「ピメントチーズ」の版間の差分

出典追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集 改良版モバイル編集
(出典追加)
 
ピメントチーズ・サンドイッチはプロゴルフの[[マスターズ・トーナメント]]で伝統的な名物料理とされる<ref name="RealClearLife 2018">{{cite web|url=http://www.realclearlife.com/food-drink/the-rich-creamy-and-slightly-spicy-history-of-the-masters-pimento-cheese-sandwich/|accessdate=2018-11-05|title=Rich, Creamy and Piquant History of The Masters' Pimento Cheese Sandwich|date=2018-04|publisher=RealClearLife}}</ref>。マスターズの会場[[オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ]]に食品を納入していたニック・ランゴスが1950年代に作ったレシピは40年以上にわたってファンに愛された<ref>{{cite web|url=https://www.aikenstandard.com/news/rangos-former-maker-of-augusta-national-s-pimento-cheese-dead/article_6e0e0214-e547-56f3-8820-dbc6526277ed.html|accessdate=2018-11-05|title=Rangos, former maker of Augusta National’s pimento cheese, dead at 86|publisher=aikenstandard.com|date=2016-10-21}}</ref>。1998年にランゴスに替わってオーガスタと契約した業者は研究の末にレシピを再現した<ref name="RealClearLife 2018"/>。しかし、2013年に業者が再び入れ替わるとピメントチーズ・サンドイッチの味が著しく変わってしまい、小さい論争が引き起こされた<ref name="espn">{{cite news|title=A sandwich stumper at the Masters|newspaper=ESPN.com|date=April 11, 2013|last=Thompson|first=Wright|url=http://espn.go.com/golf/masters13/story/_/id/9159515/golf-sandwich-stumper-masters|accessdate=April 13, 2013}}</ref>。
 
日本においては[[雪印乳業|雪印]]が黎明期の昭和4年に瓶入りスプレッドタイプのピメントチーズを発売しているが、技術的問題により1年で販売停止した<ref>{{cite web|url=https://shashi.shibusawa.or.jp/details_nenpyo.php?sid=1525&query=&class=&d=all&page=2|title=雪印乳業(株)『雪印乳業沿革史』(1985.04)|work=渋沢社史データベース|accessdate=2021-10-01}}</ref><ref>{{cite web|url=https://www.meg-snow.com/cheeseclub/magazine/article/2012_development.html|publisher=雪印メグミルク|accessdate=2021-10-01|title=日本における明治以降のチーズの発展(前編)}}</ref>。その後ピメント入りプロセスチーズも発売したことがある。
 
<gallery caption="" widths="220px" heights="150px">