「大沢基寿」の版間の差分

m (カテゴリ追加)
== 万石事件 ==
{{Main|堀江藩}}
[[慶応]]4年1月22日([[1867年]])、新政府に服属し、同年2月7日([[1867年]])には東征軍に資金を献上している。同年8月、新政府に対して[[石高]]直しを申請し、実高が1万6石となったという虚偽の報告をした。これによって基寿は同年9月18日、諸侯(大名)に列して[[堀江藩]]が立藩する。[[明治]]元年([[1867年]])12月17日、[[遠江国]]内の領地の返上と[[美濃国]]内に替地の支給を上申する。[[明治]]2年6月17日([[1869年]][[明治7月25日]]2年)7)、[[華族]]制度が創設されると華族に列し、同25日([[8月2日]])、[[版籍奉還]]によりを行い[[知藩事|藩知事]]に任じられる。[[1871年]]([[明治]]4年)3月20日、家禄の半分を開拓費にあてることを上申し、同年5月29日に許可されている。同年7月、[[廃藩置県]]により免職となる。
 
同年11月に至り、石高直しに関する虚偽の報告が露見すると、基寿は[[士族]]に落とされた上で[[禁錮]]1年の刑を受けた。1899年([[明治]]32年)、史談会のインタビューに応じており、この頃までは生存を確認できる。