「人文科学」の版間の差分

m
編集の要約なし
編集の要約なし
タグ: 2017年版ソースエディター
m編集の要約なし
{{出典の明記|date=2011年11月}}
'''人文科学'''(じんぶんかがく、{{Lang-en|humanities}})あるいは'''人文学'''(じんぶんがく、中国語:'''人文学科''')とは、[[学問]]の[[分類]]の一つで、文系理系の分論の考えが存在する日本では[[文系と理系|文系]]に分類される。[[自然科学]]が[[自然]]を対象とする学問なのに対して、人文科学は[[人間]]・[[wikt:人為|人為]]の所産を[[研究]]の対象とする学問であり、またそれを可能にする[[本性|人間本性]]を研究する学問である。これは学問を人文科学と自然科学に二分する分類法で、この場合、[[社会科学]]は人文科学に含まれ、人文科学も'''人文社会科学'''といわれることがある。一方、[[社会]]を人間と対比された形で一個の研究対象と見るとき、学問は人文科学・社会科学・自然科学に三区分される。高い就職率を誇る自然科学系学部と異なり、学問分野と就職内容の一致が高い先進国では、人文科学・社会科学系の学部は就職率が悪く、急激な志望・専攻学生の減少が続いており、一部有名大学でも閉鎖や縮小が進んでいる<ref>『クーリエジャポン』2013年11月号p43「ハーバードの学生たちに広がる急激な文系離れの波紋」
 
「アメリカのハーバード大学で人文科学専攻の学生が急激に減っている。また、クーリエ・ジャポンの調査でどの学科専攻ならば大学4年間の学費と卒業後のリターンが得られるのか15位まで調査した。その1位が医学部卒業、2位がコンピュータシステム工学部卒、3位が薬学部卒。15位までをリストアップしたが、文系科学・社会科学系は13位の経済学のみである。この順位外の就職には役に立たないという枠外扱いがリベラルアーツ(学)だった。例えばアメリカのスタンフォード大学では、人文科学系の教員は全体の45%いるが、学生はわずか15%にまで下がっている。同国のハーバード大学でも1954年の36%から、2012年には20%まで人文科学系の学生割合が落ち込んだ。2010年には全米で人文科学系を卒業した人はわずか7%で、1966年から半減している。また、アメリカでは大学を卒業した学生の失業率は人文科学系の学生は自然科学系の2倍だった。志願者数の減少傾向から人文科学系学部の閉鎖や縮小が進んでいる。」</ref>。