「總持寺祖院」の版間の差分

(→‎外部リンク: +{{Normdaten}})
タグ: メディア追加 メディア除去
 
[[1911年]](明治44年)[[11月5日]]、横浜[[鶴見区 (横浜市)|鶴見]]への移転遷祖の儀式が行われ、以降能登の總持寺は「總持寺祖院」と呼ばれるようになった。
 
[[2007年]]([[平成]]19年)3月に[[能登半島地震]]が発生伽藍が傾くなど境内の建物30棟すべてが被害を受けた<ref>「被災僧堂、復興へ一歩 総持寺祖院が上棟 輪島/石川県」、[[朝日新聞]]2008年7月21日付朝刊(石川全県版)、25頁</ref>。その後は修復工事が進められ、開創700年目の[[2021年]]([[令和]]3年)4月影響[[落慶]]法要あっ営まれた<ref>{{Cite news|url = https://www.chunichihokkoku.co.jp/hokurikuarticles/toku-/hknotoeq/list/200903/CK2009031302000246.html377626 |title =輪島市「完全復興」 能登半島地災被害の僧堂復元14年 奉納揮毫で宣言 門前・総持寺祖院の修復完了 開単式で僧侶ら座禅|publisher newspaper=[[北國新聞]]デジタル 中日|publisher=北國新聞|date = 20092021-0304-1306 |accessdate = 20202021-0510-03}}</ref>。修復工事が進められて開創700[[2008の2021]](平成203)3月に落慶を行う予定仏殿・法堂などが国の[[登録有形文化財]]となっている<ref>[{{Cite web |url=https://www.hokkokucity.cowajima.ishikawa.jp/subpagedocs/H201811161012014052100012/file_contents/R030331.htmpdf |title=輪島市文化財一覧表(R030331時点) |publisher=輪島市 |format=PDF |page=07 北國新聞(2018年11月16日)]{{リンク切れ|date=2020年5月2021-03-31 |accessdate=2021-10-03}}</ref>。
 
== 伽藍 ==