「織田信孝」の版間の差分

天正2年([[1574年]])から天正3年([[1575年]])にかけて、伊勢[[長島一向一揆]]平定戦、[[越前]]一向一揆平定戦に参加する。天正5年([[1577年]])の[[紀伊]]雑賀攻め、天正6年([[1578年]])には[[荒木村重]]討伐戦にも出陣している。
 
天正10年([[1582年]])に[[四国征伐]]の総司令官に任ぜられ、[[織田氏]]の宿老・[[丹羽長秀]]や従兄弟の[[津田信澄]]らを付された。なお、四国征伐にあたって、信孝は[[三好康長]]の養子になることが決定された。それにともなって、神戸具盛は再度神戸氏の当主扱いを受けることになったようである
 
=== 最期 ===
匿名利用者