「いとこ煮」の版間の差分

編集の要約なし
タグ: メディア追加
| reference =
}}
'''いとこ煮'''(いとこに)は、日本各地に伝わる[[郷土料理]]で、[[アズキ|小豆]]などを煮た[[煮物料理]]で、各伝わる[[郷土より材、調]]の一つ。[[山形県]][[庄内地方]]のもの、[[北陸地方]]([[新潟県]]・[[富山県]]・[[石川県]])のもの、[[奈良県]]のもの、および[[山口県]][[萩市]]周辺法等伝わ差異があものが知られ。また類似した料理とし、'''とこ汁'''や'''いとこねり'''などがある。
 
== 名前の由来 ==
材料を煮えにくいものから追々入れていくことから、「おいおい」を「[[甥]]甥」すなわち[[いとこ]]にかけたものが語源の一つとされている{{sfn|中村幸平|2004|p=66}}。
由来については複数の説が存在している。材料を煮えにくいものから追々入れていくことから、「おいおい」を「[[甥]]甥」すなわち[[いとこ]]にかけたものが語源の一つとされている{{sfn|中村幸平|2004|p=66}}{{sfn|小学館国語辞典編集部|2000}}。また、材料がすべて野菜であることからいとこになぞらえたという説{{sfn|小学館国語辞典編集部|2000}}、同じ大豆から作られる小豆と味噌を材料として用いることから、兄弟ほどではないがいとこ程度の類似した材料を煮た料理であるという説、江戸時代に[[毛利氏|毛利公]]が催す宴席に必ずこの煮物を振る舞ったことから没後、御遺徳を称える「いとく煮」転じて「いとこ煮」となったとする説などがある{{sfn|山口県女子短期大学食物科}}。
 
== 山形各地のいとこ煮 ==
{{節スタブ}}
=== 山形県 ===
小豆のみを軟らかくなるまで煮た後、一晩水に浸しておいた[[もち米]]をアズキの上部に加え、ひたひたの水加減で一緒に約30分間煮てからしばらく冷まし、砂糖と少量の塩を入れて混ぜ合わせ、再度弱火で水分を飛ばして仕上げた料理<ref group="WEB">{{Cite news|url=http://yamagata-np.jp/feature/mikaku/kj_20100928.php|title=県内 ご当地味覚 いとこ煮|newspaper=山形新聞|date=2010-09-28|accessdate=2018-02-22}}</ref>。鍋で煮る替わりに[[炊飯器]]を用いて炊く調理法もある<ref group="WEB">{{PDFlink|[http://gt-yamagata.com/recipe/pdf/27_itokoni.pdf 郷土料理レシピ・いとこ煮]}} - 山形県グリーンツーリズム推進協議会</ref>。
 
秋から冬にかけての農家のもてなし料理とされており、独特の食感を持つ。
 
=== 北陸のいとこ煮 ===
[[根菜]]類([[ダイコン]]、[[ニンジン]]、[[サトイモ]]、[[ゴボウ]])と[[コンニャク]]・[[油揚げ]]などを煮たものに、あらかじめ下ゆでした小豆を加えて、[[味噌]]や[[醤油]]などで味付けしたもの。暖かいものを食す。
 
[[浄土真宗]]の開祖で北陸に縁のある[[親鸞]]の命日である[[11月27日]]の前7日間に[[報恩講]]が営まれるが、その際の料理として必ず饗されるという。[[精進料理]]の一つといえる。
 
=== 奈良のいとこ煮京都府 ===
{{節スタブ}}
京都府内では[[長岡京市]]浄土谷、[[京都市]][[北区 (京都市)|北区]]、[[京丹後市]]旧[[峰山町]]、[[与謝郡]][[伊根町]]で食べる風習がある。
 
=== 奈良県 ===
小豆と[[カボチャ]]を炊いて[[醤油]]で味をつけたもの{{sfn|冨岡典子|2005|}}。[[宇陀郡]][[御杖村]]では煮たものをすりつぶし、[[甘味]]をつけて「いとこねり」にする<ref group="WEB">奈良の食文化研究会 [http://nara-shokubunka.jp/yamato/15-12.html 「カボチャのいとこねり」]『出会い 大和の味』 [[奈良新聞社]]、2007年7月1日、ISBN 978-4-88856-065-8。</ref>。
 
[[冬至]]に食べると[[風邪]]をひかない、[[中風]]にならないなどの[[ご利益]]があると言われ、[[神棚]]と[[仏壇]]に供えてから食べる。
 
=== 萩のいとこ煮山口県 ===
萩のいとこ煮は上記とはかなり趣の異なる料理で、ゆでこぼした小豆を、少量の砂糖と醤油を加えた[[昆布]]・[[シイタケ]]の[[出汁]]で一煮立ちさせ味を調えたもの。煮上がったものを冷まし、[[かまぼこ]]・[[白玉|白玉だんご]]・出汁を取ったシイタケを加えて食す<ref group="WEB">{{PDFlink|[http://www.yamaguchi-bussan.jp/recipi/04.9hagi1.pdf いとこ煮 (萩を味わう)]}} - 一般社団法人山口県物産協会</ref>。
 
主に[[冠婚葬祭]]の際の料理として饗される{{sfn|聞き書山口の食事 「日本の食生活全集山口」編集委員会|1989|p=304}}。一見すると「かまぼこやシイタケの入った[[ぜんざい]]」のような感じであるが甘みは少なく、[[デザート]]ではなくあくまでも[[会席料理]]の一品である。
 
== 脚注 ==
* {{Cite book|和書|author=冨岡典子|title=大和の食文化|publisher=[[奈良新聞社]]|year=2005|date=2005-09-25|isbn=4-88856-054-4|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|author=中村幸平|title=新版 日本料理語源集|publisher=旭屋出版|year=2004|isbn=4751104233|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=小学館国語辞典編集部|title=日本国語大辞典 第2版 第1巻 あ-いろこ|publisher=小学館|year=2000|isbn=4-09-521001-X|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=聞き書山口の食事 「日本の食生活全集山口」編集委員会|title=日本の食生活全集 35 山口の食事|publisher=農山漁村文化協会|year=1989|isbn=4-540-89001-8|ref=harv}}
* {{Cite book|和書|editor=山口女子短期大学食物科|title=山口県郷土料理|publisher=山口女子短期大学食物科|ref=harv}}
 
== 関連項目 ==