「ティム・アンダーソン (野球)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
== 経歴 ==
=== ホワイトソックス時代 ===
{{by|2013年}}の[[2013年のMLBドラフト|MLBドラフト]]1巡目(全体17位)で[[シカゴ・ホワイトソックス]]から指名され、プロ入り。この年は傘下のA級{{仮リンク|カナポリス・インティミデイターズ|en|Kannapolis Intimidators}}でに所属し、68試合に出場して打率.277、1本塁打、21打点、24盗塁を記録した。
 
{{by|2018年}}8月23日の[[ミネソタ・ツインズ]]戦で自身初の[[サヨナラゲーム|サヨナラ]]安打を記録した<ref>{{Cite web|url=https://www.mlb.com/news/white-sox-tim-anderson-hits-first-walk-off-hit-c250282780|title=Anderson's walk-off a sign of things to come|work=MLB.com|language=en|date=2017-08-23|accessdate=2021-01-10}}</ref>。この年は153試合の出場で打率.240・20本塁打・64打点・26盗塁(リーグ7位)などを記録した。守備では2年連続リーグ1位の20失策を記録した。
 
{{by|2019年}}4月17日の[[カンザスシティ・ロイヤルズ]]戦で、4回に2点本塁打を打った際に3塁側ベンチに向かって挑発的にバットを放り投げた({{仮リンク|バットフリップ|en|Bat flip}})ことにロイヤルズの[[ブラッド・ケラー]]が激怒、6回の次打席で[[死球|報復死球]]を投じたことから小競り合いとなり両チームから選手が出て[[乱闘]]寸前の状態になった。結果ケラーと共に退場処分を受けた。なおアンダーソンは{{by|2018年}}のロイヤルズ戦でも小競り合いを起こしている<ref>[https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201904180000333.html Wソックス戦で乱闘寸前の騒動、発端はバット投げ]日刊スポーツ 2019年4月18日(2019年4月19日閲覧)</ref>。19日にMLBより1試合の[[出場停止]]処分を受けた<ref>[https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201904200000139.html ロイヤルズ・ケラー、Wソックス監督に出場停止処分]日刊スポーツ 2019年4月20日(2019年4月20日閲覧)</ref>。4月は、26日の[[デトロイト・タイガース]]戦で自身初のサヨナラ本塁打を記録<ref>{{Cite web|url=https://www.mlb.com/news/tim-anderson-hits-first-career-walk-off-home-run|title=Anderson on flip: 'I knew I had to do it'|work=MLB.com|language=en|date=2019-04-27|accessdate=2021-01-10}}</ref>するなど、打率.381・6本塁打・17打点・9盗塁などの好成績で[[プレイヤー・オブ・ザ・マンス|月間MVP]]を初受賞した。6月25日の[[ボストン・レッドソックス]]戦の守備でゴロを捕球する際に右[[足首]]を捻挫し、その後1ヶ月(26試合)欠場した<ref>{{Cite web|url=https://www.mlb.com/news/tim-anderson-exits-right-leg-ankle-injury|title=Anderson sprains ankle in loss; X-rays negative|work=MLB.com|language=en|date=2019-06-26|accessdate=2021-01-10}}</ref>。この年は123試合の出場で打率.335・18本塁打・56打点・17盗塁などを記録し、[[首位打者 (MLB)|首位打者]]のタイトルを獲得した。守備では3年連続リーグ1位の26失策を記録した。
 
{{by|2020年}}は[[2019年コロナウイルス感染症によるスポーツへの影響#野球|COVID-19の影響]]で60試合の短縮シーズンとなる中、8月1日に右[[股関節]]の張りで[[故障者リスト]]に登録された<ref>{{Cite web|url=https://chicago.suntimes.com/white-sox/2020/8/1/21351007/white-sox-shortstop-tim-anderson-goes-on-injured-list-with-groin-strain|title=White Sox shortstop Tim Anderson goes on injured list with groin strain|publisher=[[シカゴ・サンタイムズ]]|date=2020-08-01|accessdate=2021-01-10}}</ref>。この年は49試合に出場し、打率は.322で[[DJ・ルメイユ]]に次ぐ2位、10本塁打・21打点・5盗塁などを記録した。自身初出場の[[メジャーリーグベースボールのポストシーズン|ポストシーズン]]では[[オークランド・アスレチックス]]との{{仮リンク|2020年のアメリカンリーグワイルドカードシリーズ|en|2020 American League Wild Card Series|label=ワイルドカードシリーズ}}で3試合連続3安打という史上2人目の記録を残した<ref name="PS3H">{{Cite web|url=https://www.cbssports.com/mlb/news/mlb-playoffs-athletics-oust-white-sox-in-drama-filled-game-3-snap-postseason-series-losing-streak/|title=MLB playoffs: Athletics oust White Sox in drama-filled Game 3, snap postseason series losing streak|language=en|work=[[CBSスポーツ]]|date=2020-10-01|accessdate=2021-01-10}}</ref>が、チームは敗退した。オフには[[シルバースラッガー賞]]を初受賞し、[[最優秀選手賞 (MLB)|MVP]]投票では7位だった<ref>{{Cite web|url=https://www.baseball-reference.com/awards/awards_2020.shtml#all_AL_MVP_voting|title=2020 Awards Voting|work=Baseball-Reference.com|accessdate=2021-01-10}}</ref>。
* 2021年度シーズン終了時
* 各年度の'''太字'''はリーグ最高
 
=== 年度別打撃成績所属リーグ内順位 ===
{| class="wikitable" style="text-align:center; font-size: small;"
|-style="line-height:1.25em;"
!年<br /><br />度!![[年齢|年<br /><br />齢]]!!リ<br />|<br />グ!!打<br /><br />率!!安<br /><br />打!!二<br />塁<br />打!!三<br />塁<br />打!!本<br />塁<br />打!!打<br /><br />点!!盗<br /><br />塁
|-
|style="text-align:center;"|2016||23
|style="text-align:center; white-space:nowrap;" rowspan="6"|[[アメリカンリーグ|ア・リーグ]]
| - || - || - || - || - || - || -
|-
|style="text-align:center;"|2017||24
| - || - || - || - || - || - || -
|-
|style="text-align:center;"|2018||25
| - || - || - || - || - || - ||7位
|-
|style="text-align:center;"|2019||26
|style="background:gold;"|1位|| - || - || - || - || - || -
|-
|style="text-align:center;"|2020||27
|style="background:silver;"|2位||4位|| - || - || - || - || -
|-
|style="text-align:center;"|2021||28
|4位|| - || - || - || - || - || -
|}
* -は10位未満(打率は規定打席未到達の場合も-と表記)
 
=== 年度別守備成績 ===