、過去に”朝ドラ女優”の人生を変えていた!? |publisher=GMO AD MARKETING |accessdate=2020-02-27}}</ref><ref name=":4">{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/03/kiji/20190403s00041000383000c.html|website=www.sponichi.co.jp|accessdate=2020-10-30|title=フィギュア高橋大輔が朝ドラ女優の人生変えた! 初対面で「頭が上がらない」と感謝するワケとは…|publisher=}}</ref>。
また、小芝が『きものクイーンコンテスト2014』のスペシャルサポーターを務めた際、フィギュア経験に因んで[[2014年ソチオリンピック|ソチ五輪]]で金メダルを獲得した[[羽生結弦]]選手についてコメントを求められると「朝ニュースで見ましたが、すっごい感動しました!同じ日本人の選手が世界で活躍されてうれしいと思った」「体が硬いので、男性は[[ビールマンスピン]]をできないのですが、羽生選手がやっていて驚いた! ジャンプが美しかった!」と活躍に大喜びし、女子フィギュアについては、「[[浅田真央]]さんや[[鈴木明子]]さんも大好き。表現力やスピード感、迫力があるので頑張ってほしい」と期待を寄せ「女優になっていなかったら(フィギュアの)先生になりたかった」と笑みを浮かべたとのこと<ref>{{Cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20140215dog00m200050000c.html|title=小芝風花:羽生選手の金に大興奮「すっごい感動」|publisher=MANTANWEB|accessdate=2017-09-15}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花、羽生選手に感激「ジャンプが美しい」|url=https://www.oricon.co.jp/news/2034058/full/|website=ORICON NEWS|accessdate=2020-10-01}}</ref>。
大学まで現役の選手として頑張り、その後[[アイスショー]]で仕事をし、最終的には子供達にスケートを教える[[インストラクター]]として働くという人生設計を描いていた小芝だが、芸能界に入ったことで、スケート人生を終えることになる<ref>{{Cite web |url=http://www.joqr.co.jp/mai/2017/07/ |title=大島麻衣ハイブリッド・トーク #92 07/08オンエア |publisher=[[文化放送]] |accessdate=2017-08-01}}</ref>。
 
=== 悩んだ末に両立を断念 ===
朝から晩までスケートに打ち込み、テレビも観なかったので、芸能界に興味が無かったという小芝だが、芸能界入りのきっかけもスケートありきだったという<ref>{{Cite journal|和書|author=|year=2021|title=この人に訊く!|journal=ROCKIN'ON JAPAN|issue=4月号|page=306|publisher=[[ロッキング・オン]]}}</ref>。
それは、あるとき[[浅田真央]]がスケートを滑っているCMを見て「私もこんなCMに出たいなー」と口にしたのを聞いた姉が、オーディション雑誌を買ってきて『[[イオングループ|イオン]]×[[オスカープロモーション]] ガールズオーディション2011』に応募したことから<ref>{{Cite web |url=http://audition-debut.com/debut/pickup/detail/fuka_koshiba.html |title=【注目の新人】小芝風花インタビュー |publisher=Audition & Debut |accessdate=2017-02-21}}</ref><ref>{{Cite journal |和書 |author= |title= |year= |publisher=[[オリコン・エンタテインメント]] |journal=月刊[[De☆View]] |issue=5月号 |number= |page=30}}</ref>。応募書類に規定に合わない競技会用の小さな証明写真を貼り付けて軽い気持ちで応募したが、[[2011年]]11月の全国大会では、得意の[[トウループジャンプ|トリプルトゥループ]]さながらフィギアの振り付けを模したダンスで高い評価を集めグランプリに選ばれる<ref>{{Cite web |url=http://news.mynavi.jp/news/2011/11/14/019/index.html |title=武井咲の"妹"は14歳のフィギュアスケーター小芝風花さん |publisher=[[マイナビ]] |accessdate=2013-01-03}}</ref>。
オーディション翌月には早々に大阪から上京し、オスカー若手が集まり[[明治記念館]]で開催される晴れ着撮影会に初参加。翌春にはイオンのCMへの出演、15歳で女優デビュー。慌ただしい芸能界入りから、初めはスケートしながら出来るかな?」と両立の可能性も考えたのだが、フィギュアは週6回の練習が欠かせないものであり、オーディションも全国3万5390人の中から選んでもらったものでもあり、どちらも甘いものではないので悩んだ末にスケートを辞める事にしたという<ref>{{Cite web|title=“武井咲の妹” 小芝風花 オスカー先輩女優とともに晴れ着姿を披露|url=https://nikkan-spa.jp/107141|website=日刊SPA!|accessdate=2020-09-17|language=ja|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.news24.jp/articles/2012/04/13/08288625.html |title=古谷一行「すっかり元気に戻りました」 |publisher=日テレNEWS24 |accessdate=2017-09-25}}</ref><ref>{{Cite web|url= https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_id=137290 |title= はじめまして♪|小芝風花 公式ブログ |accessdate= 2020-04-01 }}</ref><ref name="tfm20150603" /><ref>{{Cite web |url=http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2003687/full/ |title=武井咲の妹キャラに14歳の小芝風花さん「笑顔受け継ぎたい」 |publisher=eltha |accessdate=2017-09-26}}</ref>。
まさか受かることはないだろうと、応募書類に規定に合わない競技会用の小さな証明写真を貼り付けて軽い気持ちで応募したが、[[2011年]]11月の全国大会では、得意の[[トウループジャンプ|トリプルトゥループ]]さながらフィギアの振り付けを模したダンスで高い評価を集めグランプリに選ばれる<ref>{{Cite web |url=http://news.mynavi.jp/news/2011/11/14/019/index.html |title=武井咲の"妹"は14歳のフィギュアスケーター小芝風花さん |publisher=[[マイナビ]] |accessdate=2013-01-03}}</ref>。
オーディション翌月には早々に大阪から上京し、オスカー若手が集まり[[明治記念館]]で開催される晴れ着撮影会に初参加。翌春にはイオンのCMへの出演、15歳で女優デビュー。慌ただしい芸能界入りから、初めは「スケートしながら出来るかな?」と両立の可能性も考えたのだが、フィギュアは週6回の練習が欠かせないものであり、オーディションも全国3万5390人の中から選んでもらったものでもあり、どちらも甘いものではないので悩んだ末にスケートを辞める事にしたという<ref>{{Cite web|title=“武井咲の妹” 小芝風花 オスカー先輩女優とともに晴れ着姿を披露|url=https://nikkan-spa.jp/107141|website=日刊SPA!|accessdate=2020-09-17|language=ja|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.news24.jp/articles/2012/04/13/08288625.html |title=古谷一行「すっかり元気に戻りました」 |publisher=日テレNEWS24 |accessdate=2017-09-25}}</ref><ref>{{Cite web|url= https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_id=137290 |title= はじめまして♪|小芝風花 公式ブログ |accessdate= 2020-04-01 }}</ref><ref name="tfm20150603" /><ref>{{Cite web |url=http://beauty.oricon.co.jp/trend-culture/trend/news/2003687/full/ |title=武井咲の妹キャラに14歳の小芝風花さん「笑顔受け継ぎたい」 |publisher=eltha |accessdate=2017-09-26}}</ref>。
 
しかし、そのフィギュアで磨いた身体能力や度胸によって、テストは芸能界10m高さ活動吊る生かされても屈託なく無邪気な会話ができたとうことから、る。映画『[[魔女の宅急便#実写映画|魔女の宅急便]]』のオーディションでは、テストで10mの高さに吊るされても屈託なく無邪気な会話ができたということから、500人を超える中から抜擢される。そして「キキは野生児っぽい女子にしたい」という際、監督の意向で、幼稚園以来ずっとロングで通してきた黒髪も、フィギュア時代の華やかさとともに断ち切り作品に挑み、[[ブルーリボン賞 (映画)#第57回(2014年度)|第57回ブルーリボン賞]]新人賞を受賞<ref>{{Cite web|url=https://moviewalker.jp/news/article/44781/|title=清水崇監督、無謀と承知で『魔女の宅急便』にトライ!「なぜ、監督が俺?」|publisher=ムービーウォーカー|accessdate=2017-06-30}}</ref><ref name=":1">{{Cite web |url=https://www.cinematoday.jp/news/N0053463 |title=実写版『魔女の宅急便』キキのビジュアル公開! |publisher=シネマトゥデイ |accessdate=2017-09-29}}</ref>。時、17歳後も小芝インタビューで身体能力と度胸は、「小さな頃からフィギュアスケートをテーマとていのでドラマ負けず嫌い舞台などす。例えるなもさ“内心メラメラ”タイプ(笑)。」「私はおばあちゃんなるまで女優でいたいと思っているので、まわりに流披露されることなく、与えられた役を一生懸命演じていきたいと思っています。」と語ったという<ref>{{Cite web|title=小芝風花インタビュー『新たな刺激を受けたい17歳』|url=https://www.oricon.co.jp/special/47704/|website=ORICON NEWS|accessdate=2020-09-14}}</ref>
その後も小芝の身体能力と度胸は、スケートをテーマとしたドラマ、舞台などでもさらに披露されることとなる(「[[#映画初出演&主演作で新人賞]]」参照)。
 
年末の晴れ着撮影会には毎年参加するのが恒例で、2018年からは出席回数も最多に<ref>{{Cite web|title=小芝風花:初の振り袖で「本当にうれしい!」と笑顔 新年晴れ着インタビュー|url=https://mantan-web.jp/article/20120106dog00m200012000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=【2013 輝く女】武井咲“妹”の小芝風花、演技のレッスンが一番好き♪|url=https://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130110/enn1301100709001-n1.htm|website=ZAKZAK|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:初主演映画「魔女の宅急便」公開控え“飛躍したい” 新年晴れ着インタビュー|url=https://mantan-web.jp/article/20131229dog00m200175000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:「魔女宅」で話題の女優は「自分らしく元気に!」 新年晴れ着インタビュー|url=https://mantan-web.jp/article/20141230dog00m200011000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:朝ドラ・長女役に「全力でぶつかる」 新年晴れ着インタビュー|url=https://mantan-web.jp/article/20151229dog00m200050000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:今年20歳 誕生日は「母とお酒」 晴れ着インタビュー|url=https://mantan-web.jp/article/20170104dog00m200024000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:“魔女宅”キキももう20歳 大人の自覚はまだ? お酒の失敗談も|url=https://mantan-web.jp/article/20180104dog00m200001000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:特撮にはまる 主演ドラマ「トクサツガガガ」で特撮オタク役|url=https://mantan-web.jp/article/20181227dog00m200054000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:2020年は仕事もプライベートも「楽」な1年に 映画や猟奇的な役にも意欲|url=https://mainichikirei.jp/article/20191228dog00m100006000c.html|website=毎日キレイ|accessdate=2020-09-26|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花:年女の今年は「牛みたいにゆっくりでも、自分のペースで」 レトロ可愛い晴れ着姿で抱負|url=https://mainichikirei.jp/article/20201230dog00m100012000c.html|website=毎日キレイ|accessdate=2021-01-01|language=ja-JP}}</ref>。
ドラマ2作目の出演も『[[大岡越前 (2013年のテレビドラマ)|大岡越前]]』第3話メインゲストの町娘・おとみ役。さらに『[[大江戸捜査網#新春ワイド時代劇『大江戸捜査網2015〜隠密同心、悪を斬る!』|大江戸捜査網2015]]』では[[徳川将軍家御台所|御台所]][[広大院|・近衛寔子]]役 、『[[水戸黄門 (第39-43部)#水戸黄門 スペシャル(2015年)|水戸黄門 スペシャル]]』では漁師の娘・お花役、『[[伝七捕物帳#テレビドラマ(中村梅雀版)|伝七捕物帳]]2』の小夏役ではレギュラー出演、[[そろばん侍 風の市兵衛|『そろばん侍 風の市兵衛]]』では第2部ヒロインのお絹役など[[時代劇]]への出演も多い<ref name=":6">{{Cite web|title=『*初!時代劇♪*』小芝風花 公式ブログ|オスカープロモーション be amie|url=https://beamie.jp/?m=user&a=blog&k=detail&target_c_diary_id=185724|website=be amie|オスカープロモーション公式SNS|accessdate=2020-09-16|language=ja}}</ref>。
また、ドラマ『[[あさが来た]]』では、誰よりも早くドレスを着たという母・あさに対して何かと反抗し、ずっと和装で通すヒロインの娘・千代役で出演。「今世紀最高のラブストーリー」とも評されるドラマで、小芝も[[船場 (大阪市)|船場]]の商家生まれの“いとはん”らしい愛の形を初々しく好演したとのこと<ref>{{Cite web|title=小芝風花『あさが来た』千代のここに注目して! {{!}} 女性自身|url=https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/1612584/|website=WEB女性自身|accessdate=2020-09-17|language=ja}}</ref><ref>{{Cite web|title=『あさが来た』 「今世紀最高のラブストーリー」との評|url=https://www.news-postseven.com/archives/20160327_397485.html|website=NEWSポストセブン|accessdate=2020-09-18|language=ja|publisher=|author=[[木村隆志]]}}</ref>。
そしてここでの好演がのちのドラマ初主演へとつながり、小芝の女優としての活躍の幅が広がることとなる(「[[#転機となったヒロインの娘役]]」参照)
 
[[変顔]]をいとわず役になりきる根っから女優で、[[シリアス]]から[[喜劇|コメディ]]まで作風や役柄的にも幅広く多彩な感情を演じ分ける小芝だが、作家で芸能評論家の宝泉薫は、「彼女は体操やフィギュアをしていたおかげで、体幹の強さを褒められるそうですが、役者としての軸もしっかりと安定している気がします。そのあたりが憑依という形ではなく、役と自分との距離をうまく取りながら演じ分けられることにつながっているのでしょう。ある意味、こうした人の方が、真の演技派なのかもしれません。」と評してる<ref name=":3" /><ref>{{Cite web|title=小芝風花:コメディーからシリアスまで多彩な感情演じ分け 「トクサツガガガ」迫真演技も話題…|url=https://mantan-web.jp/article/20190224dog00m200037000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-09-18|language=ja-JP}}</ref><ref name=":2" />。
20歳の誕生日を跨いで放送されたサスペンスコメディドラマ『[[マッサージ探偵ジョー]]』では、[[ツインテール]]のキュートな役どころで「ワトソン役」を自称し、コミュ障な主人公を引っ張ってグイグイ前に出る活躍ぶりで、深夜枠にかかわらず視聴率が好調でコスパがいいと評された作品を盛り上げることに<ref name=":0" /><ref>{{Cite web|url=https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/204894|title=貴族vsマッサージ 探偵ドラマ対決は嵐・相葉を中丸が圧倒|publisher=日刊ゲンダイDIGITAL|accessdate=2020-04-26}}</ref>。
その後も主演作やヒロイン作が相次ぎ、変幻自在な演技が好評を得る中で、『[[トクサツガガガ#テレビドラマ|トクサツガガガ]]』『[[妖怪シェアハウス]]』は連続ドラマ主演作が2作連続で、[[ギャラクシー賞]](月間賞)を受賞という快挙を達成。演技だけでなく作品自体も高く評価され、まさしく“主演する作品を見逃したくない女優”といえる存在となっているとのこと<ref>{{Cite web|title=小芝風花、デリケートな役柄に初挑戦 テレ朝土曜ナイトで再び連ドラ主演決定<モコミ~彼女ちょっとヘンだけど~>|url=https://mdpr.jp/news/detail/2311373|website=モデルプレス|accessdate=2020-11-22|language=ja|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|title=トクサツガガガ:ギャラクシー賞月間賞受賞 「遊び心あふれる上質なエンタメ」と高評価|url=https://mantan-web.jp/article/20190422dog00m200037000c.html|website=MANTANWEB(まんたんウェブ)|accessdate=2020-10-20|language=ja-JP}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/20/kiji/20201020s00041000488000c.html|website=スポニチ Sponichi Annex 芸能|accessdate=2020-10-20|title=小芝風花 主演ドラマギャラクシー賞月間賞に歓喜、可愛すぎる“鬼コスプレ”に反響|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|title=小芝風花、黒い涙を流すオフショットに反響「鬼の目にも涙が」|url=https://www.crank-in.net/news/82191/1|website=クランクイン!|accessdate=2020-10-21|language=ja|publisher=}}</ref>(「[[#真面目を個性にコメディでも開花]]」参照)
 
2019年にはNHKで4本のドラマに出演、その他にも教養番組への出演、ドキュメンタリーやシリーズ物の紀行番組のナレーション、夏休みや正月特番などにも起用されるようになり、自身も「今、私の3分の2はNHKさんでできていると言っても過言ではないぐらい、お世話になっていて」と笑いその縁を喜んだという<ref>{{Cite web|title=小芝風花:コメディーからシリアスまで“振り切った”2019年 女子アナ役も好評で“実力派”仲間入りへ|url=https://mantan-web.jp/article/20191208dog00m200016000c.html|website=MANTANWEB|accessdate=2020-09-16|language=ja-JP|publisher=}}</ref><ref>{{Cite web|url=https://mantan-web.jp/article/20190116dog00m200049000c.html|title=小芝風花:連ドラ初主演の喜びと不安 「トクサツガガガ」撮影エピソード語る|publisher=[[MANTANWEB]]|accessdate=2020-01-17}}</ref>。
*[[消えた天才]]「五輪金メダリスト&W杯日本代表が勝てなかった天才SP」(2018年11月4日、[[TBSテレビ|TBS]])
*[[ダウンタウンなう]]「本音でハシゴ酒」(2018年12月14日、フジテレビ)<ref>{{Cite web|title=薬丸裕英がアイドル時代の裏話を暴露! 小芝風花は浜田雅功に人生初ビンタ|url=https://thetv.jp/news/detail/172751/|website=ザテレビジョン|accessdate=2020-10-30|language=ja|publisher=}}</ref>
*[[衝撃のアノ人に会ってみた!]](2019年4月3日、日本テレビ) - シークレットゲスト<ref name=":4">{{Cite web|url=https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/04/03/kiji/20190403s00041000383000c.html|website=www.sponichi.co.jp|accessdate=2020-10-30|title=フィギュア高橋大輔が朝ドラ女優の人生変えた! 初対面で「頭が上がらない」と感謝するワケとは…|publisher=}}</ref>
*[[踊る!さんま御殿]](2020年4月21日、日本テレビ)
* [[徹子の部屋]](2021年1月22日、テレビ朝日)<ref>{{Cite web|title=小芝風花、手作り衣装で母と歩んだフィギュア選手時代。浅田真央に憧れ芸能界へ|url=https://post.tv-asahi.co.jp/post-141393/|website=post.tv-asahi.co.jp|accessdate=2021-03-04|language=ja}}</ref>
336

回編集